« 技術革新 | トップページ | アメリカ、世界一下劣な国 »

2006.05.04

フランス製品も買わない

 政治的姿勢が気に入らないから、アメリカ製品非買を貫いている(移民として渡米する程に親米派だった僕に、そこまでさせてしまうのがあの国だ)僕だが、アメリカ製品非買とほぼ同じ理由で、フランス製品も非買している。
 これは僕がまだレースをやっていた頃、1995年以来ずっとだ。
 それまでは、特に好きでも嫌いでも無い、そんな国だったフランスだが、その事件以来ずっと、フランス製品は非買している。

 その頃僕は、新しいリュックを買いたくてあちこちのお店を下見して回っていて、最終候補に残ったのがアニエスbのリュックだった。素材、デザイン、機能性、全てに満足し、給料が出たら買う決心がついた頃、フランス大統領になったシラク大統領は、それまでの核実験禁止措置を撤廃し、世界中の反対を押し切ってムルロア環礁で水爆実験を実行した。

 ブラウン管に映し出された巨大なキノコ雲を見た時、僕の中にある「見逃せないものを、見逃してはいけない」な、例の土佐人魂なるものが、僕に指令を下した。
 「フランス製品永久非買決定」だ。

 あのカッコいいリュックは、どこかの誰かが買うか、不良在庫で廃棄されるかという運命が決定し、翌月、僕の背中に乗っていたのは、2番候補だった別のリュックだった。

 その年は、広島と長崎に原爆が投下されて50年目の年であり、この年に核実験を強行したシラク大統領は、あの「裏・ノーベル賞」とも言われる「イグ・ノーベル賞」で、イグ・ノーベル平和賞を受賞した程だ。

注;
イグノーベル賞の選考基準は、「人を笑わせ、そして考えさせた」研究や、「真似が出来ない、するべきではない」業績、又は「「目を見張るほどバカげているか、刺激的である業績」に対して授与される
(阪急コミュニケーションズ刊;『イグ・ノーベル賞』より抜粋)

 世界唯一の、そして最後の被爆国国民として、この暴挙を看過する訳にはいかない。それはとてもとても小さな抵抗だけれど、この一件以来、僕はフランス製品を購入していない。
 ミネラルウォーターが欲しくてコンビニに入っても、海老餡(誤字)は絶対に買わない。タマに買い物とかしてていい物を見つけても、タグを確認して製造国か原産国がフランスか、フランス企業製品だった場合は買わない。元レーサーとして、モエ・シャンドンは憧れのシャンパンだったが、今はスペイン産の「セグロ・ビュータス」が憧れの酒だ(ってもう飲めないけど)。WRCでプジョーがスバルに勝つと本気で腹が立つ。飛行機移動も時間に余裕があれば、使用機材がエアバス機の便は避ける。

 アメリカと違ってフランスは、食べ物もお酒も美味しいし、工業製品はとても優秀だし、センスのいい物をどんどん作り出してくる国なので、これを貫くのは時として、僕にとっても有害でもあるのだが、それでも、僕はフランス製品非買を継続している。

 ささいな事でもしょっちゅうギャーギャー言ってるどっかの大都市を、すぐに沸騰するけどすぐ冷めるお茶瓶だとすると、簡単には動かないけど一旦決めたらとことんやり抜く土佐っ子は、例えて言うなら巨大なヤカンだ。

 水爆で沸騰した僕のヤカンは、まだ当分の間は冷めそうにはない。


人気ブログランキングだそうです。クリックしてね♪

http://blog.with2.net/link.php?268283

|

« 技術革新 | トップページ | アメリカ、世界一下劣な国 »

コメント

TBに関しては、記事に関係無いTBで倫理に反すると思われるサイトからのTBは以後全て削除させて頂きます。
広告誘導TBに関しましては、アダルトサイトは即削除の上、当該IPアドレス受信拒否としますが、それ以外はその時の僕の気分次第とさせて頂きます。

投稿: mizzie | 2006.05.04 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/9888957

この記事へのトラックバック一覧です: フランス製品も買わない:

« 技術革新 | トップページ | アメリカ、世界一下劣な国 »