« 恋愛特攻隊 ~Love is always leading us.~ | トップページ | お前もやったんかぃっ!! »

2007.05.20

職住接近のリスク 緊急事態編

「・・・と言う訳で、夜勤中の火災発生時には、まず他部署に応援を依頼し、1名は連絡の為詰所で待機。夜勤中は当直医師が院全体の総責任者となりますので、他の職員は当直医師の指示に従います。」

新たに数名の新人が加入した介護病棟、その新人教育も兼ねて、院内勉強会として『緊急事態の対応について』が行われていた。

「非常電源は詰所前、…号室横の赤いコンセントが非常時も使える、自家発電系統と繋がっている非常用電源です。消火栓は食堂横の汚物室右側。はい、〇×さん、介護病棟の消化器設置場所はどこですか?」

「・・・えっと・・・食堂の非常階段の扉のトコと、詰所裏です。」

「あと一つあります。わかる人いますか?」

・・・一同沈黙・・・

「西病棟につながる回廊の談話室隅です。それぐらい覚えておきなさい。」

僕:(談話室は西病棟の管轄じゃねーのかよ・・・?)

「火が大きくなって職員での消火が難しい場合は消防署に連絡をした後、患者の避難に移ります。煙は上に昇るので、避難は横方向。出火場所が東病棟なら西病棟へ、西病棟なら東病棟に非難誘導します。、あたこの時点で、病院事務部が院から近い所に住んでいる職員に非常召集が掛かります。呼び出しを受けた職員はすぐに駆けつけて下さい。」

「事務部はどうやって近くに住んでいる職員を知るんですか?」

「入社時にリストアップします。」

僕:「って事は、僕は間違いなく真っ先に召集掛かりますね?」

「ここの職員でmizzie君より近くに住んでいる人はいないので、真っ先の召集されると思います。mizzie君だけではなく外部から応援に駆けつけた職員は全員、必ず正面玄関から入って、事務部に所属と氏名と来た時間と帰った時間を申告するように。」

 

介護病棟の詰所からなら、一番遠い位置にある事務物品倉庫よりも、僕の家の方が近い。その近さ故に、何かあれば真っ先に呼ばれる事になるのでは?とは思っていたが、この日の勉強会でそれが確固とした理由と共に確認された。

するってーと何かぃ?
オイラは、決戦時投入用予備兵力ってワケかぃ?

職場から徒歩2分と言う超ご近所に住んでいる僕は、24時間365日、いつでも召集されるリスクを抱えているという事らしい。

イヤ、火事での応援ならいいよ、火事なら。

でもそれが、次の南海大地震とかだった場合、我が家も壊滅的打撃を受けてる可能性が大なんだけど、それでもオイラは召集に応じる事が出来るのだろうか?

 

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« 恋愛特攻隊 ~Love is always leading us.~ | トップページ | お前もやったんかぃっ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15111425

この記事へのトラックバック一覧です: 職住接近のリスク 緊急事態編:

« 恋愛特攻隊 ~Love is always leading us.~ | トップページ | お前もやったんかぃっ!! »