« 34歳になって背が伸びた!! | トップページ | 変える事。変えない事 »

2006.03.17

超回復理論

 レースをやっていた頃、フィジカルトレーニングに関してこれについて知ったのだが、人間の筋肉と言う物は、100%酷使した後に完全休養させると、120%回復、つまり元よりも強化されるらしい。100%酷使のあとに完全休養というのが肝心な所で、完全休養させないと、100%の負荷を掛けられて壊れた組織の再生が間に合わず、トレーニングがハードな割には効果が出ないのだそうだ。で、この“100%酷使”と“完全休養”による、“超回復”を繰り返す(負荷を上げ続ける)事で、筋肉はどんどん強化されていくらしい。

 この“超回復”と言う物は、筋肉以外にも適用出来る様な気がする。経験は無いだろうか?自分の知恵と知識を完全に出し切らないと通用しないような環境に身を置き、そこでしばらく過ごした後に気が付くと、まるでPCのメモリを増設したかのように、自分の処理能力や対処能力が向上したような感覚を覚えた事が。

 この、過去を振り返って今と見比べた時、進歩している自分に気付く。と言うのは結構気持ちがいい。「自分も結構やるじゃないか」と言った種類の、ある種の達成感がそこにはある。僕が安定や安寧を嫌い、ある程度確立された所で変化のチャンスが訪れた時、それまで獲得した全てを捨て、躊躇無くそれを掴み取るのはきっと、そこに新しい進歩の可能性を見ているからだろう。つまり僕は、人生においての“超回復理論”を試している事になる。

|

« 34歳になって背が伸びた!! | トップページ | 変える事。変えない事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/9125727

この記事へのトラックバック一覧です: 超回復理論:

« 34歳になって背が伸びた!! | トップページ | 変える事。変えない事 »