« 読書の秋♪ | トップページ | 放射能は誰にも防げない »

2006.10.13

本当に価値ある情報はネットには無い

 ネット経由の情報は、広範囲でしかも速度が速いが、それの信用度を検証する事が出来ない。
 僕は基本的姿勢として「情報源を載せる」事にしているが、世の中のブログやHPでそれをやっているのはごく少数だ。大規模掲示板サイトやその他個人のHP、ブログでも、情報源のはっきりしない話が飛び交っている。
 それらの殆どは根拠の無い噂話に過ぎなかったり、デマ情報や意図されたガセネタだったりもするが、クリティカルに物事を考える事を放棄した日本人達は、扇情的なそれらを簡単に信用したり、面白がって利用する傾向があるみたいだ。

 結果、ネットの世界では醜悪な誹謗・中傷合戦が繰り広げられたり、事実が物凄く捻じ曲げられた状態で伝えられたりもする。

 また、基本的に無料が前提のネット社会での情報だが、価値ある情報は有償メディアへと流れる事になる。情報の発信者だって生きていかなかればならないのだ。また、お金を払ってでもそれを得る事を望む者がいる情報やストーリーを、みすみす無料で流させる程、市場主義経済システムは甘くない。営利企業はそれを商品化させる術に長けている。

 ただ、価値ある情報への取っ掛かりを、ネットで得る事は出来る。
 それに金を払ってアクセスする(つまり書籍等で求める)かは、各個人の判断に委ねられている。


結局、個人の価値観が重要なのね。って思ったらクリックしてね
http://blog.with2.net/link.php?268283

|

« 読書の秋♪ | トップページ | 放射能は誰にも防げない »

コメント

おっしゃるとおりだと思います。
記事全部、スッと、入りました。

「情報源を載せる」こと、 大切なことだと思います。
その意味もわかっているつもりなのですが、私は、ほとんどやってません。
だから、自分の書いたものに、情報の信頼性といった価値はない。と、思っています。
私なりの理由もあるのですが、今後の方向性を、改めて考えてみます。
ありがとうございました。

投稿: かめこ | 2006.10.15 00:12

かめこさん>
僕はブログの場合基本的に「公開された個人の日記」なので、情報源が無い場合は「個人の意見」だと判断して読んでいますが、多数派がどうなのかは判りません。
僕自身も、「個人的経験・意見」では情報源が自分自身なので、情報源を載せる事が出来ないのですが、そうではない、「他者に向けたメッセージ」をこめている記事では、必ず情報源を載せるようにしています。

投稿: mizzie | 2006.10.15 02:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/12190752

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に価値ある情報はネットには無い:

« 読書の秋♪ | トップページ | 放射能は誰にも防げない »