« 注意集中力欠損 | トップページ | やるじゃんA○A(らぶ♪) »

2006.03.26

決して実現させてはいけない

 この間、自転車で買い物に出掛けていてその帰り道、久し振りに『手放し運転』をしてみた。
98年の事故とそれによる脳外傷で平衡感覚にも障害を負っていた私にとっては、少し勇気の必要なチャレンジだったが、過去と比較すれば随分衰えたとは言え、私のバランス感覚はかなり回復して来ている。と言った実感があった。
 僕の運動神経はかなり鈍いが、バランス感覚だけは常人よりも優れていた自信がある。例えば、自転車の手放し運転なら右折も左折も自由自在で、信号につかまらない限り果てしなく乗り続ける自信があったくらいだ。
 そのバランス感覚を失っていたから、バイクを避けていたのもあったのだが、それがかなり回復している事を知り、益々バイクに乗りたくなってきた。

 で、自分が乗るとしたらどんなバイクがいいか、少し考えてみた。
 条件として、

 1)操縦性と旋回性能がいい事。

 2)加速が「スッコーン!!」って突き抜けるようなヤツ。

 3)んで、経済性がいい事。

 経済的観点から、アプリリアとドゥカティは対象外。(めっちゃ魅力的だけど・・・)
 排気量250cc以上は車検があって税金も高いからパス。
 250cc以下で加速がいい事。って事で、もう絶対に2スト。
 操縦性と旋回性がいい。って事はレーサーレプリカ。

 候補として残ったのがスズキのRGVとヤマハのTZR。
(どちらも既に生産中止)
 ん?まてよ。TZRは確か・・・。

 レース専用車のTZ250(10年くらい前のヤツ)と、共通部品がかなりあるではないか!!
 確かフレームは共通だった筈だから、もうエンジンを載せ変えちゃおう。
 さぁ、80馬力オーバーのすぅぱぁTZRの誕生だ。
 TZは発電機能が点火に回す分しか無いから、点火系と灯火系の配線を分離して、ライトとかウインカーとかはバッテリー電源で走行毎充電。外装はTZRだからミラーもライトもウィンカーもナンバーもあるし、エンジン載せ換えだからナンバーも公認のTZRで取れるし、車検が無いから陸運事務所に登録後エンジンを載せ換え。(もちろんイリーガル)

 でもちょっとまった。

 レーサーTZ250は混合給油(エンジン潤滑に必要なオイルをガソリンに混ぜておく)だから、ガス欠したらアウトだ。しかも96年以前型はアブガス(航空機用ガソリン)仕様なので、高知では航空機用ガソリンは高知空港内スタンド以外での入手が不可だ。
 しかも、レース用だからアイドリングが無い。信号待ち毎に空ぶかしをするmizzie’s TZR。これはかなり苦しい。
 さらにレース用バイクは全てが繊細なので、気圧が10ヘクトパスカル以上変わったら、ガソリンと空気の比率を調整をしないとエンジンが壊れる。
 始動は押しがけ式。しかもエンジン冷寒時に暖気運転無しで走っても、エンジンが壊れる。

 もしこのバイクを現実化させるとこうなる。

 日曜、朝6時。
 静まり返った高知の街で、TZエンジンのTZR250を押しがけするmizzie。
 
たったったった・・・パァン!!パパパパ・・・。

 早朝の平和な街に突然響き渡る、レーシングマシンの乾いた排気音。スロットル3500rpm固定で、水温が35℃になるのを待つ。そして水温計が35℃を示すと共に、スロットルをあおってキャブレター・セッティング。

パパパパパパパ(連続約5分)
パイーン!!パイーン!!

 そうやって8000rpm付近のアクセルレスポンスで、中速域のキャブセッティング確認。最後に水温が60℃を超えた辺りでアクセル全開固定。13500rpm辺りまでエンジンを回して高速域の確認。

パパパイーン、パパパイーン、


パパパパプワーーン!!!


 私の記憶が正しければ、レース用マシンの音量は規則で9000rpmで105db以下と規定されている。で、13500rpm位まで回すと、その倍くらいはやかましい。
 そんなバイクを私有したら、たちどころに近所から追い出されてしまうだろう・・・。

 トドメに、レース用エンジンは最低でも1時間走行毎に、エンジン各部を点検しないとアブナイ。ピストン(1個7000円くらい)は3時間以上は使えないし、クランクシャフト(1本15万円くらい)も30時間が使用限界だ。通勤にでも使おうものなら、毎月車検に出すよりも維持費が掛るぞ。

 う〜ん・・・。すぅぱぁTZR計画、早くも断念。

|

« 注意集中力欠損 | トップページ | やるじゃんA○A(らぶ♪) »

コメント

うちの職場の先輩(女性で2スト乗り)も、早出勤務の際はかなり気を遣うそうです・・・。住宅街では押して歩き、国道に出てからも暖気をしながらしばらく行ったりきたりして、それから出勤!と行くそうです。しかし、そんな彼女のバイク・・・観光客の多い某京都の寺のなかにあるホームからの帰宅の際には、大勢の観光客がこぞって道をあけてくれるそうです(爆音だから)。私のバイクだとクラクション鳴らしても誰も避けてくれません・・・。

投稿: hana | 2006.03.26 19:42

hanaさん>
確か、hanaさんの職場の2スト乗りの女性が乗ってるマシンって、アプリリアRS250って言ってませんでしたっけ??あれって確か、90年頃のSP2(市販車改造クラス)のマシンと大差ないくらい音量が大きいですから、そりゃあシロウトさんはびっくりするでしょうね。

改造すれば面白くなる250は沢山ありますが、アプリリアRS250は僕の知る中では、(どノーマルで)世界一刺激的な加速を見せるマシンです。

その分、ルーキーにはお薦め出来ないバイクなのですが、そのエンジンへの気遣い方を読む限りでは、その先輩、結構な実力者とmizzieは見た。

投稿: mizzie | 2006.03.26 23:49

そもそもTZのエンジンがみつからないだろ。あったとしてもそんな貧乏なら金銭的にも無理だろ。痛い妄想だな

投稿: 名無し | 2016.12.01 01:20

> IPアドレス210.162.15.22さん

そうかもしれませんね。

投稿: mizzie | 2016.12.25 03:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/9258812

この記事へのトラックバック一覧です: 決して実現させてはいけない:

« 注意集中力欠損 | トップページ | やるじゃんA○A(らぶ♪) »