« 久しぶりにTVをじっくり視てみた | トップページ | なんじゃこりゃあぁ!!(松田優作風に) Part2 »

2006.12.04

近未来通信

『近未来通信を捜査 投資家に虚偽説明 400億円搾取か

今日の夕刊一面に、こんな記事が載っていた。

この”近未来通信”、かなり昔に我が家にも勧誘の電話だかパンフだかが来ていたような記憶がある。
近未来通信だけでなく、実に沢山の「いい儲け話があります」な勧誘は一時期かなりあったと思う。

「いい儲け話があります!」

「お前が儲かる話やろ?」

それはまず間違いなく、儲けるのはその儲け話を持ってきたヤツだ。
少し考えてみたらわかる。
そんな美味しい儲け話を、どうして赤の他人なんかに教えるのだ?
本当にそんなに儲かるのなら、借金してでも自分がやるだろう。

一千数百万の投資で、毎年一千万円近い配当。
年間利率50%以上の金融商品なんて、出資法上限金利の2倍近い。
借金してやっても年間利率25%という利益が出るのだ。そんな儲け話を、何故自分でやらずに人に教える?

「自分は十分儲かっているので、それを他人にも教えてやろうと・・・」

十分儲かった?お前はビル・ゲイツか?

本当にそんなに儲かるのなら、IMFから受けた債務に苦しめられている、第三国政府の財務省にでも教えてあげてくれ。

これは僕の主観だが、投資信託とかの金融商品、年間利率が20%ならこれはかなりのハイリスク・ハイリターン商品だ。
年率20%と言う金融商品は実在するが、そう言った高配当商品は大抵、何年かに一度は利率がマイナス50%以上、つまり投資資金が半額以下になるリスクも抱えている。

近未来通信が本当に毎年50%近い利益を上げる事が可能だったら、資本を個人投資家からの投資に頼らなくても、大口の投資家や銀行からの資金調達が出来ただろう。

それが出来ないから、無知な個人を騙しにかかるのだ。

”お金”を自分の最優先課題にする事はみっともないし醜い事だけれど、”お金”について知っておく事は、この市場主義経済世界では大切だ。
被害を受けたり、ひどい目にあってからでは、”知らなかった”では済まされない。

無知は、この世界でもっともいけない事だ。

 

 

年収230万円の下流社会構成員のクセに、
投資について語ってんじゃね~よ!って思ったあなたもクリックしなさい。(imperative form)

Banner2_1
ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« 久しぶりにTVをじっくり視てみた | トップページ | なんじゃこりゃあぁ!!(松田優作風に) Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/12933204

この記事へのトラックバック一覧です: 近未来通信:

« 久しぶりにTVをじっくり視てみた | トップページ | なんじゃこりゃあぁ!!(松田優作風に) Part2 »