« 中年女性と“おばさん”は違う | トップページ | 実技スタート »

2006.01.08

あなたも子供を殺している

TBスパムに該当するのを覚悟の上で、一人でも多くの人にこの事実を知って欲しいと思いTBさせて頂きました。

 あなたがこれを読んでいる今も、約3秒に一人の割合で、貧困を原因として子供達がその命を落としている。

 そして子供達が貧困による飢えで死んで行く事に、あなたも間接的に、しかし間違いなく手を貸している。
 何の罪も無い子供が目の前で死んで行くのを見て、平気でいられる人はそういないと思うが、それは何処か遠くの、自分達とは全く違う世界で起きている現実なので、今この瞬間、新たに死者の列に加わったアフリカの幼児の事など、あなたにとってはどうでも良い事になるのだろう。

 そう問われたあなたはきっと、

 「遠い異国の地で飢えて死ぬ子供の為に、私に何が出来るというのだ!?」

 とか、

 「私がその子供を殺す為に何かしたとでも言うのか!?」

 と考えると思う。
 でも、これだけは覚えておいて欲しい。世界の貧困国のほぼ全てが、経済のグローバル化とそれを推し進めてきたG8(日本・アメリカ・イギリス・イタリア・フランス・ドイツ・カナダ・ロシア)によって産み出され、その凄惨さを増してきたのだという事を。
 そして、G8国に住む私達は、貧困拡大を推し進めてきたG8の多国籍企業群と政府を支持して来た、彼等の共犯者でもあると言う事を。

 G8、IMF、WTO、WB(世界銀行)の罪状を挙げていたら、500万文字を軽く超えてしまいそうな勢いなので、ある一点にだけ絞って話そう。

 サハラ砂漠以南のアフリカ諸国(南アフリカを除く)では、殆どが貧困と飢えに苦しめられているが、彼の国々では、食料自体は増産されている。
 ただそれが、一般国民の口に届かないだけだ。
 何故届かないのかは、もちろん貧困が原因だが、ではその貧困層には手が出せない作物は何処に行っているのか?と言うと、先進国(主にアメリカ)の蓄肉用飼料として輸出されているのである。
[,参照;Noam Chomsky, ARGUMENT AGAINST G8 “Food security, Caroline Lucas and Michel Woodin”]

 あなたが次にスーパーマーケットで、米国産輸入牛肉のパックをカゴに入れたその瞬間、それは狂牛病へのリスクを取ったのと同時に、貧困国の子供を飢え死なせるのに手を貸した事にもなるのだ。
 「知らない事」は「知ろうとしない事」と同義だ。

 知らなかった私も、昨日までは子供を飢え死にさせる共犯者だった。私は今日、その事実を上に挙げたノーム・チョムスキー氏の著書で知り、早速行動に移した。
 グローバリゼーションに反対し、米国産蓄肉を非買し、米国産蓄肉を使用する外食産業を利用せず、食品は極力、地元産品購入に努め、米国産品・米国企業製品は、余程の価値ある物で無い限り非買する。

 このブログの左側に、「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンがすすめている、『「日本政府がG8で約束した、アフリカに援助する100億ドルは約束どおり、アフリカで援助を最も必要としている貧しい人のために使ってください」と、 小泉総理に求めるメールを、あなたも、送ってください。』 Web署名サイトへリンクを貼っておいたので、これを読んだあなたも、最初の一歩を踏み出して欲しい。

 世界を支配している一部の(強欲で利己的な)エリート達が最も恐れているのは、『世論』だ。

 デモや政治活動は抵抗が大き過ぎるけれど、先ずは署名から、意思表示をする所から始めてみよう。

 私達の手から奪い取られた“本当の民主主義”を、私達の手に取り戻そう。強欲な資本主義エリート達の世界支配に、“No!!”を言おう。


面白かったらクリックしてね。Banner2_8 

|

« 中年女性と“おばさん”は違う | トップページ | 実技スタート »

コメント

こんな時間に失礼します。
えぇ、早速署名に参加させていただきました。

うちも子供がいるので・・・子供は宝です。「人間」だけは、どんなに頑張っても自由に増やしたり減らしたりできませんからね。(あ・・・人道的見地を考えなければできるか?!)我が家の食生活は、とりあえず「輸入品は危険だから食べない」ではなく「悪いもん食ってさっさとぽっくり死ねるように・・・」ですので、当然輸入食品を愛用していましたが、今後は断固改めます。

投稿: hana | 2006.01.08 03:33

hanaさん>
早速ご署名下さって、僕の意見に賛同して下さって、本当にありがとうです。記事を書いた後に調べたのですが、現状では日本国内に住みながらアメリカ製品を完全に排除するのはほぼ不可能に近いですけれど、それを意識している人が一人でも増えて行けば、何かが変わると、僕はまだ信じています。
アメリカ政府を批判し続けるノーム・チョムスキー氏が、アメリカをとても愛し、アメリカ国民を信じている様に、僕も、為政者への盲信を排除し、自分で考える事を止めない事を、そして多数派国民がそうなる事を、願う次第です。

投稿: mizzie | 2006.01.08 21:49

その後の調べで、グリコのカレー等製品は全て豪州産牛肉使用だそうで、とりあえずは貧困国虐待とは無縁な国のようです。僕はこれから、米国産牛肉使用を決定した吉野屋とすかいらーくは永久に利用しません。

投稿: mizzie | 2006.01.10 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/8053283

この記事へのトラックバック一覧です: あなたも子供を殺している:

« 中年女性と“おばさん”は違う | トップページ | 実技スタート »