« しびれた・・・。(カッコ良過ぎ) | トップページ | ○○バトン »

2005.12.29

The U.S. time is over, or アメリカの時代は終わりだ


 最近、仕事が休みの日は英語で記事を書いていますが、今日もまたそれをやってみました。またまた日本語訳付き(結構時間がかかる・・・)にしたからね!

     When I lived in the U.S. and studied in a college, that professor I was belonging class usually told that we shouldn't better to buy products made by the U.S. to us. The professor told us how easy to break and how unreliable the made in
U.S. products. In fact, so many American people said same thing to me, and they almost never buy or use the U.S. made products. In addition to this, it’s hardly found the U.S.-made products, even in the U.S. Take kitchen utensils for instance, I went supermarket for buying them when I lived in SanFrancisco, nowhere the U.S. products in the supermarket. Most of them made by China, and some of them were South and Central American countries. It's miracle that if you find the U.S.-made something in discount shops in the U.S. A Japanese critic said that the U.S.only industrial is military industrial, such a Boing.
     I used to be a motorcycle racing rider until 1998, and I've almost never seen the U.S.-made products because of their poor quality. Most racing parts are required to tolerance error range is less than 20/1000 millimeter. The
U.S. made-products could never clear the range. Many people said that the U.S.-made motorcycles are manufactured by diabolically bad quality and manufacturing process. Because of the reason, I easily understood why a few Americans select the U.S.-made cars. Probably those drivers the U.S.-made car drive are incredible nationalistic people.
     The
U.S. filled by imported goods even the U.S. maker's products. Nike makes all products in somewhere the Third World country. Some computer companies have their factories in the South and Central  America, such as Mexico or Brazil. American automobile companies have South and Central American countries supply component to those companies. You can see those components in hood of the U.S.-made cars. In the U.S., PCs, cars, motorcycles, all house utensils, clothes, stationeries, and many oil chemical products import from other countries.
     I read an article when I lived in the
U.S., and the article said that the U.S. can't live if the world becomes perfectly peace place. The article mentioned, and I learned that the U.S. history made by war. Throughout the history, so many American people have worked for military industrial complex. Cold war let them survived by necessity of huge amount military budget. Fortunately, unfortunately, the cold war was over, but the U.S. has been in "War on Terror" for resent years. Some critics mentioned that the war made by the U.S. military industrial complex for they getting profit continuously. In fact, incredible amount expensive weapons such as precision guidance missiles have used on Afghanistan and Iraq.
     The
U.S. had super power just after finishing the cold war. The U.S. had tried to change to depending on war companies, but the U.S. large companies left from the U.S. because of their high labor costs. As a result, the U.S. national industry became de-industrialization but military industrial complex. "War on Terror" let the U.S. survive narrowly now, but it won't continue forever. The U.S. will over when the world becomes the perfectly peace planet


 私がアメリカで大学に通っていた頃、在籍していたクラスの教授は、アメリカ製品がいかに頼りにならなくて簡単に壊れるかを語り、生徒達にいつも、「アメリカ製品を買うのは止めておいた方がいいぞ。」と言っていた。
そして実際に、多くのアメリカ人の知人達はアメリカ製品を殆ど使っていなかったし、彼等もその教授と同じ事を言っており、加えてアメリカ国内でさえも、Made in USAの品を目にする事は稀だった。
 台所用品を例に取ると、私がサンフランシスコ滞在中に、スーパーマーケットにそれらを買いに行くと、米国製は何処にも無く、そこで売られているそれらの殆どが中国製で、残りは中南米製品ばかりだったし、もしあなたがアメリカ国内のディスカウントショップでMade in USAの工業製品を見つけたとしたら、それは奇跡と言ってもいいだろう。ある日本の批評家など、アメリカにはボーイングのような軍需産業しか無いと言っているくらいだ。
 私は98年までオートバイレーサーだったが、その貧弱な品質故に、レースの世界でアメリカ製品を見る事は非常に稀だった。レース用エンジンの部品と言うものは殆どが、加工精度許容誤差1000分の20mm100分の2とすると100分の2.9でも検査を通ってしまうので)以下が要求されるのだが、アメリカ製品でその基準をクリア出来る品は稀であり、多くの人達が、「アメリカ製品は悪魔的な品質と製造工程で造られる」と語り、それ故、私は何故アメ車に乗るアメリカ人達がこんなにも少ないのか、容易に理解出来たのだった。恐らく、あれらの少数アメ車オーナーアメリカンは、極端に国粋主義的な人達なのだろう。
 アメリカは、アメリカ国内メーカーの製品でさえ、輸入品で出来ている。ナイキはその製品の殆どをどこか第三世界の国で作り、パソコンメーカーはブラジルやメキシコの様な中南米の国々に工場を持ち、自動車メーカーも中南米から部品を調達する。もしあなたがアメ車のボンネットを開けたなら、その中であなたは多くの中南米製部品を見つける事だろう。アメリカ国内では、パソコンも車もバイクも家庭用品も服も文房具も石油化学製品も全て、外国から輸入されている。
 アメリカ滞在中に読んだある記事によると、アメリカは地上から戦争がなくなると成り立たなくなるらしい。その記事によると、また私が学んだ所では、アメリカの歴史は戦争で出来ていて、そしてアメリカは歴史を通して、実に多くのアメリカ人が軍産複合体で働いてきて、そして膨大な軍事予算を必要とした冷戦が、辛うじて彼等を生き永らえさせてきた。幸か不幸か、冷戦は終わったが、しかしここ数年、アメリカは『テロ戦争』の中にいる。批評家の一部には、テロ戦争は軍産複合体が利益を永続化する為に作りだしたと言う意見もあるようだが、実際、精密誘導ミサイルの様なとても高額な兵器が、アフガンでもイラクでも大量に消費された。
 冷戦終了直後、世界唯一の超大国となったアメリカは、軍需産業に依存した経済からの脱却を試みたが、アメリカ国内の基幹産業は安価な労働力を求めて海外に工場を移転し、結果、アメリカは軍需産業以外での産業空洞化現象に見舞われる事となった。
 『テロ戦争』は辛うじてアメリカ産業界を生かせているが、それは永久に続く物では無いし、この地上に本当の平和が訪れた時、アメリカの時代も終わるのだろう。


面白かったらクリックしてね。Banner2_8 

|

« しびれた・・・。(カッコ良過ぎ) | トップページ | ○○バトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/7895457

この記事へのトラックバック一覧です: The U.S. time is over, or アメリカの時代は終わりだ:

« しびれた・・・。(カッコ良過ぎ) | トップページ | ○○バトン »