« 刑務所以上軍隊未満 | トップページ | 在宅同行訪問実習 »

2006.05.19

武士は食わねど高楊枝

 戦後最長に迫ろうかと言う景気拡大を続けているらしい日本経済だが、財政基盤の脆弱な地方である高知は、90年のバブル崩壊以来ずっと続く、史上最長の不景気にあえいでいる。

 その、低迷する地元経済を憂慮した高知県出身自民党国会議員が、高知のさらに僻地にある、綺麗な海と山に囲まれた小さな町に、東京電力の使用済み核燃料貯蔵庫の誘致話を持ってきた。

 建設費だけでも数百億規模のその事業を誘致する事が出来れば、低迷する県経済を救う事が出来ると考えたらしい。

 この誘致話は、知事、町長共に「誘致はありえない」と公言して立ち消えになったが、景気回復から置き去りにされた地方には、迷惑施設を受け入れるしか地域を潤わせる方法が用意されていない。と言う残酷な現実が浮き彫りになった。

 折角誘致話を持ち掛けたのに、地元首長からあっさり拒否された自民党議員は、「高知はこのまま『武士は食わねど高楊枝』で行くのか!」と公言していたそうだ。

 自民党政権の景気浮揚政策で、死に掛けた銀行は一命を取り留め、大企業の業績は回復し、東京は潤った。

 そして、そこから置き去りにされた地方には、迷惑施設を受け入れるしか生き残る道が無いというシステムが完成した。

 東京で使用される電力の大部分は、福島の原子力発電所で生み出されている。
 厚木にあった米空母艦載機(米軍のF/A18は、ジャンボジェットの2倍はやまかしい)部隊は、山口の岩国基地に移転する事になった。

 次は、どこの疲弊した地方自治体が、どんな迷惑施設を東京の繁栄を支える為に受け入れなければならないのだろうか?

 ただ高知には、東京のケツを拭く気なんかこれっぽっちも無い。
 それをやるくらいなら、貧乏なままでいた方がいい。

 高知は食わねど高楊枝。だ。


 美味いカツオや野菜(国産高級園芸作物には、高知県産が多い)は、たらふく食ってるけどね♪

参照;高知新聞5月17日付夕刊「懸念」記者;浜田成和


人気ブログランキングです。クリックして下さいね♪
http://blog.with2.net/link.php?268283

|

« 刑務所以上軍隊未満 | トップページ | 在宅同行訪問実習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/10135556

この記事へのトラックバック一覧です: 武士は食わねど高楊枝:

« 刑務所以上軍隊未満 | トップページ | 在宅同行訪問実習 »