« BMWに行ってみた | トップページ | 職住接近のリスク 緊急事態編 »

2007.05.19

恋愛特攻隊 ~Love is always leading us.~

どうやら順調に愛を育んでいるような、タカ(仮名)と彼女さんだけど、二人の恋のお話は、二人を知る人には判らないようにと一部脚色して書いているとは言え、このブログで二人の恋愛物語を許可を得た上で語らせてもらってる関係上、二人はこのブログの存在を知っている。

もちろん、僕は二人に直接会った事もあるんだけれど、このブログから僕に直接メールを送る事も出来るので、それを利用して連休中に彼女さんがメールを送って来てくれた。
文面からは、今の二人のシアワセぶりが伝わってきて、それは二人の恋を暖かく見守ってきた僕としても、とてもとても嬉しい。

 

**************(以下本文)***************
                              

mizzieさん!
お久しぶりです。『K(仮名)』です。(^-^)

お仕事頑張っていますか?
世間ではGWで行楽地は賑やかみたいですけれど…
mizzieさんはGWにどこかにお出かけしたりしましたか?
私はGW中が稼ぎ時な職場ですから
頑張って働いています。
皆がGW疲れでぐったりしている頃に
少しだけお休みがあるので
それを目標にしています♪

今日はこないだメールしてからの、
私の近況をお知らせしたいと思います。(^-^)

あれから…
私はタカ(仮名)さんの事を凄く好きになってしまいました。
私がそうなるようにmizzieさんも色々と、

彼に助言とかしてくれてたみたいですけれど…f^_^;

初めて会ったのが…初旬。
最初はメールのやりとりが殆どだったのに
その人の優しさに気付いて→好きになってしまって…。

頻繁に会うようになってからも
その人の言葉や態度に誠実さが現れていて
ますます好きになってしまって…。
正直→こんな早くに気持ちが大きくなりすぎてしまっている自分に
驚きと戸惑いでどうしたら良いのか
解らなくなってしまう事が多々ありました。
その度にその人からは「大丈夫!」と励まされて
今までの私からは考えられなかった事だけれど…
自分に少しだけ自信が持てる様になりました。(^-^)v

私はその人を本当に大好きで
信頼してるし、尊敬してるし、
他の誰かでは…ダメです。
誰かと代える事はできない→大切な存在です。

その人も私の事を凄く大切に思ってくれている様で
今までに大きな愛情で私を包んでくれているんだなって
感じる事の多い幸せな2ヶ月間でした。

これからも、もっともっと幸せであり続けたいし
私もその人に私と一緒に過ごす事が「幸せ」と
ずっと感じ続けてもらえる様に
頑張っていきたいです。(^-^)

mizzieさんも「ななか」さんと
良い恋愛をしているみたいですね。(^-^)
お互いにもっと!もっと!もっと!もっと!もっと!
幸せになりましょう!!v(^-^)v

それでは。。

(^-^)/~~~☆K(仮名)☆

*****************************************

で、僕からの返信がこれ。

*****************************************

To チョー幸せなK(仮名)さんへ(^^)
メール有難う!
文面から、K(仮名)さんの今の幸せぶりが伝わってくる、
とってもココロの暖かくなるメールでした。
彼とも上手くいっているみたいで、奴の恋を密かに応援してたオイラも、
小さくガッツポーズです。(^^)q
介護職なmizzieくん、連休はもくもくと働いてたんだけど、
K(仮名)さんと同様に連休明けに2日休みがあったので、
ななかと二人、レンタカー借りてチョー充実した休暇を過ごして来ました。
連休を二人で遊び尽くして彼女をアパートまで送って行って、
これ以上は無い。って位に幸せそうな笑顔で僕に手を振る彼女を見て、
「俺は、この子の為なら神にだって弓を引くな。」
って思ってたくらい。
K(仮名)さんの連休はどうでしたか?
奴はステキなデートプランを立てられたのかな?
あいつは急な予定変更とかには上手に対処しちゃうけど、
基本的に「行き当たりばったり」なトコあるから、
メール読んで、ちょっとだけ心配もしてました。
ってか、7日の午後10時頃、32号線走ってなかった?
んで、減速ゼロでコーナーに飛び込んでく、
荷台へ自転車積んだオンボロの軽トラに会わなかった??
 
僕の方はななかと本当に充実した休暇を過ごせて、
内容はブログでも確認出来るから知ってるかもしれませんけれど、
あそこには書いていない事でビシビシ幸せ感じちゃう瞬間が何度もあって、
「これまでの僕の人生は全て、この恋の為にあったんだ!」
って本気で思ってるくらいです。
 
僕の方はこんな感じ。(^^)
タカ(仮名)の事を本気で好きになってるK(仮名)さんに、
こんな事を言うと機嫌悪くしちゃうかもしれないけれど、
あいつ、実はどんくさくて不器用でおっちょこちょいで融通(っていうか機転)が利かないトコもあるから、
もしかしたらこの先、そんなトコに嫌気が差す事があるかもしれない。
 
だけど、友達の僕が言うのもなんだけど、
こと恋愛に関しては、奴はとても優しくて真面目で誠実な男。
アイツが僕にあなたの事を話してくれて、
僕はすぐに、あなたがその心に深い傷を抱えているであろう事が判った。
そういう人と相対するには、それなりの慎重さが求めらる。
だから僕は言ったんだ。
「中途半端な優しさでその子と関わって、関わり方を間違えるとその子は一生を損ねられてしまうぞ。」って。
 
でも、あいつはそのリスクを全部引き受ける覚悟が出来てたみたいで、
そうやって僕から引き出せる知識を全て引き出していって、
K(仮名)さんへの愛情をエネルギーにして、
K(仮名)さんの冷たく凍った心に、辛抱強く優しくて暖かい光を当て続けた。
 
そうして、内省的で自己批判的で自己破壊的だったあなたはメールで、
「自分に自身が持てるようになりました。」
って言えるようになった訳だけれど、
あなたは自分が思っているよりも、もっともっとステキな人だし、
もっともっと自分に自信を持っていい。
 
タカ(仮名)は、僕から色んな事を聞きだして、
カウンセラー的アプローチで、あなたには自分で自分を癒す力がある事を気付かせる事に成功したみたいだけど、それだけじゃなくて、あなたと建設的な人間関係を築いて行く事にも成功してるみたいだ。
K(仮名)さんは今、
あいつのことがとても大切な存在になってるみたいだけれど、
それは、あいつにとってのあなたも同じ。
こないだ会った時にアイツ僕に言ってたよ。
「俺、あの子の為なら死ねるし殺せるよ。」って。
 
殆どの男にとって、恋愛って自分の一部なんだけど、
あいつにとって、それは一部じゃなくて全部なんだ。
誰かを本気で好きになる時、恋愛状態に突入する時、
その相手はあいつにとってのナンバーワンなんかじゃなくって、
いつだってオンリーワンなんだ。
 
そして今、あいつのオンリーワンは君だ。
あいつの君への想いを形容する言葉には、全て語尾に-estが付いてる。
highestでstrongestでgreatestでsweetestでmildestでdearestだ
あいつはきっと、君の為なら命だって投げ出すし、
神様にだって後から蹴り入れちゃうし、
ルシフェルの顔であろうと落書きだってしちゃうだろう。
 
K(仮名)さんがあいつと幸せであり続けたいと思い続けている限り、
あいつはきっと、その想いに応えようって頑張り続けると思う。
昇給も賞与も無い、残業手当すら付かない契約社員待遇で、
(全部、庶民からはぎ取った金を金持ちに再分配する政策運営をする、自民党と公明党のせいだ!!)
経済的にはかなり貧弱な、
下流社会構成人員ってカテゴライズされちゃうあいつだけど、
自分と一緒にいる事が幸せだと感じてもらえる人に出会えたあいつは、
きっと世界で二番目に幸福な男だよ。
 
 
 
 
え?なんで世界一じゃないのかって?
 
 
 
 
 
 
それはもちろん、
 
 
 
 
 
世界一幸福な男は、ななかと二人で教会の鐘鳴らすべく、
幸せ街道驀進中のオイラさ!(^^)v
Wデートとか趣味じゃないし、Wウェディングなんかもっての他だけど、
お互い、周りが呆れちゃうくらいの幸せを掴もう!!
 
 
んじゃ、またね。
From T.S.mizzie
 
 
 
PS
幸福度世界一はいただくけれど、
バカップル度世界一は、君とタカ(仮名)に譲るよ。(笑)
 
 
****************************************
  
これが、僕とタカ(仮名)の彼女さんとの往復電子書簡です。
タカ(仮名)の努力は正しく報われたみたいで、彼女さんからのメールからはその充実・満足ぶりが伝わってきて、何だかとてもステキなカワイイ恋をしているみたいで、奴を静かに応援してきたオイラも、ちょっと嬉しかったです。
『幸せは、独り占めしてると少しずつ減っていくけれど、分けるとドンドン増えていく』
の、mizzie’s happiness theoryは、今回もキチンと適用されていました。
 
 
 
 
一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« BMWに行ってみた | トップページ | 職住接近のリスク 緊急事態編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15098716

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛特攻隊 ~Love is always leading us.~:

« BMWに行ってみた | トップページ | 職住接近のリスク 緊急事態編 »