« 失敗人生 | トップページ | July 4th »

2006.07.04

増税前にこれをやれ!!

 国・地方自治体を合わせた、政府の負債総額は800兆円を超えている。
 隠れ借金も含めたら1000兆円以上だと言う説もある。

 毎年の予算でも、過去の負債返済として20兆円近くの金額を払い、加えて毎年の歳出を賄う為に、30兆円近くの新しい借金をしている。

 はっきり言わなくても、今の日本政府は破産している。
 どこかで財政再建をしないといけないが、これまでそれをずっと先送りし続けて来た。

 が、もう後が無い。

 満足には程遠いとは言え、財務省やその他各省庁、国と自治体はこれまでの怠慢ぶりからすれば、財政健全化の為、かなり思い切った歳出削減策を打ち出してきた。
 中身の検証がまだ充分とは言えないので、単なる数字合わせに終わる可能性もあるが、これ以上の歳出削減をしても、あいつらは国民へのサービスを低下させるだけで、削減が痛みを国民に背負わせる事にしかならないだろう。

 そんな状況だから、納税者の1人として増税は仕方が無いとも思っている。
 もうこれ以上、未来の子供達に負債を背負わせる訳にはいかない。
 高度成長世代とバブル世代が作った借金を負担するのには不満もあるが、今、俺達が逃げても、未来の子供達の苦しみが増す事になるだけだ。

 痛みを負担するのは辛いが、未来の為に、ここは一つ我慢してやろうじゃないか。


(↓もう1人の自分)


Hey! Wait a minute!!(おい!ちょっと待て!!)」

 どうにもならないんだから、払うしかないのは判ってる。
 でも、その前にもう一つ、やる事が残ってるぞ!!

 この負債を作った責任者を引き出して、全国民の前でそいつらに謝罪をさせ、弾劾裁判をして贖罪をさせなくては。

 過去、アメリカの金融危機で公的資金が投入された時、アメリカ政府は公的資金投入で救済した金融機関の、負債を作った経営陣に対する責任追及を行い、実際に数百人が刑務所送りとなった事があるらしい。
 『国の経済政策として税金を使う。しかし、その原因を作った連中にはきっちり責任を取らせる。』
 そうする事で、アメリカは金融機関への税金投入に対する多数派国民の同意を得た。


 そうだ。日本政府も財政破綻に至った経緯をきちんと説明し、総括と反省、責任の追及と謝罪・贖罪をしてもらわないと納得がいかない。

 楽観的な財政収支見通しを立てた連中。
 採算性、公益性を無視して予算執行をした連中。
 そう言った事業に関わり、政治家を通して利益誘導を行った連中。
 破産しているのに問題を先送りにして借金を続けた連中。
 そして、それを止めなかった連中。

 総理大臣から一公務員に至るまで、一人も残さず拾い上げ、その罪の大きさに応じた罰を背負ってもらう。
 相応額の罰金、私財による負債返済、権利や資格の剥奪、公職追放、そして収監。

 歳出削減策だけじゃ、増税への承認を与える訳にはいかない。
 借金をここまで大きくした責任者達には、見せしめとして罰を受けてもらう。
 それも、可能な限り重たい奴を。
 憲法違反だとか言う奴を黙らせる為には、新たに法律を作ってもいい。


 いい加減な税金の使い方をしていると大変な目に会う。
 いい加減な事業に税金を使わせ、利益を得ると大変な目に会う。
 そういう前例を作らないと、増税して財政再建してもすぐに、奴等はまた税金の無駄使いを始める。

 コストとリスクとリターンの厳正な管理が求められる、民間ビジネスの世界では使い物にならない、生きてはいけない。
 それが公務員だからだ。


面白かったらクリックしてね♪

http://blog.with2.net/link.php?268283

|

« 失敗人生 | トップページ | July 4th »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/10780558

この記事へのトラックバック一覧です: 増税前にこれをやれ!!:

« 失敗人生 | トップページ | July 4th »