« 日本がもっとダメになればいい | トップページ | 安倍総裁誕生 憲法を変えて戦争へ行こう! »

2006.09.20

尊厳


 「そこに尊厳はあるのか?」

 これはこの仕事についてからずっと僕が抱き続けてきた、そしてこれからも抱き続けるであろう疑問である。

 建前上は利用者中心主義で運営されている筈の福祉の現場で、利用者の意思を尊重していては仕事にならない局面が多々あるのは現実だ。
 そしてもっと残酷な現実として、それらを全て建前通りに進めていては、経営として成り立たない、利益を出す事が出来ないという現実がある。

 景気回復から置き去りにされた高知では、「金の為」と割り切って高齢者福祉に参入してくる者が決して少なくは無い。という事もあるが、志ある者だって生きていかなければならない。組織として運営されている場所に所属する以上、生きていく為には力ある者に従うしかない局面が多々あるのは事実だ。

 何でそんな事やってんの?

 それって絶対におかしいよ!

 そうやって言いたい事を言って、とっとと辞めてしまえたらどんなに楽な事か。

 ここで逃げちゃダメだ!

 って踏み止まって歯を食いしばってる時もあるけれど、でも、「そこに尊厳はあるの?」と、「こんなの人権侵害だよ!」の思いを抱く事は未だにある。

 世渡り上手にやって行くのなら、組織で這い上がって行く事を第一義とするのなら、慣れてしまえばいいのだろう。長いものには巻かれてしまえばいいのだろう。

 それが出来ない僕は、周囲に染まりきれずに浮いてしまっている僕は、きっと貧乏性なのだろうな・・・。


ランキング急降下中!!(泣)クリックして下さい。

|

« 日本がもっとダメになればいい | トップページ | 安倍総裁誕生 憲法を変えて戦争へ行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/11965408

この記事へのトラックバック一覧です: 尊厳:

« 日本がもっとダメになればいい | トップページ | 安倍総裁誕生 憲法を変えて戦争へ行こう! »