« ウランの浜サーフィン場と、放射能深層水 | トップページ | 出会い系サイトにからかわれてみた。50円バトル編 »

2007.03.07

恋愛特攻隊 vol..2

過去記事で、友人が少し難しい相手と恋愛している。と書いたが、あの後、本人と直接話を聞いて(と言うか『即席何でも相談室』にされて)、少しだけ見えてきた事とか、興味深い事とかもあったので、本人の許可を得て、ブログのネタにさせて頂く事になった。

「そんなに人の恋バナをブログのネタにしたいのかよ?」
(注:土佐弁の部分は僕の書き言葉に直してあります)

「最近書く事がねぇんだよ。」

「書く事無いなら書かなくてもいいだろう?」

なんてやりとりから始まった会話だが、聞いてて判ったのは、タカ(仮名)はその人に、ほぼ確実に惹かれている。確信は出来ないのだが、本気で好きなのならば恋愛って戦略も必要だから、それなりに策を練ればいいんんだろうけれど、僕もタカ(仮名)もお互いに、そういう事が出来ない性分だ。

「でもホントに好きなんだったら、相手に好きになってもらうように努力すればいいじゃん。」

「ところがそう簡単にいかない。」

「どうして?」

「もう、俺は自分の事かなり素で晒してるから、今更好かれるようにキャラ作ったって意味が無いだろう?」

「素のお前晒してって、どこまで晒したん?」

「殆ど全部。」

「えっちなトコとか自堕落なトコとか利己的なトコとか私生活秘密主義なトコとか?」

「あとクールを装ってるけど実はめちゃくちゃどんくさいトコとか、男のクセにケーキに目が無いトコとか、人に弱みを握られるのが嫌いだから人嫌いなトコとか、そんな事も話した。」

「で、そんなややこしいお前はその子に嫌われた。と。」

「いやそうじゃない。そのまま全部受け入れられてる。」

「だったら問題なんか無いじゃねえか!そんな女なんてそういないぞ。目の前に転がってきたチャンスボールをシュートしなくてどうする?躊躇わないで掴みとりゃいいじゃんか。」

「問題アリなのは彼女の方なんだ。」

「へ?」

「彼女、多分ココロを病んでる。」

「統合失調症とか躁鬱症とか境界性人格障害とかみたいな?」

「そんな難しい単語言われたってわかんねぇよ。ただ彼女、とにかく自分に対して批判的で悲観的で内省的で内向的で、何て言うのかな?・・・・。」

タカ(仮名)の話を総合するに、その子は自分に対する自己評価がとても低く、自分には全く自信が持てないようで、それ故に建設的な人間関係を築く事がとても出来難くなっているらしい。僕個人としては、そんな二人がどういう経緯で出会い、お互いの事をそこまで話し合えるようになったのか、と言う事にとても興味を感じるのだが、それについてはこちらからは聞かないでおいた。いずれ話したい時が来たら奴の方から話してくるだろう。そして僕は奴にこう言った。

「その子のケースって、ACoAのパターンに似てるな。」

「なんだよそれ?」

「よーするに、子供の頃に受けた心の傷の為に苦しんでる人かもしれない、って事だよ。」

「俺はどうすればいい?何が出来る?」

「好きなのか?」

「多分。」

「多分?」

「ああ多分、だけどとても深く。」

・・・しばし沈黙・・・

「だったら答えは一つしかない。お前がその子のいい所を見つけ出して、それを評価して受け入れてやる事だよ。もしその子が俺がアメリカで学んだ、って言ってもかじった程度だが、ACoAだったとしたら、その子が自分を受け入れて、建設的な人間関係を築いていけるようになる為に必要な事は二つ。誰かに自分の全てを受け入れてもらって評価してもらって、自分に自信を付けて自己評価を高める事と、他者とのつながりを回復させて、圧倒的なまでに誰かから愛される事が必要なんだ。お前その子の事が好きなんだろ?心のプロとしてACoAと向き合うカウンセラーやソーシャルワーカーには、クライアントの自己評価を高めさせる事は出来ても他者とのつながりを回復させる事は出来ないんだけど、カウンセラーじゃないお前ならその両方が出来る。」

「そうか、」

「でも考え方によっちゃ、お前はその子にとってぴったりな相手かもしれないな。」

「なんでだよ?」

「お前の欠点は、相手に全てを与えちまう所だからだよ。」

「どーしてそれがいけないんだよ!好きだから与えられるもの与えるのは当然だろ?」

「俺も同じ失敗を繰り返してきたから学んだんだけど、全てを相手に与えちまうお前は、最後にお前が与えられない最後のモノを相手に求めさせちまうんだよ。」

「何だよ、その俺が与えられないもの。って?」

「・・・新しい恋人だよ。」

この後の二人がどうなったのか、まだ今の僕には判らないけれど、ココロの深い所に傷を抱えた彼女が、タカ(仮名)から圧倒的なまでに愛されて癒されて、二人が幸せになるのか、それとも傷を癒した彼女が、癒されてまともになったが故に、過去の恋人達のように奴を置いてどこかに行ってしまうのか、それは今の僕には判らない。

とりあえず、二人の恋を暖かく見守って行く事にしよう。
今日、3月6日、『タカ(仮名)の恋を暖かく見守る会』(会員1名)
が結成された(^^)

オイラも、誰かから暖かく見守られるような恋がした~い!

 

 

政治について書く介護ブログのクセに恋の話書いてるけど、
続きが聞きたい!って人はクリックしてね♪
Banner2_1
ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« ウランの浜サーフィン場と、放射能深層水 | トップページ | 出会い系サイトにからかわれてみた。50円バトル編 »

コメント

はいはいは~いヽ(^o^)丿
>『タカ(仮名)の恋を暖かく見守る会』
参加します(笑)

話を聞いていると・・・
昔の自分を思い出しました。

オイラも自分には本当に自信がなくて
自己評価は常に低かった・・・
ま、今でも低いですが(笑)

低いなりに頑張って生きています!!
その彼女が、タカさんに癒されて、自分の存在を受け止めてもらえたら、きっと嬉しいと思うなぁ・・・。
うまくいくことを祈っています^^

投稿: りぉ。 | 2007.03.07 00:42

りぉさん>
過去、僕の女友達にも何人か、このACoAであろうと思われる方がいました。
学術的にはACoAは自己否定的、自己破壊的傾向のある人になりやすいのですが、そうならなかった場合も何かの依存症になったり、色々と問題行動に繋がりやすい少し厄介な心の不調ではあります。
タカ(仮名)が、上手に彼女を癒してあげる事が出来るのか、オイラも興味深く、かつ暖かく見守っています。(^^)

投稿: mizzie | 2007.03.07 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/14166816

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛特攻隊 vol..2:

« ウランの浜サーフィン場と、放射能深層水 | トップページ | 出会い系サイトにからかわれてみた。50円バトル編 »