« 売春が日本から無くならない理由 | トップページ | 放送視聴課題  »

2006.05.11

笑顔の使用場所

 基本的に、僕はよく笑う方だと思う。
 「いつも笑顔で朗らかに♪」をモットーにしてる位で、シビアでシリアスな局面いる時も、その局面にいる自分をユーモラスに客観視して、自分自身を笑い飛ばしてしまう。自分だけでなく状況や事態まで、見方を変えてユーモア精神で眺めてしまう傾向があって、それで気分が沈んで行くのを食い止めたり、沈んでいこうとする友人、知人を元気付けたりしてきた。

 常に笑顔を絶やさない事を心掛けて生きて来た僕だが、今の職場では、
 「へらへらしない!!」
 と叱責を食らう事が何度もあった。だから、職員相手にはなるべく笑顔を見せない様にしている。
 仕事とプライベートを完全に分ける主義の僕は、職場以外では職員との交流を持たないので、打ち解けるのに時間が掛かるが、お陰で馴れ合いからは遠く離れた位置にいる。
 しかし、特に親しい訳でもない、しかも新入りで、どんな事にも絶対に感情を表に出さない僕なのだが、それはあくまで対職員のみで、患者(医療介護施設では“入所者”よりも”患者“の方が合っていると思う)に対してはいつでも笑顔だ。

 体位返還、移乗、食事介助、水分補給、入浴介助、更衣介助、排泄介助、オムツ交換、どんな時でも常に笑顔でいる事を心掛けているし、会話があれば、それを相手が笑える方向に向かうように持って行く。

 技術的に稚拙で経験が未熟で、要領が悪くどんくさくて物覚えが悪くて注意集中力不足な僕だけど、早くそれらを克服して一人前の仕事師になって、バリバリ仕事をこなす上に、常に患者を笑顔にさせる事が出来る、そんな介護人に私はなりたい。

 うん。もちろんなるよ。



人気ブログランキングだそうです。クリックしてね♪
http://blog.with2.net/link.php?268283

|

« 売春が日本から無くならない理由 | トップページ | 放送視聴課題  »

コメント

こんばんは。
元気で頑張っていらっしゃいますか?

いつも沢山のいろんな記事を更新されてて、
思索的なmizzieさん、
女の脳は考える範囲が狭いといいますけど、
本当に、身近なことしか思考が及ばないような気がします。(笑)
でも、女の脳は、同時にいろんなことを処理する能力が男性よりもすぐれているんですよ。だから家事に向いてるんですって。

それはさておき、やっぱり笑顔ではつらつと働いている姿って見てて気持ちいいです。
うちのGHの別の階にそんな男の子がいます。
好感度大です(笑)

投稿: えびすけ | 2006.05.11 00:50

私も、笑顔は自然と出てしまう方です。元々接客畑の人間でしたので、それが癖というか、どんなに落ち込んでても、笑える自分がいます。
でも、今回は、職員に対し、それも若干1名に対し、どうにも笑顔を向ける事ができず、看護師さんにも笑顔がないと言われ、さすがにちょっと凹みました(、、;)

私も、利用者さんを笑顔にできるような介護員になりたいです!

投稿: ガルボ | 2006.05.11 21:17

寂しいことですが、私自身「いつもにこにこしていて人当たりのよい人」というのはとらえどころがなく、剣先の見切りを誤るとなんだかとんでもない結果を招きそうな気がして、ちょっと苦手です。仕事では、笑顔うんぬんよりも「忙しくても忙しそうに見えない顔」を意識しています。

いつも笑顔でいられることは素晴らしいことですね。私には無理です・・・。職員が意識して笑わせようとしむけなくても、日常のなかで笑顔になれる瞬間を感じてもらえる施設作りを目指していきたいですね。

投稿: hana | 2006.05.11 22:03

えびすけさん>
確かに、同時処理能力と言うものは男性よりも女性の方が優れているように感じます。もちろん例外もありますが・・・。
笑顔に関しては、シリアスになって取り付くしまも無いような先輩職員達に「冷たさ」を感じているようだった僕の職場では、利用者さんや御家族ウケはいいのですが、組織内での僕は異分子化しちゃってます。でも、一部の職員には評価されてもいるようです。(^^)v

ガルボさん>
僕も接客畑を踏んだ時期もある人間で、自分の行動で相手がポジティブな反応を見せる事に快感を感じてしまうタイプみたいです。
笑顔を見せられない。は、例の職員さんの事ですよね?その方は正攻法では難しそうですから、視点とか接する方向を変えて、「その人の良いトコ探し」的な捉え方をしてみては?
どんな人にだって、一つくらいは良いトコがあるものですよ。負けないでね。p(^^)q

hanaさん>
「忙しくても忙しそうに見えない」は、僕もそうでありたいと思う事の一つです。ただ悲しいかな、へなちょこ介護員mizzie、忙しさに「ついていけない・・・」ってなる事が度々あって、ヘコんでる時とか胸に痛みを覚えていたりする事が多数あるのも事実です。
少しでも利用者が陽気でいられるように接するのはもしかしたら、それらからくる罪悪感を埋めようとしているのかもしれません。
これに関しては、また近い内に記事にしますね。

投稿: mizzie | 2006.05.11 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/10012947

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔の使用場所:

« 売春が日本から無くならない理由 | トップページ | 放送視聴課題  »