« Passion to Compassion | トップページ | 道州制賛成派 »

2006.02.08

Uncle Sam, the worst and strongest scoundrel

   The US and some EU countries insist that Iran has a plan to develop nuclear weapon. In addition, we can watch the news everyday on TV about that. However, IAEA investigation concluded that they couldn’t find a proof of nuclea bomb in Iran. In addition, IAEA, Britain, Israel, and a US government agency called NIE[National Intelligence Estimate] reached the same result of analysis. Iran is required 10 years or more to obtain the developmental technology of uclear bomb. Neverthless, Bush administration insists that Iran already has nuclear weapon or it development program. It seems that the US try to make public opinion to Iran invasion like Iraq.
     In view of the Middle East history, the US had put a puppet government in Iran until Iran revolution in 1979. The US has been hostile and threat to Iran after the revolution. In other word, Iran has been threatened by the US for long long years. The US threaten Iran off. So, it’s natural result if Iran try to get the power to self defence. However, Iran insists that their nuclear development program only for purpose for peace, not weapon.
Furthermore, Iran has accept to IAEA investigation frequently. I think that there is no reason for invasion to Iran.
     However, the US must be invading to Iran. Because John R. Bolton, temporarity appointed U.N. ambassador said that “If we permit Iran’s deception to go on much longer, it will be too late. Iran will have nuclear weapons”. The US doubt a country and the country insists untrue about it. But, the US invade the country. It’s pretty close to a case of Iraq.
     Unfortunately, only the US has superpower in the world now, and there are no country to give US candid advice. Therefore, US behave outrageously.


    
US has break CTBT[Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty], and US has reject to Kyoto Protocol. Moreover, US wants to use their military power to all over the world. If US leave itself as it stands, US must destroy the planet of earth.

[原文]
アメリカ。最悪で最強のならず者

 欧米はイランが核兵器開発をしていると主張しており、連日それらのニュースをテレビで見るが、IAEAの査察では、イランで核兵器開発の証拠を発見する事は出来なかったとされ、加えて、IAEA、イギリス、イスラエル、そしてアメリカの政府機関であるNIEも、「イランが核兵器を持つまでには10年は掛る」との意見で一致した。にもかかわらず、ブッシュ政権はイランが核兵器開発計画を持っていると主張し続けており、それはイラン侵攻への世論形成をしようとしているかのようだ。イラクの時にやったように。
 中東の歴史を鑑みるに、アメリカはイランに傀儡政権を置き、その反動でイスラム革命でイランにイスラム国家が出来て以来、アメリカはイランを敵視し、脅し続けてきた。アメリカに「殺すぞ」と脅され続けて来たイランが、もし、自衛の為に力を得ようとしたのなら、それは当然の結果ではないのだろうか?だが、イランは自国での核開発を平和目的だと主張し、IAEAの査察を受け入れ続けており、そんな国に侵攻する理由などないように私には思える。
 しかしながら、アメリカの国連大使でもあるジョンR・ボルトン氏は、「イランにこれ以上欺かれ続けるのを許せば、いずれイランは核兵器を持つだろう」と語っているくらいなので、いずれアメリカはイランにも侵攻する事になるのだろう。アメリカがどこかに国に難癖を付け、事実無根を主張するその国に軍事侵攻をするというのは、イラクのケースと酷似しているが、世界唯一の超大国であるアメリカに苦言を呈する事の出来る国は、世界の何処にも無い。だから、アメリカはあんなに傍若無人な振る舞いが出来るのだろう。
 包括的核実験禁止条約を破棄し、地球温暖化防止会議京都議定書の批准を拒否し、世界中でその軍事力を使いたがるアメリカは、もしアメリカそれ自体に現状からの変化が無ければ、きっと世界を破壊してしまうに違いない。



面白かったらクリックしてね。
Banner2_8
 

|

« Passion to Compassion | トップページ | 道州制賛成派 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/8558529

この記事へのトラックバック一覧です: Uncle Sam, the worst and strongest scoundrel :

« Passion to Compassion | トップページ | 道州制賛成派 »