« 憧れの国 | トップページ | mizzieに気を付けろ! »

2007.05.29

読めるかな?

書くネタが無いので、シークレットメッセージブログなんてものを書いてみた。
文章にちょっとだけ細工をしてみたので、興味と時間のある人は解読に挑戦してみちゃってください。(^^)

 

 

松岡農相の自殺問題で、今日はテレビが大騒ぎだ。

不祥事続きだった松岡大臣だけど、叩いたら埃だらけの大臣、とっとと辞めちゃえば傷も浅くて済んだかもしれないんだけど、アベシンゾーはヘタに松岡大臣を辞めさせちゃうと、自身の任命責任に波及しかねない。

非暴力を貫く基地建設反対派住民を排除するのに軍隊を使うような血も涙も無い総理だから、松岡大臣の事なんかどうでも良くて、とにかく自分の総理としての地位を守る為、その一点だけに拘って、松岡大臣を大臣の椅子から降ろさせなかった。

結果として個人的に・精神的に追い詰められてしまった松岡大臣は、自殺と言う手段で責任から逃避する道を選んだんだけど、官製談合問題とか、松岡大臣が真実を全て語ってしまうと困った事になる人が安部内閣には沢山いるから、松岡大臣が自殺してくれてほっと胸を撫で下ろしている自民党議員は多かろう。

自ら命を絶つ事を選んだ松岡大臣だけど、自殺した当日は公休日だったオイラは、このニュースは速報が出た段階から追う事が出来た。

まず最初、第一報を聞いた僕は思った。

「自殺?松岡は消されたんじゃないの?」

松岡大臣は、真相を明かされると困る事になる権力者が事件に絡んでいたのだ。その為に形式上は自殺だが、消されたとしか思えないライブドアの野口氏と同じケースを、僕は最初に疑った。
遺体の安置された慶大病院にやってきて、マスコミにコメントしたかと思ったらあっという間に帰ってしまった安部総理の態度と、自殺発覚後の伊吹文相の「死人に口無しですね」と言うコメントが全てを物語ってもいる。

松岡大臣が消された。という可能性はを、僕は消すことが出来ない。

 

次々と不正が発覚して、松岡大臣が精神的に追い詰められていたのは事実だ。

最初の不正が発覚した時点でとっとと辞めさせておけば、彼が精神的に追い詰められるような事も無かっただろう。

もしかしたら、本当に自殺してしまったのかもしれない。

もしそうなら、彼は政権維持拘った、安部総理に殺された。と言う事も出来る。

 

 

第一報から少ししてから、『遺書発見』との報が出た。

これで、松岡大臣が本当に自殺した可能性が高まった。
それが捏造されたものである可能性も否定出来ないが、恐らく、松岡大臣は自殺をせざるを得ない所まで追い詰められていたのだろう。

 

ここからはフィクションです。

 

「主任、松岡大臣の着衣から「遺書」と書かれた封筒が見つかったそうです!」

「何!!遺書か?」

「今こちらにもってこさせています!」

若い捜査員、「遺書」と書かれた封筒を持って登場。

「主任、遺書です!大臣の着ていた背広の隠しポケットに仕舞われていました!!」

「よくやった!」

主任、手袋をして封筒を開封し、中から便箋を取り出す。

「なになに、・・・はによよむ あちあちぶぶたは ままめをわし ぴたえみく げろた。・・・なんじゃこりゃ?」

「主任、これはもしかして、」

「もしかして?」

「松岡大臣の『ふっかつのじゅもん』では?」

「と言うことは、松岡大臣は自殺をした後にじゅもんを打ち込んで、、、」

「悪夢の一文、『じゅもんがちがいます』が出たのでは?」

「何という事だ!!あれほど「ま」と「も」、「め」と「ぬ」はまちがいやすいから気をつけろと注意書きにあったのに!!」

「大臣も気の毒に、、、今頃草葉の陰でじぶんのおっちょこちょいぶりを悔やんでいる事でしょう。」

「捜査報告書には何と記載しますか?」

「これで「自殺」とは書けんよ。「パスワード書き間違い」とでも書いておけ。」

 

 

 

 何てやりとりが、議員会館の捜査現場で交わされていたのかもしれませんね。

そんな冗談は置いといて、

 

政権維持に拘泥する安部総理の犠牲となった、松岡大臣のご冥福をお祈りいたします。

mizzie

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« 憧れの国 | トップページ | mizzieに気を付けろ! »

コメント

どんな人物であれ、一国の大臣が任期中にしかも議員会館で自殺を図る、なんてとってもセンセーショナルな出来事なのに、その「死んだ」という事実だけが淡々と報道されている様子に、「・・・こいつ、消されたな」と思ってましたが、まさかmizzieさんもそう思っておられたとは。
自分にかけられた後ろ暗い疑惑を払拭することもなく、のらりくらいと見事にかわし、そして安倍ちゃんに庇ってもらえるのをいいことに辞任さえしなかった松岡さんですが、最期が自殺だなんて。これではイジメに思い悩む小中学生に「生きていればきっといいことがあるんだ。だから自殺はぜったいだめ!」な~んて言えなくなりますねぇ・・・。死者を悪くいいたくありませんが、なんか釈然としませんね。

投稿: hana | 2007.05.29 07:57

hanaさん>
僕がこの記事を書いた時は、「松岡大臣は消された」っていうのは推測の域を出ていませんでしたが、松岡大臣の死と前後して起きているいくつかの小さな事件なんかを総合するに、「松岡謀殺説」はかなり信憑性を帯びてきてるみたいです。
詳細は、『きっこの日記』
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20070529
で読めますので、興味があればご一読を。

投稿: mizzie | 2007.05.29 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15234421

この記事へのトラックバック一覧です: 読めるかな?:

« 憧れの国 | トップページ | mizzieに気を付けろ! »