« Stimulator | トップページ | 恋愛特攻隊 vol..2 »

2007.03.06

ウランの浜サーフィン場と、放射能深層水

最近は政治的な記事書いてないなぁ・・・とか思ってたら、自分の地元で凄く政治的に考えさせられちゃう話題が持ち上がっているので、今日はその事について書こうと思う。

過去記事で僕は、四万十川の源流域に放射性廃棄物の最終処分場誘致計画が持ち上がって、という話を書いたけど、その話は地元住民・周辺自治体・県の三位一体反対コールで計画撤去にこぎつけたのだが、今度は、同じ高知県の東端に位置する過疎の町である東洋町が、高レベル放射能廃棄物最終処分施設候補地への応募を正式表明した。

この後の流れとして、応募が受理されれば2年間の文献調査の後、6年間の概要調査、そしてそれで問題が無ければ精密調査を経て候補地決定となり、高レベル放射性廃棄物最終処分場が建設されることになる。

高知県知事の橋本大二郎氏などはこの動きに対して、「非常に苦しい地方財政を逆手に取って、お金で町長なり議会なりを同意させていこうという国のやり方はおかしい。」と公式に発言して、明確に反対・拒否の姿勢を示している。地元住民も6割が反対署名に名を連ねた。

しかし現実問題として、年間予算20億円ちょいの困窮財政自治体である東洋町にとって、10年間で約45億円の補助交付金は魅力的過ぎる。
東洋町には、細々と営まれる農業と漁業の他には、『生見の浜』っていう世界的に有名はサーフスポットがあるくらいで、これといった産業は無い。
(高知県には、いい波が立つ浜が幾つかある)

あのコイズミが推し進めた弱者切り捨て、地方切り捨て、取りやすい弱いところからはぎ取り、強者にはさらに与えられるシステムの推進・普及(そして広い国民の支持)の結果、財政基盤の弱い地方自治体は財政的兵糧攻めに遭い、もう数をカウントするのも嫌になるくらいの数の集落が崩壊させられ、そうやって山と川と海しか無いようなイナカの自治体を干上がらせた後で、交付金の見返りと引き換えに迷惑施設を押し付ける、この国のやり方には僕個人も「それはどうか?」と思うのだが、

そして、
今回の騒動は、原発につきものの放射性廃棄物の問題を放置したまま、全国で五十五基もの原発を推進してきた日本の原子力行政のひずみをあらためて問題提起したともいえる。 』
とか、
『財政難に苦しむ自治体の弱みにつけ込み、カネの力で処分場を押しつけるからおかしなことになる。四国と九州の十数自治体が関心を示しているようだが、本当に処分場を誘致するつもりはなく、事前調査に伴う交付金が目当て。いずれにしても正常な形で処分場ができることはない』
と言う意見もあるのだが、

この国の、『高レベル放射能廃棄物なんて物騒な物は、どこか遠くのイナカにでも埋めちまえ』って発想は、国民から圧倒的支持を取り付けた自民党政権によって運営されているのだ。
それが如何に軽はずみな動機による支持だったかとか、自分の権利と責任についてはミトコンドリアの脳味噌(そんな物あるのか?)以下の考えしか持たなかった投票棄権による支持だったか(投票棄権は当選者への支持と同義になる)とか、そんな事は関係無いのだ。
この国の原子力政策は、民主的な手段で選ばれた政治家達が、民主的手続きに則って運用している、国民の合意を得た政策なのだ。

東洋町は限界まで締め付けられた財政事情もあって、のどから手が出るほど欲しい交付金を目当てに候補地調査応募をした訳だが、生見と言うサーフスポットを消したくないサーファー達や、すぐ近くに海洋深層水の取水地を抱える橋本知事が反対に周るのは判る。
阪神地区のサーファーが大挙してやってくるくらいにいい波の立つ浜が、ガイガーカウンター振り切る『放射能の浜』なんかになられたら困るだろうし、健康にイイ。ってのを売りにしている海洋深層水が、放射能に汚染された『放射能深層水』なんかになられたら困る。
(『放射能深層水』を売り出すならキャッチコピーは、「アナタの細胞を遺伝子レベルから破壊!」になるのだろうか?)

しかし、『アブナイもの、ウルサイもの、メイワクなものは、どこか遠くの金に困ってるイナカに押し付けちまえ』

って政策は、国民の多数派からの支持を得ているのだ。

俺は時々、この『民主主義』って奴が本当に嫌になるよ・・・。



 
迷惑施設をイナカに金で押し付ける政策には反対だ!
って人はクリックしてね。
Banner2_1
ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

 

参照記事
高知新聞(Web版)
http://www.kochinews.co.jp/0701/070126headline01.htm

東京新聞(Web版)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20070201/mng_____tokuho__000.shtml

|

« Stimulator | トップページ | 恋愛特攻隊 vol..2 »

コメント

トラバありがとうございます。いや~、私の愛する高知県があんなことに・・・町長さん、ガンバレ!いや、がんばっていいものなのかどうか分かりませんが、とにかく民主的に!みんなクールに!!
日本有数のサーフ天国が実はウランの浜だった・・・なんてシュールすぎますよねぇ。
かといってもう日本のエネルギーは原子力に頼らねばならない状況なのは変えられない事実・・・都会が率先して「やっかいもののうけいれ」をしてくれたら、もう少し人々の関心も高まるのでしょうけど。原発イコール危険なもの、と安直に決め付けるのではなく、なぜ原子力に頼らなければならないのか、安全に原子力発電所と共存するにはどうすればよいのかを、もっともっと関心を持って考えなければダメです。
まぁ、この国はトップからしてちょいとカルめのおつむなので、こんな難しいことは考えないんだろうなぁ・・・。

投稿: hana | 2007.03.06 21:59

hanaさん>

>なぜ原子力に頼らなければならないのか、安全に原子力発電所と共存するにはどうすればよいのかを、もっともっと関心を持って考えなければダメです。


よくぞ言ってくれました!
オイラがこのコラムにこっそりと忍ばせたUnderlying message、完璧に汲み取ってられてます。

投稿: mizzie | 2007.03.07 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/14144087

この記事へのトラックバック一覧です: ウランの浜サーフィン場と、放射能深層水:

» 田舎暮らしの農業【田舎暮し情報】 [田舎暮しのための節約と投資]
トラックバック失礼します。田舎暮らしの農業について記事を書きました。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2007.03.06 03:31

» 田舎暮し、探していた何かが見つかるかも!! [田舎暮しに憧れて、古民家再生で田舎暮しを目指せ!]
憧れの田舎くらし、何かが見つかるかも・・・。自然の恵みや自ら作った旬の野菜を食べてみたい。時間に... [続きを読む]

受信: 2007.03.19 09:39

« Stimulator | トップページ | 恋愛特攻隊 vol..2 »