« そして二人は食べ歩く | トップページ | 軽トラデート »

2007.05.14

負けたよプリウス…

mizzieはトヨタと言う会社が嫌いだ。

正確に言うと、トヨタの奥田会長が大嫌いだ。
あれが日本経団連の会長時代には、自社の利益を最大化させる為に様々な手段を通じて、自民党に取り入ってトヨタのような大企業に都合のいい法改正や法成立をさせてきた。
そして彼等が利益を最大化する過程で、僕等のような地方出身中流・下流層の富が簒奪された。年収一億円超の自分達の収入を5%増やす(まだ欲しいのか?)為に、年収300万円以下の僕達みたいな層から巻き上げる金を10万近く増やした。

だから僕は、トヨタと言う会社が嫌いだ。

ただ、自動車工学、内燃機工学に関心のある者の一人として、プリウスには発表直後から注目していた。トヨタは大ッ嫌いだが、プリウスは『乗りたい車リスト』の上位にいる。

で、過日のレンタカーデートで、レンタル料の安い軽自動車が予約で一杯になっていたので、借りる車の候補をホンダのフィットとトヨタのプリウスまで絞込み、散々悩んだ末に、今回はプリウスを借りる事にした。

「環境にとても優しい車」って言うブランドイメージが完全に定着したプリウス、「私は地球環境問題に強い関心があります。」と言うメッセージを発する事が出来るからだと思うけど、ハリウッドのセレブ達の間で、このプリウスはとても高く評価を受けているんだそうで、プリウスを愛車にしているハリウッド俳優・女優はキャメロン・ディアスとか結構いるんだそうだ。

で、レンタカーオフィスでプリウスを借りて、操作系についての説明を受けてから走り出したオイラ、まずはその静粛性に驚いた。電気モーターだから発進加速が静かなのは当然なんだけど、(普段乗ってる車の防音が悪い事を差し引いても)室内の防音性能がとんでもなく良くて、またエンジンの振動とかも殆ど無く、室内の快適性は抜群に良かった。
借りたのは車両価格250万円台の平均グレードなプリウスだったけど、カタログでの最高級グレードは車両価格320万円台なワケで、そちらはきっと、ハリウッドセレブをも満足させる快適性を持っているのだろう。

「ふんっ!ふんっ!この快適性だって所詮、豪華なカローラじゃねぇかっ!!」って、トヨタ嫌いのオイラは負け惜しみを言ってみたりもする。

 

そのプリウスの乗り心地。
ゼロ発進からの加速は、モーターで行われるので殆ど無音・無振動。

途中から、エンジンとモーターの2動力になるのだが、恐ろしくスムーズにエンジンが動き出すので、始動ショックはほぼゼロ。モーターからエンジンに切り替わる時も、コンピューターで緻密にトルク制御されたモーターのお陰で、元・国際ライセンスのバイクレーサーをして全くショックを感じさせない程円滑に切り替わる。乗り心地もとてもいいが、ことモーター制御に関しては「とんでもなく凄い」ってレベル。
そりゃハリウッドセレブも満足するわ。って感じ。オートマは柳川精機の作るオートマが素晴らしく変速フィールが良かったんだけど、無段変速もここまで性能が向上すると、変速機メーカーは立つ瀬が無いな。なんてつい余計なウンチクを語ってしまう。

「ミッションは柳川精機のミッションが変速フィールとか抜群に良かったんだけどねー。」

「ふーん。」

「これCVTって言う無段変速だから、多分どっかのベアリング屋さんが作ってると思う。」

「へー。」

メカについては無知だけど、好奇心が旺盛(って、まるで僕みたい)のななか(仮名)は、そんな僕の車とエンジンに関してのオタクな話を面白そうに聞いている。聞いてくれるからこっちもつい語ってしまう。

効きの悪いドラムブレーキに慣れていたオイラ、プリウスのセンシティブなブレーキには戸惑ったのだけど、慣れてくるとこれが実に扱い心地がいい。入力に対するレスポンスが良くて、軽い力でも十分に制動力を発揮するので、非力な女性や高齢者でも十分な制動力が得られるだろう。

「ブレーキはニッシン製が最高なんだけどねー。このブレーキはドコが作ってんだろう?トヨタはアイシン精機だったかな?」

「へー。」

「ブレーキシステムも昔は、イギリスのAPロッキードとかイタリアのブレンボとか外国メーカーが良かったんだけど、最近はニッシンとか国産のメーカーがめちゃくちゃ良くなったから、世界最高品質のブレーキが低価格で手に入るようになったんだよ。」

「ふーん。」

途中から峠道に入り、追い越し車線で軽くアクセルを踏み込むと、プリウスはさしたるストレスも無くすいすいと加速して行き、遅いトラックとかをひょいひょいと交わして行く。

「環境対策車のクセに結構パワーあるね。」

「ふーん。」

「コーナー中のロールも少ないし、ギャップとかも殆どシートに伝わって来ないし、サスペンションも良く出来てるよホントに。サスはドコが作ってるんだろ?ショーワかな?カヤバかな?ホワイトパワーとかオーリンズとかじゃあないだろうけど。」

「へー。」

「あ、この車CD聞けるからCD持ってきたよ。ポップスだと音楽に意識が行っちゃって折角二人でいるのに時間がもったいないし、タマにはクラシックもいいかな?って思って、純粋にBGMとして聴けるからクラシック持って来た。」

「そうなんだ。あたしも何か持ってくれば良かったわ。」

そう言って僕はCDが数枚入ったCDホルダーをななか(仮名)に渡す。

「メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルトがあるから、それCDデッキに入れてみて。」と言って、タッチパネルを操作してヴォリュームを調節する。車内に配置されたスピーカーから、イツァック・パールマンの弾く美しいヴァイオリンの調べが静かに流れてくる。

「うわ、純正オーディオのクセにめちゃめちゃ音えいやん。」

「そうね。」

カーオーディオのコンペで世界大会に優勝しちゃうような凄いオーディオショップ(ガレージSHOEI)に、レーサー時代にお世話になってた事もあるオイラ、カーオーディオに関しては極上品種で耳を慣らされてしまっているので、ある意味音と音質にはウルサイ。

でもプリウスに装着された純正オーディオは、その僕に特に不満を感じさせない。ってレベルの音は出している。オーディオの世界は上を見ると果てが無いのだが、純正オーディオにそこまで求めるのは酷と言うものだろう。
CDを聴き始めて直ぐに、オーディオもエアコンとかも全て、ハンドルのボタンで全て操作出来る事が判って、この車は運転中はハンドルから手を離す事無く、殆ど全ての操作が出来る事が判った。

ハイブリッド車の根幹、電気モーターを制御するソフトウェアも本当に良く出来ていて、走行中に発電した余分な電力を蓄電して、ってのは判るんだけど、アクセルオフで惰性で進んでいる時にも、モーターから発電してバッテリーにチャージするので、バッテリー上がりとかとは縁が無さそうだった。

「・・・負けた・・・・・。」

「え?どうしたのmizzieくん?」

「俺、トヨタって会社が大嫌いなんだけどさ、悔しいけど、プリウスいい車だよ。ブレーキもサスもミッションもエンジンもモーターもそれを制御するソフトも、全部良く出来てるよ。インストゥルメンタルの視認性も良いし、内装外装全て合格点。どこにも探すアラが無いもん。悔しいけど俺の負け。」

「確かにこの車って狭く無いし揺れないし静かだし快適だけど、庶民生まれのアタシはイマイチ上手く馴染めないわ。アタシにはやっぱり、普段乗ってるちっちゃな軽の方が合ってるわ。それに、

「それに?」

「あたしは、mizzieと一緒だったら車種なんか何だっていいの。」

「僕もね♪」

な~んてほのぼのとした会話をしつつ、僕は恋人とドライブする時ってのは基本的に、「右手はハンドル、左手は彼女の手」なので(マニュアル車でも『ハンドル手放しの右手シフト』とかやってます。)、そうやって手つないでドライブするのでした。

 

そうやって24時間走りまくったオイラ達、だけど燃費が750ccバイク並み。って言う超・低燃費車でもあるプリウス、総走行距離266kmで、平均燃費は22.4km/l。峠道飛ばしたり、そんなにエンジンに優しい運転はしていなかったので、この数値は上出来なのではないでしょうか?

Image063_1

 

 

 

 

 

守銭奴奥田が大嫌いで、トヨタ車なんかぜ~ったいに乗ってやんない!って決めてたオイラだけど、プリウスは本当にいい車でした。

環境とお財布に優しいハイブリッドカー・プリウス。
実車乗車インプレッション、すこぶる良かったです。
トヨタとトヨタ会長の奥田が本当に心の底から大っ嫌いなオイラだけど、
プリウスの評価はB+。(85点以上90点未満)

悔しいけど、オイラの負け。無条件降伏受諾。
でも勝ったのはトヨタの技術屋さん達であって、
奥田会長では無いからね!と負け惜しみを言っておく。

 

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« そして二人は食べ歩く | トップページ | 軽トラデート »

コメント

う~~~~~ん。
いい車だと思うけど・・・プリウス・・・デザインがキライなんですよねぇ。
トヨタの車は可もなく不可もなく優等生っぽい感じが多いのですが、私はどうもデザインが受け付けないんです。どれもこれも。
環境に気を遣わなくちゃいけないのは重々承知なんですけど、デザインで選ぶならシトロエンDSかなぁ・・・イマ車にはあんまり興味がないというか・・・。

投稿: hana | 2007.05.14 08:16

hanaさん>
そーなんですよね。トヨタの車ってどれも個性が無くって、プリウスは「燃費のいいカローラ」だし、スープラも「速いカローラ」だし、結局全部カローラなんですよね…。
ただ、プリウスに実際乗ってみて、そのテクノロジーとそれを制御するソフトの質の高さに驚いたのはホントです。

しかしシトロエンとはまた通な車を。オイラ、デザインだったらアルファなんか結構好きです。あと、シスコで見かけたBMW(日本では見た事無かったです)もカッコ良かった。
でも今、イチバン乗りたいのはYZFかGSX-RかホンダのRS250Rです。

投稿: mizzie | 2007.05.14 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15037799

この記事へのトラックバック一覧です: 負けたよプリウス…:

» フィットエアロ [フィットエアロ]
こんにちは。 始めまして(^^) 私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。 ブログにも紹介させて頂きました☆ もしよかったら私のブログにもTBよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2007.05.14 13:02

» 防音に関する情報を集めました [防音]
防音に興味がある人のサイトです。防音に必要な情報を流します。 [続きを読む]

受信: 2007.07.12 11:58

« そして二人は食べ歩く | トップページ | 軽トラデート »