« 今年が寒く感じる理由 | トップページ | 国際寛容ディ »

2006.11.16

遺書

 NHK学園・人間学のレポートで、
”自分が不治の病で余命間近という想定のもと、残される人に別れの手紙を書きなさい”
 と言うのがあった。
 ”手紙の宛て先は自由、何を書くべきかじっくり考えること。”
 となっているのだが、少しここで練習してみよう。

 

 宛て先自由だが、独身の僕は遺書の宛て先としての「妻子」が除外される。今は恋人もいないので(さみしー・・・)それも対象外だ。

 

 ・・・。

 

 書く相手がいねえよーーっ!!

 

 仕方が無い。宛て先を不特定多数に設定して遺書を書こう。

 

前略

 私mizzieはこの度、劇症肝炎(ウソ)で余命1ヶ月と宣告されてしまいました。今、皆がこれを読んでいると言う事は、僕はもうこの世にはいないという事になっている筈です。

 35年。自分では人生の折り返し点だ。くらいに思っていましたが、まさかこんなに早くあっち側の仲間達の所に行く事になるとは思ってもいませんでした。振り返ればこの35年、中々に楽しい人生でした。その僕を支えてくれた皆には本当に本当に感謝しています。

 チーム監督でチームオーナーだった〇×さん、レースが出来ない体になってしまった時、チームにあった負債を全部チャラにしてくれた恩は忘れません。本当にありがとう御座いました。
 僕がレースを失くしたショックで精神的におかしくなっていた頃、色々と心配してくれた、面倒を見てくれたレース仲間の皆、特に僕の専属ピットクルーだった@#ちゃん、レーシングスーツメーカーのФ☆さん、二人がいなかったら僕はもっと早くにそこを去る事になっていたかもしれません。本当にどうもありがとう。
 そしてメカニック時代、僕にマシンを任せ続けてくれた〇▼くん。君と共にメカニック時代を過ごせた事を、選手権でタイトルを獲れた事を、僕は誇りに思ってるよ。

 渡米後も色んな人に世話になった。
 色々と気に掛けてくれて、世話もしてくれた〇●さん、相談にも乗ってくれた〇△さん、帰国後、突然訪米で泊めてくれた☆▼くん、そして『サンフランシスコ美味しいもの探検団』のみんな!
 楽しい思いが出来たのはみんなのおかげだよ。本当に本当にどうもありがとう。

 そして父さん、母さん。
 この家に生まれて、とても幸せだったと思ってる。
 生んでくれてありがとう。
 鈴鹿で死に掛けて、せっかく生き返ったのにまたこんな事になっちゃって、本当にごめんなさい。

 

 バイクのロードレースでは、国際ライセンスを取得して全日本選手権を闘うまでになった。バイク好きだった小僧が全日本選手権に出られるようになるなんて、望外の幸福を得たと思う。
 永住権を得てアメリカでも暮らした。異国で働きながら学んで、毎日が大変だったけど楽しかったよ。
 日本に帰って、目標にたどり着けなかったのは残念だけど、土産話を両手に抱えて、あいつらの所に先に行っとくよ。

 さて、僕の遺品とかについてだけど、
 引退後も捨てられずに取っていたレーシングスーツ、あれは僕と一緒に燃やして。写真も全部一緒に焼いて。
 本は図書館か学校にでも寄付して。衣類は欲しいって人がいたらその人にあげたらいいよ。
 パソコンはデータの読み出しが出来ないように、ハードディスクをプレスで潰して捨てて。後の電化製品は中古で売り飛ばすか人にあげるかして。
 残った物は全部焼いて。僕の所有物で欲しがる人がいない物は、全部捨てるか燃やすかして。

 借金は無いから気にしなくていい。生命保険は父さん・母さんの生活費に回して。
 有価証券は全部売却して。生保以外の金融資産は全て現金化して、僕名義の預貯金と一緒に寄付して。

 寄付先は、「国境なき医師団」「ペシャワール会」「あしなが育英会」に等分でお願い。
 
 さて、そろそろ行く時間だ。
 もし可能なら、遺灰は全部、土佐湾に撒いて。
 イルカが跳ねる、あの真っ青な海に僕を眠らせて。

 僕はもうあっちに行っちゃうけれど、この、日毎に冷酷さと残酷さを増していく世界が、少しでもいい方向に向かう事を願ってる。
 人を踏んずけて笑ってるような人がいなくなるように、
 みんなが幸せになれるように、

 傷付く人も、傷付ける人も、一人もいない世の中になりますように。

 見えないけど、見てるよ。
 さよなら。

11/16/2006 T.S.mizzie

 

・・・。

 

 『遺書を書く練習』なのに、書いててしんみりしてきちゃったよ。

 これはあくまでも”練習”で、現実世界の僕は踏まれても撃たれても刺されても焼かれても死にそうにはないから、ブックマークを外したりなんかしないで、まだの人はブックマーク登録して、明日もここを見に来てねっ!
 

ついでに↓ココもクリックしてね
Banner2

|

« 今年が寒く感じる理由 | トップページ | 国際寛容ディ »

コメント

遺書の練習・・・
なのに、泣いてしまいました(T_T)

お父様、お母様宛に書いてある部分が特に。
私も書いてみようかしら・・・

うーん、親不孝娘の戯言しか出てこない気がします(-_-;)

投稿: りぉちん | 2006.11.16 00:44

号泣してしまいました。
つらい。
ほんとうにつらい。

今は、言葉が見つかりません。。。

投稿: ゆらら | 2006.11.16 17:07

りぉさん、ゆららさん>
これはあくまで”練習”なんだから、本人よりもしんみりしちゃダメだよーっ!!

ただ、もし僕が本当に死んでしまったらこれがそのまま僕の遺書として公式に効力を持つ事をここに宣言します。
つまり、書いてる事に嘘は無いって事。

投稿: mizzie | 2006.11.16 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/12605008

この記事へのトラックバック一覧です: 遺書:

« 今年が寒く感じる理由 | トップページ | 国際寛容ディ »