« 闇を突き抜けろ!! | トップページ | 子供達の未来の為に »

2006.10.20

そんなに減ったのか?交通事故死者数

 仕事が休みだったので免許の更新に行ってきた。
 僕は自動二輪を小型・中型・大型と全て実技試験を受けて取得したので、落ちまくりだった事もあって免許センターは勝手知ったる。な警察機関だ。(はいそこ!「お前の勝手知ったる警察機関はK知南警察署だろ!」とか言わない!!)

 もう長い事車を運転していない僕だが、渡米直前に駐車違反をしていた(ゴネていたら駐車違反のチェーンを着けたお巡りさんがやって来て、それが美人の婦警さんだったので素直に「ごめんなさい」って切符にサインしてました(^^ゞ)のでゴールド免許にはなれなかったが、違反者講習とは異なる一般講習なので、受付から3時間もしないうちに新免許交付だ。

 僕が免許を取得したばかりの頃から比較したら、講習で見せられるビデオも随分と洗練されていて、以前の様な『睡眠障害患者に処方したくなるような』退屈な映像をえんえんと見せられる事は無い。

 講義は、講師の話の進め方が退屈だったが、手短に終わるので特に苦痛を感じる事も無い。


 しかし、資料やグラフを使って講義を進める講師の話を聞いていて「ん?」って思ったのが、交通事故死者数に関する資料。

 講師によると、ここ数年は交通事故死者数の減少傾向が続いていて、平成17年には49年ぶりに死者数が7000人を下回ったと、グラフを示しながら語っていたが、僕はそのグラフに書かれた、「24時間以内死者数」の文字を見逃さなかった。

 僕自身が鈴鹿で重篤状態で病院に運ばれ、ICUで蘇生した経験を持っているし、終末期医療に携わる者の一人として、現代医学の進歩を肌で感じている。
 病院に運ばれた時は既に絶望的状況だったが、機械の力でとりあえず生命だけは維持させて、数日後に絶命したレーサーの話も知っている。
 現代医学は、簡単に死なせてはくれないのだ。

 確かに、自動車工学の進歩で衝突時安全性が向上した事も、交通事故死者数減少には一役も二役も買っているだろう。

 しかし、昭和39年と比較した場合、事故発生件数は10倍近くの933,828件になっていると言うのに(参照;警視庁)、死亡者数がほぼ同数というのはどう考えてもおかしい。

 で、資料を少し詳しく見てみたら、「30日以内死者数」と言うのが出てきた。平成17年の交通事故30日以内死者数は7931人。さらに、厚生省が発表した「交通事故が原因と思われる死亡者(事故後一年以上経過した者と、後遺症による死亡は除く)」だと、平成16年のデータ(平成17年の資料は無かった)で10318人だ。

 まだ厚生省の最新のデータが出ていないようなので詳細は判らないが、そして24時間以内死者数だけでも日清戦争の戦死者数よりも多かった昭和40年代中期と比較すれば随分と改善されてはいるが、まだ年間で一万人近い人達が、交通事故で命を落としたり奪われたりしている。

 統計や資料と言うものは、クリティカルに見ていないと本質を見失う。それを実体験した免許更新講習だった。




交通事故は被害者も加害者もその家族も不幸にする。だから、
後部座席でもシートベルトしろよ!
ヘルメットはアゴ紐きちんと締めろよ!!
ついでに
ココもクリックしとけよ!(笑)

|

« 闇を突き抜けろ!! | トップページ | 子供達の未来の為に »

コメント

最近では飲酒運転での事故も多いですよね。

私は、友達のご主人様が加害者になり
さらに、居眠り運転をしていないのに「していた」と決め付けられ交通刑務所に入れられたのを身近で見ています。

もちろん、被害者となり亡くなる事は最も辛いですが、不慮の事故で加害者となった方の辛さもよくわかりました。
生涯・・・償うと言っていましたから。

みんながみんな、ちゃんと安全運転を、そしてほんのちょっとの確認を怠らないでいてくれたら、事故も少なくなってくれるって思うのは私だけでしょうか・・・。

投稿: りぉちん | 2006.10.20 03:31

私もこないだ更新に行ってきました(ということは、誕生日が近い?!)。
当日は雨で、職員さんも2時間の講習がだるかったのか(初回更新者講習だったのです)、あの有名なさだまさしの交通事故をテーマにした名曲「月末になるとゆうちゃんは~♪」という歌のビデオを見て感想を述べ合って終わりになってしまいました。結構期待して講習受けたのに・・・こんなときにしかじっくりみれないような統計的な資料とか、涙なしには見れない「交通事故で転落人生」的なビデオとかもいろいろ見たかったのに、残念でした。

投稿: hana | 2006.10.20 16:00

りぉさん>
21世紀を生きていく為には、(僕は所有してはいないけれど…)車は不可欠なものではあるけれど、でも車もバイクも、とても簡単に人を殺す事が出来る道具なんですよね。
自分の意図しない所で誰かを傷つけてしまう事が傷つけた方も傷つけられた方も深く悲しませてしまう。車って高い論理間と自制心が求められる道具なんだと思います。
hanaさん>
hanaさんからは僕と近い種族の雰囲気を感じる事が何度かあったのですが、どうやら誕生日が近いみたいですね。ちなみに僕は、あのイチロー選手と同じ誕生日です。
初心者講習と違反者講習では、「交通事故で転落人生」な映画が見られますが、一般者講習、優良講習ではそれは見られないようです。でもそれが見たいからって違反とかしちゃダメですよ。
僕にとっては、統計資料はそれなりに興味深かったです。

投稿: mizzie | 2006.10.21 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/12326043

この記事へのトラックバック一覧です: そんなに減ったのか?交通事故死者数:

« 闇を突き抜けろ!! | トップページ | 子供達の未来の為に »