« アメリカ、世界一下劣な国 | トップページ | 世界の終わり ~洗練する再生医療~ »

2006.05.06

世界の終わり~超・管理社会~

 アメリカ合衆国に、観光で短期滞在した人や留学した人と違い、移民として住み、働き、学び、税金も払っていた僕には、ソーシャルセキュリティーナンバー(以下SSN)と言う、9桁の番号が割り当てられている。住基ネットの住民票コード、それのアメリカ版みたいな物だ。
 アメリカ市民と永住外国人は、大学に入学する時も、就職する時も、銀行口座を開く時も、クレジットカードを作る時も、電話会社と契約する時も、アパートを借りる時も、常にこのSSNが必要になる。
 留学生や不法移民には出来ない事のほぼ全てが、これがあると出来るようになってとても便利なのだが、個人情報流出とか以前に、この「番号で管理されている」というのはある意味居心地が悪い。

 そいつがどんな過去を持っているのか、SSNを頼りに照会すれば全て簡単に判るのだ。つまり、SSNのある者は常に国家から監視されている事になる。例えば僕のSSNを使って照会をすれば、僕がいつ大学に入学し、そこでの成績はどうで、どういった会社にいつからいつまで在籍し、申告した収入が何ドルあったか、なんて事が一瞬で判ってしまうらしい。

 クレジットカードもSSNを使って契約するから、恐らく、いつ何処で何を買ったのかも、SSNを使って調べればたちどころに判ってしまうと思う。だから僕はずっと、アメリカで作ったBank of AmericaのVISAカードは、支払い滞納が無い事の証明としてのみ使い、通常の買い物は全て、住友VISAでしていた。住友VISAのホストコンピューターにハッキングを掛ければ、僕の購買物品やその嗜好等は簡単に判ると思うが、僕は昔から、あまり他人に知られたくない支払い(ラブホの支払いとか避妊具とかえっちなDVDとか・・・)は全て現金でするので、そーゆー超・個人的情報は判明出来ないように気を付けてはいる。

 確かに、個人情報を番号管理させるシステムは、物凄い利便性を持つ。しかし、デジタル化による記憶装置の技術進歩で、膨大なデータを記録しておく事が可能になった現代社会において、この、番号による管理システムはとても危険な諸刃の剣でもある。

 各個人一人一人が、何時何処で何をしていたのかが、完全に記録されてそれが為政者の必要に応じて一瞬で照会されてしまうのだ。
 そうなると、犯罪防止の名の下で、「反体制抑圧」が簡単に可能になるだろう。独自の検索方法を使う検索ソフトを駆使し、公安が特定のキーワードに引っ掛かる「政府にとっての危険人物」を一瞬で探し出し、適当な罪名を被せてそれらを一掃する事など、実に容易になるだろう。

 為政者にとって不都合な動きをする者を封じ込める、実に効率的で便利なシステムだ。そこでは国民は常に監視され、国家の意に沿わぬ者は様々な機会から疎外されるようになって、(特定の番号を持った者を、特定の職業に就けなくするとか)為政者による大衆支配がよりやり易くなるだろう。

 民主主義と自由主義の水を飲んで育った僕には、ちょっと受け入れ難いシステムなのだが、住基ネットは特に話題になる事も無く、あっさりと日本社会に受け入れられた。アメリカではSSNの問題点が多数指摘されていたというのに。

 そう遠くない未来、恐らく今世紀前半には、全ての国民が何時、何処で、何をしていたのか、それらが全て記憶され、電子データとして国家にファイルされる日が訪れるだろう。



人気ブログランキングです。クリックしてね♪ 

http://blog.with2.net/link.php?268283 

|

« アメリカ、世界一下劣な国 | トップページ | 世界の終わり ~洗練する再生医療~ »

コメント

「エネミー・オブ・アメリカ」でしたっけ?そんな映画がありましたよね。あの映画、確かバンコクでタイの友人と見たのですが、「こんなの人権侵害以外のなにものでもないやん!」という私に「アメリカみたいな大国で犯罪を抑制するためには仕方ない」と彼女はクールに言っていました。
管理されるのは確かにイヤなことではあるけれど、素性の分からない、ついさっき殺人を犯してきたかもしれないような人物と共存しなければならない現状況においてはもう仕方のないものなのかもしれませんね。

投稿: hana | 2006.05.06 07:43

「犯罪を未然に防ぐ」事だけにフォーカスして考えると、確かにとても効率の良いシステムです。でも、だからこれは諸刃の剣なんですよ。
本当に犯罪予防に使いたいのならば、前科者を集中監視しれば良い訳で、でも国家がやろうとしているのはそちらではなく、一般市民がいつまでも従順な消費者で居続ける為の、監視装置として利用される危険があるんです。

それが便利で強力な道具であればあるほどに、それの使用者には高い倫理観が求められますが、自民党・公明党の政治家達に高い倫理観を求めるのは、とても難しいのではないでしょうか?

彼等は、自分と自分の支持基盤への利益の事しか考えていませんから。

投稿: mizzie | 2006.05.06 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/9917562

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の終わり~超・管理社会~:

» 海外ニュース [共通テーマ]
事故、事件、紛争、芸能。海外のニュース、時事で気になったことを何でも書いてください。 [続きを読む]

受信: 2006.05.06 15:24

« アメリカ、世界一下劣な国 | トップページ | 世界の終わり ~洗練する再生医療~ »