« ~失恋有給休暇~ | トップページ | おめでとう! »

2007.01.23

どっちに付く?

ワシントンのシンクタンクから、「アメリカは日米軍事同盟で、東京を守る為にロサンゼルスを危険にさらしている」と言った類の論調が出ていた。
アメリカの政界にはアメリカが世界最強として君臨する『覇権主義論者』と、世界を幾つかのブロックに分け、それぞれ独自にその地域で覇権を持つ、いくつかの大国にその地域を任せよう。という『多極主義論者』がいるのは、幾人かの国際政治アナリスト達が主張している。
僕もその意見は筋が通っているし、ここ十数年のアメリカの動きを説明するには、合理的な理論だと思う。

イラク戦争の失敗で、アメリカの覇権主義はその維持がほぼ不可能になってしまって、変わって多極主義者が台頭してきているように見えるのだが、そうやってアメリカが多極主義に傾いた場合、アメリカが世界最強の国として世界に君臨する事を前提に国家戦略を構築してきた日本にとって、国策の転換が必要だと僕は考える。

先日も、BSデジタルというある意味マイナーなメディアで、アメリカの政界ではそれなりの権威でもあるヘンリー・キッシンジャー氏が日米同盟について語っていたが、そこで氏は「あくまでもこれは私の個人的発言で政治的意図は無い。」と前置きをしていたが、「日本が本当に(将来的な)核武装を考慮していないとしたら、それは驚きだ。」と発言していた。

日本は、日米軍事同盟によりアメリカの核の傘に入る事で、『日本がもし核攻撃されたらアメリカが核報復してくれる。』と言う事を前提に、その軍事的要衝という地政学的な国土を持ちながら、核武装する必要なくここまでやってきた。

しかし冒頭で触れた論調からも判るように、アメリカは日本を守る事がコストに合わないと思い始めている。極東の貧困国だった日本と韓国は、奇跡的ともいえるような経済発展を遂げ、地域覇権を握るには十分と言えるほどの国力を持つまでになった。その国を守る為に自国を危険にさらすのは、アメリカの国益には合わない。
それは至極合理的な考え方だ。

番組の中でキッシンジャー氏も語っていたが、今後は日本も日米同盟に依存しすぎず、憲法も変えて軍隊を持って、自衛隊をさらに強力な軍隊にして、そして将来的には核武装して核抑止力を持つべきだ。と主張していた。

もう日本を軍事的に守るのはやめよう。と言い始めたアメリカだけど、現実的に考えても、借金だらけのアメリカには他国を守ってあげるような余裕は無いのだ。だから、日本もきちんと軍隊を持って、自分の国は自分で守れ。と言い始めている。

しかしながら、

アメリカは日本に『自分の国は自分で守れ』と言いながら、日本にはアメリカと一緒になって東アジアを搾取対象とする事で、日本と共に東アジアから経済的利益を得ようとしている。

さらに、ペンタゴン(だったと思う)の今後20年間のアメリカ外交軍事戦略では、アメリカの仮想敵国は中国になっている。
2020年までに、中国はアメリカにとっての軍事的脅威になるという想定で軍事戦略を考えているのだ。
(注;これは2005年に僕が読んだ『Rumsfeld's war(原書で読んだので邦題は不明)
』に書いていた事だから、ラムズフェルド氏が退任した今となっては、また違った政策が立案されているのかもしれないが。)

恐らくアメリカは、中国という新しい脅威に対する防壁として日本を考えている。
日米共同開発中の戦域ミサイル防衛構想は、日本共産党が「集団的自衛権に抵触するじゃないか!」と主張していたが、彼等の指摘は残酷だが正しい。
アメリカが日本と戦域ミサイル防衛構想を共同開発しているのは、北朝鮮の核の脅威から日本を一緒に守ろう。なんて親切な物ではない。
アメリカが狙っているのは、

膨大な研究開発費を日本にも分担させる事と、
日本の高度な先端技術を利用したいのと、
中国からアメリカ本土に向けて飛んでくるミサイルを、日本海上空で撃墜する為だ。

アメリカにとって、日本はユーラシア大陸への前線基地であり、大陸の脅威に対する防壁なのだ。
世界地図を、大陸から太平洋に向かって見た場合、沖縄諸島と日本列島は壁のようなものだ。
アメリカはその壁を使って、冷戦中はソビエト太平洋艦隊を閉じ込めていた。海上自衛隊の対潜哨戒・索敵能力が世界最高と言われるのは、その政策の副産物だ。

現実問題として、アメリカは戦後60年間、日本を形だけとは言え核の脅威から守ってきた。
でも、もうアメリカは「日本を守る余裕は無いから、お前らはお前らで自分の事くらい守れよ」と言っている。
しかし、東アジアを搾取対象として、東アジアから利益を得ようとしている。

ちょっと待ってくれ。

俺達は、自分達を守ってくれる訳でもなければ、手を貸してくれる訳でも理想を説いてくれる訳でもない奴等と一緒になって、アジアを搾取対象にし続ける必要があるのか?

俺達日本人はアジア人だよな?

パキスタンも、インドも、ネパールも、チベットも、ミャンマーも、ラオスも、カンボジアも、ベトナムも、タイも、インドネシアも、フィリピンも、中国も、モンゴルも、朝鮮も、日本も、皆同じアジア人だよな?

その同じアジア人を、アングロサクソンと一緒になって搾取するのか?

そしたら、きっとアジアの民は思うだろうな。
「日本人は白人の犬だ」って。

俺達日本人がやるべきなのは、白い略奪者と一緒になって他のアジア諸国民を自分勝手に支配したり搾取する事なんかじゃないはずだよな?

17世紀以降、世界中で俺達と同じ有色人種を圧政下に置いたり、略奪や搾取や殺戮の対象にしてきた白人達を、1905年に世界で最初に(形式的にとは言え)軍事的に打ち負かして、世界中の有色人種から評価されたのは日本人だよな?

俺達が取るべき世界戦略は、大陸からの防壁となって白い略奪者達の盾になったり前線基地を提供する事じゃなくて、大陸と大陸を結ぶ調停者として、略奪者を追い払い、同じアジアの民の発展を援助する事なんじゃないのか?

俺達が他のアジア諸国に求められている事があるとしたらそれは、白い略奪者達の走狗になる事じゃなくて、自民族中心主義の大陸国家や、貪欲な白い侵略者達に、堂々と理を説く道徳者になる事だよな?

 

明治維新の後、俺達が憧れた白人は野蛮で乱暴なカウボーイなんかじゃなくって、ダンディーなジェントルマンだった筈だよな?
西欧へのキャッチアップも達成して、世界第二位の経済力と、世界第四位の軍事力を持つ国になった俺達だけど、今度は他のアジア諸国が憧れるようにならなけりゃいけない。ってオイラは思うんだ。

これからの日本人が目指すのは、白い略奪者と一緒になってアジアを搾取の対象にする事なんかじゃなくて、世界中の誰にもわかるやりかたで、世界中が理解出来る方法と言語と表現で、俺達の勇気と矜持を世界に示し続けること。なんじゃないのかな?

 

日本を世界から尊敬される、本当に「美しい国」にしたい。って人はブログランキングをクリックしてね♪
Banner2_1
ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« ~失恋有給休暇~ | トップページ | おめでとう! »

コメント

自衛隊がどうとか、核武装がなにとか、そんな論調を見聞きするたびに「あ~もうメンドウやし、日本はアメリカの50何番目かの州にしてもらえばいいやん!」といつも思っているのですが、もし実際にそうなってしまったらきっと日本人を辞めると思いますね。
このままでは、うちのちびどもは国際社会において、誇りと自信をもって「私は日本人です」と言えません。美しい国はどこにある?

投稿: hana | 2007.01.23 21:52

hanaさん>
もし仮に、日本が合衆国の51番目の州になったとしたら、全米最大の経済力と人口と州軍を持った州が誕生してしまう!と思ったのですが、

もし本当に日本がアメリカになっちゃったら、

日本のプロ野球はどうなっちゃんだろう!?

って言うのは冗談ですけど、今の「金の為、と言う理由が付けば全てが正当化される日本」は、確かに他国には誇れませんよね。
日本がイヤになって国を飛び出したオイラですけど、イザ国を出て異国で暮らしてみると、日本のイイトコとか見えてきて、かつ自分の中にある日本人としてのアイデンティティーを再認識して帰国したのですが、今の若い子達がそんな感じで、どんどん海外に出て「世界の中の日本」を意識して帰国してきてくれたら、20年くらいしたら変わり始めるんじゃないかな?って淡い期待はあります。

投稿: mizzie | 2007.01.23 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/13477972

この記事へのトラックバック一覧です: どっちに付く?:

« ~失恋有給休暇~ | トップページ | おめでとう! »