« モラトリアム | トップページ | なりたかった職業 »

2007.04.24

恋愛特攻隊 愛の理学療法士編

-----Original Massage-----
From:"タカ(仮名)"<taka***@****.ne.jp>
To:"mizzie"<mizzie@*****.com>
Sent: Sunday, April 22, 2007 9:56 PM
Subject:秘密のデートスポット教えろ! 
  
元気?(以下中略)でさ、mizzieが昔話してた、四国一夜景がキレイなトコ、どうやって行くのか教えて。
 
 
-----Original Massage-----
From:"mizzie"mizzie@*****.com>
To:"タカ(仮名)"<taka***@****.ne.jp>
Sent: Manday, April 23, 2007 11:56 PM
Subject:Re 秘密のデートスポット教えろ!
 
ぜ~ったいにヤダ!!
それくらい自分で探しなさい。

From T.S.mizzie
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
「・・・mizzieさぁ、こないだ車貸してあげたじゃん。俺のお陰でお泊りデートも出来たんだよな?ちょっとくらい教えてくれてもいいじゃんかよぉ。ヒントだけでもいいから教えて。お願い。」
 
「って言うかさ、あそこは俺にとっても『勝負スポット』なワケよ。これもヒントになっちゃうんだけどさ、そこは山霧出るから一年の殆どが霧に覆われてて、気象条件が全部揃ってキチンと夜景が見られる時って殆ど無いワケ。その全てが揃った時で、なおかつ俺とななか(仮名)の休みが重なってないと行けない場所だからさ、俺も最近はずっと、その条件が揃うチャンスを待ってる訳よ。でさ、今俺がお前にソコを教えてさ、その日その場所でお前と鉢合わせなんてヤでしょ?」
 
「…確かにちょっと嫌かも?そこでお前と会った瞬間に、お互いが「こいつ、今夜は勝負賭けてるな」って思うのは、シャレとしてはセンス悪いよな。」
 
「だろ?トコロでお前、彼女とはそれ大丈夫な様にはなったのかよ?」
 
「へへ。結構いい感じに進展してるよ。」
 
「”愛のリハビリ”は順調な回復過程にある訳なんだ。」
 
「今日から俺の事を『愛の理学療法士』と呼んでくれ。」
 
「って事は、もうしたの?」
 
「ううん。そっちはまだ。そこまで進展はしてない。けどさ、その一歩手前くらいまでは来てるよ。」
 
「よくガマン出来てるよなお前。自分の好きな人が自分の事好きでいてくれてて、しかもその相手はあんなカワイイ娘でさ、でもえっちはできない。それはそれなりに溜まるやろ?」
 
「そっちは想像に任せるよ。でも彼女もさ、「させてあげられない」ってのを負担に感じてくれてるみたいでさ、ピー(自主規制)を一生懸命ピーだったりするわけよ。」
 
「へー。ピーピーねぇ。そりゃまた随分と健気な娘だねぇ。」
 
「こないだmizzieからデジカメ借りてた時もさ、〇×でデートして、帰りに・・・でゴハン食べて、ブッブー行って、ピーピンポーンブブーだったからピーでさ、ちゅど~ん後でブッブーピーしてドッカーン。」
 
「へー。そりゃまたある意味凄いね。お前の事余程好きじゃないと、そこまではしてくんないよ普通。」
 
「うん。だから俺もさ、彼女がピーだからピンポーンファンファンピーなワケよ。」
 
「んで、お得意のピーパパパーンなワケね。さすがタカ(仮名)様。今日からお前の事を『愛の理学療法士』って呼ばせてもらうよ。」
 
「俺は彼女が喜んでくれたらそれでもう満足な訳。彼女が笑顔でいてくれる。それだけで俺は嬉しい。」
 
「お前さ、それ言ってて自分で恥ずかしくなんない?」
 
「ちょっとね。でさ、その『彼女の幸福追求』を至上命題にしちゃってるケナゲな俺の為にさ、mizzieの秘密のデートスポット教えてくんにゃい?」
 
「ダ・メ♪」
 
「えー、ちぇっ、ケチぃ。(-з-)」

「でもさ、ケナゲなタカ(仮名)君の為に、Alternative planとして別の夜景スポット教えたげるよ。お前んトコからだと国道33号線をさ・・・
 
 
 
 
って事で、ピー音だらけで何を書いてるのかさっぱりわかんない記事になってしまったけど、タカ(仮名)による彼女への愛の理学療法(作業療法かも?)は地道に効果を表しつつあるようで、男嫌いの男性不信で自己否定的で自己破壊的な性向のあったカワイイ彼女に対して、全開の欲望を全力の愛情で抑え付けながら、タカ(仮名)は彼女の凍った心に地道に優しい光を当て続け、そして、生まれて初めて本当に異性を好きになった、心に傷を負った彼女の小さな恋は、愛に変わろうとしている。
 
あいつ、浮気なんか絶対にしないし恋愛に関してはとてもマジメないい奴なんだけど、

「俺は100人とヤるよりは、1人と100回ヤる方を選ぶね。」

なんて真顔で言っちゃうくらいのセックス大好きヤローだ。それなのに、
ただ、『彼女を喜ばせたい・傷付けたくない』って想いだけで、ここまで頑張ってきた。
タカ(仮名)、君には僕から個人的にエクストラポイントをあげよう。
 
 
 
 
タカ(仮名):「そんなのいらないから、秘密のデートスポット教えろ!!」
 
僕:「だ・め・♪(^^)」
 
 
 
一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« モラトリアム | トップページ | なりたかった職業 »

コメント

タカさん、頑張っておられますね!!
愛しちゃってるんだなぁ、すごいなぁ……
タカさんの彼女さんも、頑張ってらっしゃる。
(ピー音のところを想像してみました)
うんうん、愛しちゃってるんだなぁ、すごいなぁ……

わし、今日インタビューを受けてきて、自分の半生について語ってきたのですが、インタビュアーが混乱するくらい波乱万丈みたいで、、、この半生をそのまま受け止めてくれる、でっかいヒトが現れないかなー、と思っています。
かなり難しいかと思いますが……
却って、楽天的な若い子のほうが楽かも……??

投稿: ゆらら | 2007.04.24 20:51

ゆららさん>
タカ(仮名)&彼女、そーとーに頑張ってるみたいで、お互いがホントに相手のコト好きなんだろうなぁ…。ってカンジです。
もうめちゃくちゃに頑張ってる二人に「頑張れ!」なんて無神経なコトは言えませんけど、現在進行形で恋愛中のオイラ、「一緒に頑張ろう!」なんて言い合ってます。

ゆららさんは「現れないかなー」って思ってるみたいですけど、思い続けてる限り、それは可能性として機能し続けますから、可能性を見逃す事が無いように目を凝らして、自分を磨いていて下さいね。(^^)

投稿: mizzie | 2007.04.27 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/14806951

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛特攻隊 愛の理学療法士編:

» 「親密ゾーン」 [恋人つなぎのしあわせ]
お台場パレットタウンといえば大人気のデートスポット。ここに、カップルの新名所「親密観覧車」が誕生しました。「親密観覧車」?あやしくない?はい。怪しくなんかありませんよ。観覧車には恋人や親しい人だけが入ることを許される「親密ゾーン」(半径45センチ以内)があるそうです。ゴールデンウィーク後半戦。カップルもバカップルもお台場に行っちゃおう!榮倉奈々、カップルの新名所で「親密になれるように」5月2日11時20分... [続きを読む]

受信: 2007.05.02 14:57

« モラトリアム | トップページ | なりたかった職業 »