« プロの窓口担当を見た | トップページ | 無くても別に困らない »

2005.10.30

財政赤字解消

 何でも日本は国・地方公共団体合わせた債務の合計が、1000兆円を超えているんだそうで、某・有名大学の経済学部教授に言わせると、社会保障を維持するだけでも消費税を15%まで上げないと財政がパンクしちゃうんだそうです。

もうどうにもならない、って位に借金が膨らんじゃってるんだから、これは普通のやり方では返済なんて絶対ムリで、強烈な方法以外では債務解消は不可能だと思う。例えば消費税を時限立法で“全ての債務が完済されるまで150%”位にして、完済されるまでは経済が滅茶苦茶になるからそれの埋め合わせとして、債務解消した翌年は全ての税率を0にする。とか。消費税だけ上げちゃうと低所得者だけが不利益を被るから、直接税率も時限立法で上げる。例えば所得10億円以上の人は所得税率95%かそれ以上。「金持ちからも取るから、庶民の皆さんも負担をこらえて下さい」ってキチンとアナウンスしないと理解は得られないだろうし(しても得られないだろうけど・・・)、大体消費税と言うシステムは低所得者や年金生活者にとってはアンフェアな税制だから、そこだけ増税というのは公共の福祉に反していると思う。

 で、この時限超増税で債務完済後は、「ありがとう無税」で23年は徴税停止。これで崩壊した経済を回復させて、その後は健全財政で政府を運営する。確かにとんでもなく荒っぽいけど、決して悪いアイディアじゃないと思うんだけどなぁ・・・。

ブログランキングです。クリックしてね。

Banner2_8 

|

« プロの窓口担当を見た | トップページ | 無くても別に困らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/6759748

この記事へのトラックバック一覧です: 財政赤字解消:

« プロの窓口担当を見た | トップページ | 無くても別に困らない »