« 俺には関係無いけどさ・・・ | トップページ | 寝すぎ? »

2007.02.20

Medal of honor(議会名誉勲章)

「ん、ありがと。」

「ありがとう。」

「どうもありがとう。」

「本当にどうもありがとう。」

「ア・リ・ガ・ト」

「ホンマに嬉しいちや!どうもありがとう!!」

介護者として高齢者福祉に携わっていると、実に様々な形での「ありがとう」を受け取る事になる。
とりあえず形だけの謝意を示す儀礼的な「ありがとう」から、
他者の介助無しには生活を維持出来なくなった自分を嘆き、そんな自分達の生活を介助してくれる介護者達に対する敬意と謝意の混じった「ありがとう。」、
脳梗塞後遺症や高度に進行した認知症で、その発語能力を失いかけた高齢者達が見せる回復の瞬間としての「ありがとう」、
そして、陰鬱に消化試合の様な毎日を送っていた高齢者達に、その単調な日常に彩をそえようとこちらが企画した事に対する驚きと感激の混じった「ありがとう」

文字にしてしまえば全く同じ「ありがとう」だけれど、その一つ一つは見事なまでに違っていて、言葉の重さも謝意の深さもどれとして同じものは無い。

この仕事を始めたばかりの頃は、自分のした事が誰かに感謝される。そのこと自体が嬉しくて仕方が無かった。毎日、「自分が誰かの役に立っている」その感覚をビシビシ感じながら働ける仕事なんてそんなにはない。

しかし、

僕等は”プロの”介護者だ。

自分達の行為が感謝されるのは、仕事の質としては必要再定条件だと言える。
勘違いしないで欲しいのだが、「感謝されて当然」とは微妙に違う。
「儀礼的な感謝しかしてもらえない」そんな仕事しか出来ない介護者はプロじゃない。

僕は大体、月に1回あるかないか程度の間隔で、とても深く感謝される事がある。発語なんかほとんどなくなったじーさんばーさんから「ありがとう」を引き出す時がある。

これは介護者にとって、Bronze Star(銅星章。アメリカ軍の勲章)みたいなものだ。

発語をなくしていたじーちゃんから「ア・リ・ガ・ト」って言わせた事が一回、オイラの企画したレクに涙を流さんばかりに喜んで「ホンマにうれしいちや!どうもありがとう!!」って言われた事が一回。

この2回は、介護職者としてのSirver Star(銀星章。銅星章よりも上級の勲章)だと思ってる。

実務14ヶ月目に突入し、それなりの経験を積んできて、古参には程遠いけどそれなりにキャリアも積んできたオイラは、もうBronze StarやSilver Starじゃ満足できない。
オイラが欲しいのは、人生を”諦めさせられてしまった”じーちゃんばーちゃん達の口から聞きたいのは、介護職者として高齢者福祉に携わる者にとって、Medal of Honor(議会名誉勲章;アメリカ軍で最高位の勲章)に匹敵すると考えてる究極の一言、

「生きててよかった。」

だ。

最前線に立つ介護職者として、いつか必ずこいつをじーちゃんばーちゃん達の口から言わせるような仕事がしたい。って思ってる。
ただ技術が優れてるだけじゃダメだ。
知識も役には立つだろうけどそれが全てじゃない。
オイラが一人で頑張ってもダメなんだ。26人の職員が全員でQOLを高めていける介護を提供して、じーちゃんばーちゃん達が生きる事に希望を持てるようにしないと。

この言葉が携わった皆から聞ける、そんな職場に、オイラは変えたい。



アンタは理想だけなら名誉勲章ものね。って思ったら、
僕に理想を形にさせる為に応援クリックしてね!

Banner2_1
ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« 俺には関係無いけどさ・・・ | トップページ | 寝すぎ? »

コメント

どうでもいいことなのですが……
何故、アメリカ軍の勲章にたとえるのでしょう??
わしは戦争反対派、軍隊反対派なので、
違和感をおぼえてしまいました。
mizzieさんにとって“分かりやすい”たとえ、
ということなのでしょうけれど……。

投稿: ゆらら | 2007.02.20 17:38

ゆららさん>
勲章に例えたのは、比喩としては僕にとって表現しやすいマテリアルだったからです。
僕も戦争反対派だし、誰かを殺したり誰かに殺されたりなんかするのはそんな事はもちろんイヤなんだけど、機能を追及した軍用航空機とか船とかには、見とれてしまうこともあるオイラです。
実戦使用さえされなければ単純に「カッコいい」って見てられるのにね・・・。

投稿: mizzie | 2007.02.21 17:10

>自分達の行為が感謝されるのは、仕事の質としては必要再定条件だと言える
まさにその通り!そしてひとつツッコミをいれるならば「感謝される」のではなく「相手の役に立つ」のです。
役に立てる存在であることは、介護職員にとってできて当たり前のことです。

ところで今日の文章、「ヘルプマン!」の最新刊っぽいですね。やっぱりみんなの理想はひとつなんですね~。

投稿: hana | 2007.02.22 00:20

hanaさん>
あ、やっぱりわかっちゃいました?
ヘルプマン7巻に影響受けてる部分かなりあります今回の記事。
そーなんですよね、利用者の役に立つ事が僕等の仕事なんですよね。

投稿: mizzie | 2007.02.22 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/13937569

この記事へのトラックバック一覧です: Medal of honor(議会名誉勲章):

» 介護 認知症(痴呆症) [介護の知識]
痴呆とは、いったん得た知能が成人になってから脳の損傷、または疾患により、持続的に低下する状態をいいます。痴呆性高齢者には、脳血管性痴呆とアルツハイマー型痴呆がほとんどです。脳血管性痴呆は主に脳梗塞を繰り返したり、広範囲な梗塞が原因となり特徴とし... [続きを読む]

受信: 2007.02.24 01:24

« 俺には関係無いけどさ・・・ | トップページ | 寝すぎ? »