« 職権濫用Interenational fairの巻 | トップページ | 『言葉と、文字と』 »

2004.12.02

  自分への投資

 サンフランシスコって日系多いけど、
こっちに来てる日本人って
自分が日本人である事を否定しているかの様な人と、
逆に自分の中にある日本性を強く意識してしまう人がいるようですけれど、
僕は、どちらかと言うと後者に属している様です。

で、後者に属する僕が異国から日本を眺めた時、
今の日本人とその価値観には強く憂いを感じてしまうんですよね。

アメリカって何が正しくて何が正しくないのかを、
『金・力・数』で決めちゃうなんていう、
みもふたも無いような価値観で動いてるトコあるんだけれど、
それに反して日本は、
そんな俗な物よりも、
精神性の美しさを尊しとする部分があったと思うけど(あったよね?)、
いつの間にか日本も
すごく短絡的で品の無い価値観が主流になってきてるように見えちゃうんだけど、
でも、それってちょっとおかしいんじゃないのかな?

そりゃあ、「将来の為に何かをガマンするなんてバカみたい。」とか、
「俺がイイんだから、他人がどう言おうと(どうなろうと)カンケー無いね」
って基準で行動するのって確かにラクチンだし気持ちもいいんだろうけれど、
でもそれらを通して、未来に役立つ知識や経験を得る事って無いよね?

若い内はいいかもしれないけれど、
技術も知識も無いままに歳をとった時、
技術も知識も無い人にも出来る仕事って誰かにこき使われる仕事だし、
おまけにそれは、少ないお金しかもらえないよ。

確かに今の日本は未来に希望を抱きにくくはあるけれど、
だからといって自分の可能性まで閉ざしちゃう事は無いんじゃないのかな?

自分を磨くっていうのは結構面白味もあると思うし、
仮にそれが身を結ばなかったとしても、
自分が自分にした事なら自分で納得が出来るよね?
だったら自分の時間と、お金と、ほんの少しの努力を、
自分の未来の為に使ってみない?
それが将来生み出す可能性を秘めてるのは、
未来の自分自身の稼ぎの能力や、
刹那で得られる肉感的なそれよりも
もっともっと大きくて深くて持続性のある、精神的充足感。

それに、何か高い目標に向かって脇目も振らずにそれに打ち込んでる姿って、
人間として素敵だし、格好もイイよね♪

そこに価値を見出す事が出来るなら、
目先の快楽を少しだけ我慢して、
自分の知識とスキルに磨きを掛けてみよう!!
そうやって磨き上げた知識とスキルを使う場所が、
生まれた街じゃなきゃいけないなんて決まりはないんだから。

あなたが身に付けたそれ、
あるいはあなた自身が最も輝ける生き方、最も輝ける場所。
それがあなたの生き方だし、そこがあなたの生き場所だよ。

San Francisco にて From T.S.mizzie

ブログランキングです。クリックしてね。

Banner2_8

|

« 職権濫用Interenational fairの巻 | トップページ | 『言葉と、文字と』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/2132068

この記事へのトラックバック一覧です:   自分への投資:

« 職権濫用Interenational fairの巻 | トップページ | 『言葉と、文字と』 »