« 比べてみると | トップページ | 頑張ってるやん高知市!! »

2006.02.28

男女共同参画の罠

“男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会を形成することをいう。”
(男女共同参画社会基本法 第二条一項 より抜粋)

 我が国の政府は、雇用を始めとする様々な局面で男女が均等な扱いを受けられるように、こんな法律まで用意したらしい。
 確かに、日本社会では(実は世界中同じなのだが・・・)女性であるが故に直面させられるGlass ceiling(見えない壁)が存在するのは事実だ。嘘だと思うなら、国会議員や内閣の男女構成比を調べてみたらいい。(あえてそれをする必要も無い程に明らかだが)
 また、あなたの会社の従業員と役員の男女比を比べてみるのもいいかもしれない。個人的意見として言わせて貰えば、実力差での不公平は容認出来るけれど、性別を理由とした不平等待遇は、優秀な女性が、その性別故に実力の劣る男性の下で低待遇を受けると言うのは、どう考えてもフェアじゃない。日本が貴族制度を維持した専制君主国家や、軍事独裁国家ならいざ知らず、建前上は民主共和制を取る自由主義国である以上は、アンフェアな状態を放置しておくのは許されるべき事では無い。

 しかしながら、今の政府が進めている“男女共同参画”には、大きな欺瞞がある。
 男女平等といっておきながら、平等になったのは義務の方ばかりで、機会と権利は一向に平等になってはいない。一般企業の管理職は依然として男性が圧倒的に多いし、会社社長も女性は新興企業か規模の小さい会社ばかりで、東証一部上場企業に、一体何人の女性社長がいるのだろうか?もちろん、女性の防衛庁長官や警視総監、内閣総理大臣も一向に出そうな気配が無い。

 この国の特権階級層は女性達に対して、

 「頑張れば、それに見合った待遇が勝ち取れますよ」
 と言って夢を見させておいて、その言葉を信じて、オヤジどもの嫌味や冷遇にも、じっと耐え忍んで這い上がって来た女性達は皆、ある所まで辿り着くと必ず、Glass ceiling(見えない上昇限界)に突き当たる。
 政府が音頭を取って法律まで準備して、それでも現実はこの有様だ。
 もちろん、法律を施行した側だってそんな事は判っている。彼等の目的は真に平等な社会を構築する事などでは無く、女性も労働力とする事で、夫婦共働きじゃないと世帯が維持できないような低所得層が、多数派国民となる社会を容認させる為なんだから。
 国際競争力の強化。と言う大義名分の下で、人件費抑圧は国家のお墨付きを得て、結果、非正規雇用社員は急増し、被雇用者の賃金は低下したが、夫婦が共働きになる事で、世帯辺り収入はかろうじて微減で抑えられている。しかし、正社員が減少してパートやバイト、派遣などの非正規雇用が増え、多数派庶民の一人当たり収入は確実に減少した。

 それなのに、“男も女も平等なんだから”などと言って、共働き家庭に対する扶養者手当てや優遇税制は打ち切られ、働かざるを得ないから働いている女性達にも、平等に義務を課して応分負担を求めるというのは、アコギにも程がある。と言うのは言い過ぎだろうか?

 男女平等を憲法で規定した現憲法が制定されてから約60年。男女雇用機会均等法が公布されてから35年、依然として性差別は存在するが、政府は“差別のあるなし”に関係無く、女性も(だけでなく、引退するはずの65歳以上高齢者までも!)働かざるを得ない社会を作り上げ、そうして労働力となった女性達に、働く男性達と同じ義務を課し、徴税対象とした。

 この国の特権階級層は、本心では完全に男女平等な社会など望んではいない。もし本当に望んでいるのならば、役員や管理職員の男女比率を1:1にする事を義務化する法律を作ってしまえばいいのだ。特権階級層が本心で望んでいるのは自分達の利益最大化だけで、それ以外はどうだっていいのだ。欲しいのは平等な租税負担者であって、平等な権利享受者ではない。
 奴等にだまされてはいけない。

 男女は平等であるべきだって?
 勘違いをしちゃあいけないよ。
 男女は平等でなければならない。なんだ。
 ShouldMustじゃ、意味が全然違うんだからね!



面白かったらクリックしてね。
Banner2_8

|

« 比べてみると | トップページ | 頑張ってるやん高知市!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/8882178

この記事へのトラックバック一覧です: 男女共同参画の罠:

« 比べてみると | トップページ | 頑張ってるやん高知市!! »