« まだまだ鈴木祥子 | トップページ | 日本国憲法第二十五条 »

2006.01.31

おどかさないで下さいよ〜

 『日本で最も心霊が多い地域は四国』と言った類の文章を、心霊現象が流行っていた頃に何かの本で読んだ事があるが、僕はその四国に生まれ、31年間(アメリカ滞在が約3年あるので)そこで生きてきたが、そういった体験をした事は一度も無い。
 特にしたいとも思わないが。

 そんなある日の出来事。

 昼休み中に休憩室で談話していたベテラン職員と看護士の会話。

 「あの件からずっと、この風邪が治らんがちや。もう、お祓いでも行った方がえいがやないろうか?」

 「お祓いちどういたぜよ?」

 「こないだの夜勤の時に、男の人の幽霊見たがちや。それから風邪ひいてずっとこれよぇ。全然治らん。」

 なんでもこの方の話によると、夜勤中に休憩室で小休止していた時、詰所を男の足だけが歩いて行くのを目撃したらしい。
 しかもその時それを目撃したのはその人だけではなく、その日夜勤だった別の看護士も目撃しているのだ。
 同じ職場に勤める、ちょ~ベテランの看護士さんに言わせると、病院での幽霊話は珍しい事ではないらしく、その方も数十年に渡る看護士としてのキャリアの中で、何度もそういった経験があるらしい。その人曰く、

 「あたしらぁもう慣れたもんよ。見掛けても“また来たかえ?ここはあんたがおる所やないき、早よう行きや”言うていなすちや。」

 と言って、その方はなんと、幽霊相手に成仏するように諭してしまうらしい。(宣保 I 子かあんたは!?)

 その方に言わせると、「死に方がきちんとしてなかった人は彷徨うがやないろうかねぇ?」との事だったが、確かに、死ぬ人の数だけそこには死に方があるので、病院で医療処置を施された末の死だとは言え、(ホスピス病棟以外では)その死を納得出来ずに死んだ人がいてもおかしくは無い。

 これが酒席等で出た会話なら、僕も軽く流してしまう所だが、病院ベースの医療介護施設で、ベテラン看護士の口から出た言葉なので、

 「もぉ~!僕が新人だからって、からかわないで下さいよぉ。 /笑」

 と言って、受け流す事が出来ないmizzieなのでした。

 って僕、今週末に夜勤が入ってるんですけど・・・。
  ガクガク(((( ;゚Д
))))ブルブル



面白かったらクリックしてね。
Banner2_8

|

« まだまだ鈴木祥子 | トップページ | 日本国憲法第二十五条 »

コメント

え~、お寺が経営する、お寺の敷地内にあるホームで仕事してますけど・・・んもう、しょっちゅうですよ!
私、真昼間に「お迎え」のひとみたことあります。用事があってちょいと残っていたとき、薄暗いリネン室で「鬼」を見たこともあります。
大丈夫ですよ~。慣れますって。
・・・生きてる人間のほうがよっぽど怖いですよ・・・(ため息)。

投稿: hana | 2006.01.31 22:30

うわ~・・・hanaさんまで僕を怖がらせてるぅ~
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

って、実はちょっとだけ見てみたかったりもします。でも「鬼見た」って凄くないですか?さすが京都と言うべきか。

投稿: mizzie | 2006.01.31 22:40

ひゃぁ、怖いですね~~。
でも、病院につきものの話・・・・。
でも、夜勤一人じゃないからいいじゃないですか!(って、フォローになってない?)

あんまり、気にすると疑心暗鬼になるから、
気にしない気にしない~。

私は霊感も何も無いし、今までそんな経験もないし、
だから、きっと、見える人には見えるけど、
見えない人には見えないって、どっかで開き直ってます~~。

投稿: えびすけ | 2006.02.02 15:43

周りの誰に聞いても、病院ではありふれた話なんだそうで、もう気にしても仕方が無いのでほうっておくつもりです。
もし目撃したら?
あんまり害の無さそうな霊だったら、ブログのネタにしちゃいますね。(^^)
乞うご期待!

投稿: mizzie | 2006.02.02 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/8436690

この記事へのトラックバック一覧です: おどかさないで下さいよ〜:

« まだまだ鈴木祥子 | トップページ | 日本国憲法第二十五条 »