« 自己覚知 | トップページ | 介護職地位向上委員会 »

2007.02.04

ユナイテッド機長からのサプライズ☆

今回の訪米でも色んな経験をして、僕はシスコを後にした。
前回渡米時に瑞希くんから教えてもらった「ビジネスにアップグレードさせる方法」を試すべく早起きしたオイラだけど、ホームレス対策でシスコ市内では地下鉄駅が8時まで閉鎖されており、仕方が無いのでJACK IN THE BOXっていうファストフード店で朝食を獲りながら時間を潰す。

地下鉄駅が開いてからサンフランシスコ国際空港に向かうが、着いた時は時既に遅く、ビジネスアップグレードはならず。

でも帰りは窓側の席だし、食事もフルーツプレート指定してるし、隣の席にはキレイなお姉さんが座ってるし、まぁ、特に悪くはないかな?って空の旅でした。

ランチを食べてからは睡眠薬を飲んで爆睡。目覚める頃には日本上空。
ゼンゼン雪の無い山々を眼下に眺めながら、地球温暖化に心を馳せているうちに関空へ到着。
生まれ変わったユナイテッドはキチンと定刻通りに飛ぶので、機体後部の座席に座っていた乗り継ぎ時間に余裕のある僕は、のんびり荷物を出して最後に降りる乗客になっていた。

通路をテクテク歩く僕に、非常口横で、ギャレーで、キャビンアテンダントさんが挨拶をしてくる。最後に、チーフパーサーさんが出口横に立って笑顔で僕が歩いてくるのを見ている。

で、どうせ最後に降りる客になってるから後の事は気にしなくてもいいし、このクルー達は関空に着いた時点で仕事は終わってるわけだから、飛行機マニアなオイラは、ちょっと一言ワガママなお願いをしてみた。

「コクピットの写真を撮らせてもらえませんか?」

日本は数年前に、「飛行機を操縦したかった」なんて動機でANA機をハイジャックして機長を刺し殺したバカがいて、そいつのおかげで操縦室にはフライトクルー以外は”絶対”立ち入り禁止になっている。
アメリカの航空会社も、911テロのお陰で原則として乗客はコクピットには入れない。
(昔は飛行中でも見学させてくれたらしい)

でもそのパーサーさん、僕からのお願いに
「ちょっと待っててね」と言ってコクピットに入って行ったと思ったら、操縦室のドアが開いて、
「いいわよ。入ってらっしゃい。」
って手招きしてくれる。

パーサーさんに招かれてコクピットに入ると、そこには世界最先端の航空電子技術に囲まれた、飛行機マニアとして夢にまで見た、ボーイング777のコクピットが!!

Img_0324  

 

 

 

 

 

 

国際航空法では、機内では機長に全ての権限が与えられえている。
機長が必要だと判断すれば、機長は国際航空法を破ってもかまわない。となっているのだ。

一般乗客立ち入り禁止の操縦室に僕を招きいれ、写真撮影までさせてくれたのは全て機長の判断だったようで、操縦室内に入ってきた僕を、機長と副操縦士が陽気に優しく迎えてくれる。

男の子で、パイロットに憧れなかった奴なんていない。

カタコトの英語で、「僕は子供の頃、パイロットになる事が夢だったんだ。ここに入らせてくれて凄く嬉しいよ。どうもありがとう。」と僕が言うとその機長、

「じゃあその機長席に座れよ。」と笑顔で言う。

「本当にいいの!?」
驚いてそう答える僕に、

「いいから座れよ、ほら。」と言って、僕を機長席に座らせてくれた。
「ついでだ、これも被っとけ。」と言って、僕の頭に機長の帽子を被らせる。
そして僕の手からカメラを取り、機長が自らシャッターを押してくれた。

Img_0325

 

 

 

 

 




見よ、このオイラの満面の笑み。
この瞬間は幸せの絶頂にいました僕。

コクピットで僕が機長、副機長と一緒に楽しく語り合ってる間に、キャビンアテンダント達は着陸後の仕事を全て終えてしまったようで、で、機から降りるユナイテッドのフライトクルー達と一緒にウィングシャトルに乗った僕は、ユナイテッドのパイロットやスッチー達と楽しく語りながら、入国審査場へ。

フライトクルーは乗客とは入国審査が別なので、そこで機長とチーフパーサーさん、その他のユナイテッド航空クルーの皆さんにお礼を言って、入国審査を済ませてからVISAのラウンジで時間を潰し、関空発高知行き、ANA便で帰路についたのでした。

関空発高知便も高知止めの機なんだけど、操縦室内撮影をいちおー頼んでみたらやっぱり断られちゃいました。

ただ、911テロの後、アメリカの航空会社は保安基準が変わっていて、写真には写ってない(写させてくれない)けど”ハイジャック絶対不可”になっているので(ハイジャックしようとしてら確実に死ねます)、ユナイテッドの機長が僕を操縦室内に招き入れたのは、そこからくる余裕だったのかもしれません。

夜勤明けでフラフラになりながらだった今回の訪米だけど、
最初から最後まで楽しめて、最後の最後にこんなスペシャルサプライズまであって、とてもとても楽しめたのでした。

こんなステキな体験をさせてくれた、ユナイテッド航空の機長とパーサーさんに対するお礼も込めて、ここで大きな声で叫んじゃおう。

ユナイテッド航空は世界最高だーっ!! (^^)
アメリカ路線は断然、ユナイテッド航空がお勧め
United Airline is the best airline in the world!! 



アンタばっかりいい思いしてズルイ!って思った人も思わなかった人も、ブログランキングもクリックしてね♪
Banner2_1
ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« 自己覚知 | トップページ | 介護職地位向上委員会 »

コメント

うらやましい~!!!!!
やっぱり言ってみるモンなんですねぇ・・・。すごい!そして粋な計らいをしてくれはった機長さんもグッジョブですね~。こういうときって、神様がくれたごほうびなんですよ。よかったですね。

投稿: hana | 2007.02.04 21:37

楽しい経験が出来ましたね☆
機長さん、話が分かるヒトでよかった~。
きっと、mizzieさんの好奇心いっぱいの瞳が、
パーサーさんから伝わったんだと思いますよ♪
この写真は、宝物ですね!!

投稿: ゆらら | 2007.02.04 22:51

hanaさん>
神様からのギフト、めちゃめちゃ嬉しかったですよぉ♪
あの、トリプルセブンの機長席ですもんね。来年は遂に、787が成田ーシスコ線に導入されるのですが、密かにそっちも狙ってますオイラ。
50代とおぼしきこの機長、中々にカッコいいおっちゃんでした。

ゆららさん>
あと、多分僕は”飛行機好きな少年”に見られてたのかもしれません。
アジア系は若く見られるのですが、その中でも僕は特に若く見えるようで、シスコで寿司職人してた頃も客から、「あのスシボーイは幾つなんだい?」とか言われてましたから。
機長もそうでしたが、ユナイテッドのクルーは皆さんとてもフレンドリーでした。特にチーフパーサーさんだった白人の女性が。

投稿: mizzie | 2007.02.06 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/13733894

この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド機長からのサプライズ☆:

« 自己覚知 | トップページ | 介護職地位向上委員会 »