« Here, and they are the worst | トップページ | 大人のみなさんへ »

2007.04.07

希少価値

「…プルルルル、プルルルル、、」

カチ。

「もしもし。どしたの?こんな時間にmizzie電話掛けてくるなんて。」

「いや、実はちょっとお願いがあって・・・。俺、明後日は仕事お休みなんだけどさ、珍しく彼女も同じ日が休みなんだ。」

「…で、デートするから車を貸せ。と?」

「さ~っすがタカ(仮名)様、全てお見通しでいらっしゃる。」

「で、どうよ?mizzieは彼女とは上手く言ってるのかよ?」

「上手く行くも何も、こっちは何かこのまま教会の鐘鳴らしちゃいそうなイキオイ♪そっちこそどうよ?」

「こないだの一件以来、俺はさらに慎重になってるよ。」

「お前の事やから、彼女いる間は絶対に浮気しない風俗にも行かない、って事は、オナリスト・タカ(仮名)復活ってワケね。」

「そんな楽しそうに言うなよ。俺だって苦労してるんだから。」

「そーいえば気になってたんだけどさ、タカ(仮名)の彼女ってお前と付き合うまでずっと男嫌いだったワケじゃない。って事はさ、その子にとってはお前が初めての彼氏になるって事だよな。男嫌いの原因が児童虐待だったワケだし。」

「そう言ってた。キチンと男の人と付き合うのは俺が初めてだって。」

「って事はさ、もしかして彼女って処女?」

「俺の推測じゃ99%以上そうだと思う。彼女が受けてた児童虐待にレイプが含まれていなければ、あの子は間違いなく処女だ。」

「あー、それならこないだの話の件も説明がつくわ。」

「説明がつくって?」

「タカ(仮名)の彼女はさ、その歳になるまで男知らなかったワケじゃん。でも多分、第二次性徴期は人並みだったと思うんだ。とすると、性的には成熟してるのに、その器官や感覚器が使用される事が20年近く無かったって事になる訳よ。で、これは俺の想像だから確信は無いんだけどさ、例えば骨折してギプス固定した間接とか、ギプス外した直後って動かせないし、ムリに動かしたら痛むじゃん。他にも、人って寝たきりになっちゃうと色んな使われない機能がどんどん衰えていくじゃん。そんなのと同じでさ、長い事使われなかったタカ(仮名)の彼女の性的機能はさ、使われなかった期間に比例して退行してるんじゃないのかな?って思うんだ。」

「それじゃ、俺は彼女とはもう、お互いが気持ち良くなれるようなセックスは出来ないって事?」

「う~ん・・・その可能性はゼロじゃないけど、俺はそうなるとは思わないな。衰えた機能はさ、リハビリで回復するじゃん。靭帯切ったって骨折ったって、きちんとリハビリしたら元通り動かせるようになるじゃん。」

「つまり、俺は彼女にセックスのリハビリをしてあげたらいい。と?」

「ちょっとヤラシーけど、言葉を選ぶならそれが一番適当かな?とにかくさ、イキナリ激しい事しようとしたりしちゃダメなんだよ。道具使うとか野外でするとか。」

「しねぇよ!」

「もう、ムードとか雰囲気とかにも気使って、優しく優しく、とにかく優しく。大韓航空みたいなハードランディングなんか絶対ダメ。もうユナイテッドのベテランパイロットのようなフェザーランディング目指して。そうやって少しずつ彼女の体慣らしてあげないと、またこないだみたいになっちゃうと思う。ほら、その手荒れでボロボロの指も何とかしなきゃ。俺だって彼女出来てからは毎日ハンドクリームで手指の手入れするようになったんだから。」

「彼女出来たから手肌の手入れマメにするようになったって、mizzieって実はそーとーにスケベだな。」

「初キスで舌入れてた、恋愛暴走族のお前になんか言われたかぁないね。で、車は貸してくれるの?」

「心配しなくても、明日の夜から貸したげるよ。お泊りで何処でも好きなトコ行って来いこのスケベ介護ヤロー。」

 

 

って事で、タダで車を借りる事に成功したオイラだが、タカ(仮名)の彼女は、21世紀日本では絶滅危惧種と言っても差し支えない種類の女性だったようで、はっきり言ってかなりカワイイあいつの彼女が、その歳までそうだったと言うのはある意味奇跡に近く、そしてそんな彼女が『惚れた相手にはトコトン優しい』、タカ(仮名)を人生最初の彼氏に出来た事は、とても幸運だったのだと思う。

 

タカ(仮名)は、ほっといても自力で幸せ掴んじゃうような奴だけど、あの二人には幸せになって欲しいと思う。
比較的幸福な家庭に育ったタカ(仮名)は、大人になってからは傷付けられてばかりの人生だった。そして奴の彼女は恐らく、その幼児期に深く心に傷を負い、その傷を抱えてその痛みを感じ続けながら生きてきたのだと思う。

そんな二人が奇跡的と言ってもいいような確率で出会い、恋に落ちた。

これで彼女の選んだのがタカ(仮名)以外の男だったとしたら、ほぼ間違いなく、救われる事も癒される事も無いままの人生を送る事になっただろう。
 

自慢じゃないけど、チョー幸運の男であるオイラは、周りの仲間達も幸運にしちゃう”幸運拡散装置”な男でもある。僕の友人知人は、多少の紆余曲折はあっても皆、最終的には幸せな人生を送っているんだ。
タカ(仮名)と、タカ(仮名)の彼女さんにも、そうして”幸せになったmizzieのお友達”の列に名前を連ねてもらいたい。

二人が幸せになるといいのに。って思う。

 

そしてその為なら、出来る範囲の協力はしてあげたいとも思う。
なんたって奴には借りが出来ちまったし(^^ゞ

さて、次はドコにデート行こうかな?

るんるん♪

 

一日一回の応援クリックを!
人気ブログランキング


ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« Here, and they are the worst | トップページ | 大人のみなさんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/14584485

この記事へのトラックバック一覧です: 希少価値:

« Here, and they are the worst | トップページ | 大人のみなさんへ »