« クレジットカードのおとしあな | トップページ | スクーリング旅行記 ~再会レース仲間編~ »

2006.07.16

スクーリング旅行記 ~空の楽しみ編~

 (昨日からの続き)

 あの後、幸運にも家の中で家族の目を覚まさせる事も無く、小銭を必要額発見する事に成功し、僕はバスで空港に向かった。


 ぶろろぉおんっ!!

 が、ちょっとだけ寝坊してしまったバス停に向かう僕の目の前を、空港連絡バスが走り過ぎて行くではないかっ!!
 次の便だと空港着は出発15分前。

 アセるmizzie。

 しかも、こんな日に限って全ての停留所で人が待ってる。
(高知は田舎なのでそれはとても珍しい)

 何やってんだよぉおい、もっと速く走れよぉ・・・。

 イラつくmizzie。
 ノルアドレナリン分泌ちゅう。

 空港に着き、バスを飛び降り登場(じゃね~よこのバカ日本語ソフト!)搭乗手続きへ。
 ANAはスマートeチェックイン・サービスなんて便利な物があるから、ボーディングパスを受け取るまでは速い。

 預ける手荷物も無いので搭乗ロビーへ。
 さっさとセキュリティ抜けて乗らなきゃ!

 んがっ!!しかし!!!

 テキスト入れてたバッグの中に、出し忘れてたハサミが!

 もちろん、ハサミは機内持ち込み禁止品。

 その場で空港係官にそれを預け、預かり証書いてもらってさらに時間ロス(へなへな・・・)

 それでもサービス業なANA。
 チェックインを済ませている乗客を置いて平気で飛ぶような、厚生労働省の様な人でなしでは無いので、シートに座ってCAさんから新聞を受け取る。
 関空行きだからクロニクルとかあるかな?って淡い期待を抱いたけれど、ジャパンタイムスしかないそうで、一応CAさんからそれを受け取り目を通すが、ツマンナイので即爆睡。

 ここで日頃の睡眠赤字の解消に努めたかったが、高知ー関空便は飛行時間が35分。

 シートに沈み、目を閉じてセロトニンが分泌されてきたぜ。って所で着陸。

 仕方が無いので手荷物にされちゃったハサミを受け取るためにANAの地上職員を待つ。

 それを受け取ってから電車に乗り、関大に向かったのでした。

 初日はオリエンテーションとか学習ガイダンスが殆どで、それらを終えてからレースやってた頃の親友宅に向かい、わざわざ高知から来てるって事で、レース仲間が集まってくれて楽しい時間を過ごし、その夜は友人宅に泊めてもらい、翌朝もまた関大へ。

 授業ではテキストからだけでは学べないような事を沢山学び、充実した時間を過ごして帰路に着く。

 往路、関空から関大までの時間を計測し、帰りの時間を逆算していたが、「これがギリギリ」って時間が終業時間とほぼ同時刻。
 電車1本乗り過ごしたらアウト。

 なんていう、殺人的なスケジュールになってて、
(ああもう段取りが悪いっ!!)
 講師陣に聞きたい事とか質問したい事とかあったけど、終業と共にダッシュで駅を目指す。

 市営地下鉄切符は帰りの分も購入済みだったので、待ち時間0で地下鉄へ。

 が、天下茶屋なんていう変わった名前の駅で、南海電車の乗り換えがスムーズに行かず、地下鉄で稼いだアドバンテージが全てパァ。

 またもや関空着がギリギリになってしまい、今回はキチンとハサミを入れたバッグは手荷物で預けたので、本当にギリギリで搭乗ゲートへ!

 まだ運は残ってたmizzie。

 機内整備の関係で搭乗開始が遅れていて、定刻よりかは少し遅れている。

 時間が空いたので、飛行機好きな僕は外の飛行機を眺める。
 関空は国際空港なので、普段見る事の無い海外の航空会社の機体が見られる。
 目の前をユナイテッドのボーイング777が。

 あれ?関空着のUAの777って確か、シスコー関空便のはず。
 もしそうなら、定刻遅れ1時間以上。

 さぁっすがあユナイテッド☆

 このオイラも、あんたにゃかなわないよ。(^^ゞ

 その後アナウンスがあって、高知行きに搭乗、出発、離陸。
 帰りは前方座席を指定していたので、ほぼ最後に搭乗。

 クロニクルもFinansial Timesも無いのが判ってるので、日経を取って座席へ。

 夕暮れ時を飛ぶ、関空発高知行き。
 久し振りに見る雲海はキレイでした☆
 高高度から見る故郷もまた良し♪

 で、帰りも離陸後35分であっという間に高知へ。

 手荷物預けてるから、早く下りても無意味。
 の~んびり荷物を取って、降りるお客さんをみ~んな先に行かせて、CAさんに新聞を返して、お礼を言って最後に機を降りる。

 7時だけどまだゼンゼン明るい高知空港で、窓の外を眺めながら通路をバゲッジクレーンエリアに向かう。

 「まだこんな時間なのに、随分明るくなりましたよね。」

 突然後から声を掛けられた。
 振り返るとさっきのCAさんが。
 折り返し便の無い、高知空港泊めの便なので、CAさんも降りてきたみたいだ。

 通路を歩きながら、他愛も無い話をしながらCAさんと歩く。
 会話の中に、アメリカで暮らした事のある人じゃないと出難いって言葉が混じったようで、

 「アメリカに住んでた事あるんですか?」


 と聞かれ、

 「うん。シスコに住んでた。」

 「ホントですか!?あたしロスにいたんですよ。」

 なんて話でまた盛り上がり、いい感じで話してたトコで手荷物受け取り場への分岐へ。

 「それでは、またのご利用を。」

 と言ってお辞儀をするCAさんに、

 「うん、じゃあね。バイバイ」

 と手を振って階段を下りながら、(メアドくらい聞けばよかったかな?)とか思ってたら、さっきのCAさんが別のCAさんと笑いあってる声がかすかに聞こえてきた。

 はっは~ん。

 あのCAさん、俺がナンパしてくるかどうか同僚と賭けか何かしてたな。 (ちっ・・・)

 醜態さらさなくて良かった。(ふぅ・・・)

 「ええかっこしぃ」なmizzie、普段はクールでいる事を心掛けてるし、基本的に誰にでも愛想がいいし、自分が昔サービス業に従事してたから、サービス業従事者には親切だ。

 CAさんにもそれは変わらなかったから、「こいつは楽勝♪」って感じでターゲットにされちゃったみたいだ。

ま、楽しかったからいいけどね。
(もちろん、引っ掛かってたら激怒してるんだろうけど・・・)

 旧友との親交を暖めあった話と、授業の話はまた別の機会に核ね(誤字。このバカ日本語ソフト!!)


面白かったらクリックしてね♪
http://blog.with2.net/link.php?268283

|

« クレジットカードのおとしあな | トップページ | スクーリング旅行記 ~再会レース仲間編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/10968993

この記事へのトラックバック一覧です: スクーリング旅行記 ~空の楽しみ編~:

« クレジットカードのおとしあな | トップページ | スクーリング旅行記 ~再会レース仲間編~ »