« キャリア・パス | トップページ | 火に油 »

2006.04.04

喜ぶべきか?

 病院併設の医療介護施設である我が職場は、一般病棟と患者用シャワー室を共用している。一般病棟には子供から高齢者まで幅広く入院しているので、介護病棟内にあるシャワー室へと、特定の曜日には一般病棟の入院患者がやってくる。
 そんな一般病棟入院患者の中には、ぱっと見た目は介護病棟に見舞いに来た家族なのかわからない様な人もいるので、顔を合わせる事があれば、僕はいつも反射的に笑顔で挨拶をしてしまう。

 数週間ほど前辺りから一般病棟に、同姓から見ても感心してしまうくらいの、ハンサムな20代前半とおぼしき男性が入院している。僕は職場の同僚以外には、視界に入った瞬間に反射的に挨拶してしまうので、一般病棟のシャワー室使用日だったその日、廊下ですれ違ったその方にも、いつもの様に笑顔で「こんにちは!」

 僕からのそれにその方、

 「いつも、めっちゃ爽やかですね。」

 と、微笑みながら挨拶を返された。

 これで僕が妙齢の女性か、言った相手がそうならば、僕もそれなりに嬉しいのだろうが、同姓の、それも自分よりも圧倒的にハンサムな相手からのそれは、照れるというか恥ずかしいというか面映いというか、何とも複雑な気分でした。

 だからと言ってその「いつだって100%の笑顔」を変える事は皆無で、この後に入所者の1人からも、「mizzieちゃんはいつでもめちゃくちゃ明るいねぇ」とか言われてたけどね。


 シスコで寿司職人助手をしていた頃、英語で接客の出来る板前は僕だけだったのだが、客をして「You make customer happy!!(君は客をハッピーにするね)」言わせた程の、月1600ドル(約18万円)のチップを稼いだくらいの(寿司職人は接客もするのでチップをウェイトレスと分ける決まりだった)、“接客の達人”でもあった僕だけど、元々が、「人を笑顔にさせる事」が大好きな子供だったと言うのもあるが、とにかく人と接する事が好きで、その性向は物心付いた頃から今までずっと、全く変化する事なく続いていると思う。


 しかし、男が34歳にもなって「(笑顔が)爽やかですね」と言われるのは、喜んでいい事なのだろうか?

|

« キャリア・パス | トップページ | 火に油 »

コメント

接客・・・苦手ですねぇ。
電器屋で働いていましたが、しゃべるのがダルいんです・・・。「次は絶対機械相手の無言な仕事を・・・」と思っていたのに、結局今も一日中しゃべりっぱなし・・・。
爽やかなのはいいことだと思いますよ!私ゃ最近、お年寄りにまで「どっか具合悪いんか?」と心配されるほど顔色が悪いようで・・・普通にしているつもりなんですがねぇ・・・。

投稿: hana | 2006.04.04 21:30

hanaさん>
そんな、お年寄りから心配されちゃうくらい顔色が悪いなんて、大丈夫なんですか?
妊婦さんなんですから、お体にはくれぐれも気を付けて、ご自愛なさっていて下さいね。

僕は渡米前が機械相手の仕事だった事もあって、「とにかく人を相手にした仕事がしたい!!」って言う思いが強くあったので、寿司職人助手時代も楽しかったですが(助手なのに常連客がついたのは僕ぐらいでしょうね☆)、今も毎日、仕事自体は楽しいです。
ちょっと職場の人間関係には疲れてますが・・・。(苦笑)

投稿: mizzie | 2006.04.05 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/9420368

この記事へのトラックバック一覧です: 喜ぶべきか?:

« キャリア・パス | トップページ | 火に油 »