« ― 地球環境保護? ― | トップページ | ちょっとだけサイエンス♪ »

2005.01.30

世界最強から転落するアメリカ

 90sに旧ソ連が冷戦のリングを自ら降りて以来、軍事的・経済的に世界最強のこの国。でも最近のニュース等を見ると、アメリカは自滅or自壊に向かっている様にも感じます。

 アメリカのイラク侵攻が完全な失敗なのはもう誰の目にも明らかだし、国内政治も失策の連続。さらに生活者の視点から見ていると、

「50年タームで見たらこの国は自滅する」

 と、強く感じます。

 内から見てると問題だらけのこの国、経済システムも「10%の最富俗層と90%の低所得者層」という、激しい二極分化を生み出しつつあるので、将来的には国家としての購買力低下は明らかで、さらに、近年の財政赤字増加、増え続ける貿易赤字の増加と、基軸通貨としてのドルの安定性消失、そう言ったニュース等でも頻繁に見られるこの国の問題の他にも、公教育の質的低下が激しく、将来、中産階級を形成させる一定の教育レベルにある層が消失しつつあるように見えるこの国は、もしかしたらもっと急速にその地位を失い、かつ長期に渡ってその地位を低迷させ続けるのではないか?と思えてきます。

 ジャーナリスト達の中には、

「アメリカ中枢部にはアメリカ一極支配を終焉させる事で経済的利益を得ようとしている勢力があるのではないのか?」

 等という意見もあるようですが、仮にそうだとして、その少数勢力の為にこの巨大な国家を崩壊に導くのだとしたら、それに見合う利益とは一体何なのだろうか?と言う疑問もあるのですが、しかしながら、この国の昨今の動きを見ていると、先にあげた意見を超える理論を見つけられないmizzieでもあります。

 ただ、アメリカ一極支配を終焉させる事で利益を得た勢力は、短期的にはいいかもしれませんが、二極分化が階級闘争の原因となるのは歴史が証明している事実で、この世界で最も資本主義が進んだ国は、放って置くと共産主義的思想が勃興しかねないし、それは長期的には先の動きで利益を得た勢力を駆逐・消滅させかねない様にも感じるんだけど、それについてはこの国の中枢部はどういった観点を持っているのか、興味をかき立てられるmizzieでもあります。

 短期的にも『米国経済が崩壊を回避できる可能性は10%』などと米大手銀行の偉い人も言ってるそうで、mizzieは永住資格というすごい特典を手にして移民としてアメリカで暮らしていますが、アメリカが崩壊するのならそれは特典では無く、僕にとっての足枷となりかねないのでは・・・?って危機感も感じてしまいます。

SanFranciscoにて T.S.mizzie

ブログランキングです。クリックしてね。

Banner2_8

|

« ― 地球環境保護? ― | トップページ | ちょっとだけサイエンス♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/2743044

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最強から転落するアメリカ:

« ― 地球環境保護? ― | トップページ | ちょっとだけサイエンス♪ »