«   自分への投資 | トップページ | ― 地球環境保護? ― »

2004.12.18

『言葉と、文字と』

以前、村上春樹氏がエッセイの中で、
「私も原稿はワープロ書きだが・・・
この先日本語の文体は変わって行くだろう」
的な事を語ってましたけど、
タマにネットで女子高生の運営してるサイトとかを見てると、
それを強く感じます。

例えて上げるとすれば、もう古くなりつつあるけど、
『南条あやの保護室』とか、『腐女子の行く道、萌える道』とかね。
女子高生じゃないけど眞鍋かをりさんのブログもかなりキテます。

手書きとワープロ書きの違いは活字になると少し読めば判りますが、
Webに公開された彼女達の文はもう、
フォント変えまくり、文体はぶっ飛びまくり、
原稿用紙だったら絶対出来なかったであろう改行の使い方で、
『言葉』は本来、
自分の意思を誰かに伝える為の手段として存在するわけで、
電話だったら語調変化で感情表現が出来たけど、
メールや掲示版、Webやブログ等、
液晶の画面上ではそれは出来ない訳で、
そこで彼女達は色んなフォントや文字サイズ、
(笑)・(爆)・(ヲイ)、なんて語尾の括弧や、
顔文字なんて小技を駆使しつつ、
文字と記号だけで感情の起伏を表現する技を編み出して来た訳で、
文の中身が「軽き事風の如く」(「腐女子・・・」より抜粋)な事を除けば、
今最も洗練された日本語を駆使しているのは彼女達ではないのか?
なんて錯覚起しちゃいそうにもなります。

大人達は自分に理解出来ない人・物を下等な存在と見なし、
自分の経験を引き合いに出して偉ぶるけど、
アメリカ古典文学の代表でもあるH・D・ソロー氏も作中で
「大人は事実上、青年に対して
ほんとうに大切な助言を与える事など
何もできはしないのだ。」
と言ってるくらいで、
本当に正しいのはどっちか?
何て誰にも判らないはずです。

ただ、文章(言葉)の後に隠された意味を深読みする必要が無い分、
『情報伝達のスピード性』という点に関しての彼女達のそれは、
世界の最先端を突っ走っているのは間違い無いでしょう。

SanFranciscoにて  T.S.mizzie

ブログランキングです。クリックしてね。

Banner2_8

|

«   自分への投資 | トップページ | ― 地球環境保護? ― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/2304741

この記事へのトラックバック一覧です: 『言葉と、文字と』:

«   自分への投資 | トップページ | ― 地球環境保護? ― »