« コムスン、全事業を系列子会社に譲渡  | トップページ | 物欲の館 »

2007.06.09

スパロウ三昧

ネット株をやっているオイラ、株主優待券が結構ある。
換金性の高い株主優待券はチケットショップに売れば結構な金になるので、株主優待券がチケットショップで1枚\8000以上で売れたりもするANA株なんか、年間利率5%の金融商品みたいなモンだ。(株主配当も結構あるので)

で、mizzie家では株は父も兄もやっているので、ANA以外にも色んな株主優待券が手に入る。
それで東宝の株主優待券を得ていたオイラ、ななか(仮名)と休暇が一致していた6月某日は、「映画でも見に行きましょう。」って事に決めていた。

今東宝系列でやっている面白い映画って何だ?

って情報誌を見ていたんだけど、今見るならこれ以外ないでしょ?ってのが、ココに時々来てくれているりぉ。さんが大好きなジョニー・デップが主演の、『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』だった。
しかしシリーズ第3作のこいつ、りぉ。さんから、「1と2を見ておかないと楽しめないよ。」との助言を受けていたので、事前にDVD借りて見ておきましょう。とだけ決めてたんだけど、ワールドエンド公開で旧作を見ときたい奴が沢山いるのか、第一作目の『呪われた海賊たち』は、ツタヤはどこも貸し出し中で在庫無し。

高知市中のレンタルショップを探し回れども、第一作目の「呪われた海賊たち」を見つける事が出来ず、(もう中古を買おうかな?)などと考えていたが、休日前日に別のレンタル店でやっとこさ見つける事が出来て、第二作目の「DEADMAN'S CHEST」ともどもレンタルした。
で、その夜は二人で「呪われた海賊たち」を見て、「DEADMAN'S CHEST」は翌日に見るつもりだっんだたけれど、その場の流れで続けて2本見る事になって、結局合計約5時間ぶっ通しで「パイレーツ・・・」づくし。三部作の1、2はストーリーが繋がってるトコがあって、さらに2を見たら「この続きは一体どうなってんだよ!」って終わり方だったので、期待に胸を膨らませてイオン高知に併設されてるTOHOシネマズへ。

で、やっぱり映画館で見ると音響とか画質とか迫力とか段違いにイイ訳で、さらに「ワールドエンド」で明かされる謎とか1と2で張られていた巧妙な伏線とか、ホンの数時間前に続けて1と2を見てたオイラ達には良くわかる訳で、「1と2見とかなきゃダメです!」って教えてくれてたりぉ。さんにココロの中で感謝しつつ、十分過ぎるくらいに映画を堪能してきました。
ネタバレになっちゃうからストーリーに関してはここでは書かないけど、1と2を見ておけば、そーとーに楽しめます「ワールドエンド」。

とにかくこの映画、何が面白いかってジョニー・デップ演じる主役のジャック・スパロウがめちゃくちゃに魅力的な訳で、そのキャラのぶっ飛びぶりだけでなくて、海賊船の船長とは思えないようなコミカルさとか、独特のセリフのしゃべり方とか、見た後数日間、オイラの頭にはスパロウが住み着いちゃってました。(^^)
後はそのとんでもなく凄いSFX&CG(CGI)技術とか、映像それ自体も凄くて、それがCG合成だと判ってるんだけど(ここまでCGで出来ちゃうんだから凄いよな~…)って、一般的な映画の楽しみ方とは少し違った視点で見てたオイラなんだけど、ホント、その映像にはびっくり!でした。

「パイレーツ・オブ・・・」は、エンドロールの最後まで見ておくべき。な映画なので、映画が終わった後も席を立たずに、延々と続くエンドロールをぼんやりと見ながら、その後に明かされるであろう本編の結末の後日譚を待っていたのですけど、恐らく普通の人達はただぼんやりと眺めているだけであろうエンドロール、オイラはそれなりにじっくり注視して、出演者とか製作スタッフなんかをつぶさに見てたら、出演者の中にスパロウの父親役としてローリング・ストーンズのキース・リチャーズの名前を見つけて、それがキースである事にはエンドロールを見るまで気付けなかったオイラはびっくり!
出演者名が一通り紹介された後は、製作スタッフの名前が延々と出てくるんだけど、移民の国アメリカで製作された映画なので、色んな国籍の名前が出てくる。

名前を見ているとそれが現地生まれの移民2世以降世代なのか、労働ビザで働く外国人かグリーンカードを得た永住外国人なのか、ある程度は推測出来るんだけど、アジア系(主にチャイニーズ)であろう名前に混じって、数名の日系人らしき名前を見つけて、(おぉ、ジャパニーズアメリカンもがんばっとるがな)なんて見てたら、明らかに日本人な名前を発見!
映画の世界に行きたかったら、映画についての最先端の技術と知識を得たかったら、ハリウッドに行けと言われる。そうして、映画が好きで好きでたまらない、映画人になりたいと言う夢を諦めなかった、夢へのチャレンジを楽しんだ、そんな日本人が何人も、ハリウッドで活躍しているとは聞いていた。

世界中で話題沸騰のハリウッド超大作、そのエンドロールに名前を連ねた日本人を見た時、その、恐らく物凄い努力を重ねて夢を叶えたのであろう日本人女性(女性名だったと思う)に、祝福を送りたい気分になった、そんな午後の一時でした。

 

映画の余韻に浸りつつ映画館を出た二人、手繋いでイオン専門店街を歩きながら、

「映画面白かったね~♪」
「今度はダイハード4行こうね。」

何て言いながら、5時前に映画館を出てたのに8時過ぎまでウィンドーショッピングをして過ごし、9時前にイオンを出たオイラ達なんだけど、その後数日間、頭な中にスパロウと愉快な仲間達が住み着いちゃってました。
 

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね☆

|

« コムスン、全事業を系列子会社に譲渡  | トップページ | 物欲の館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15303244

この記事へのトラックバック一覧です: スパロウ三昧:

» 人気の株主優待銘柄を紹介 [株主優待情報館]
株主優待について。株主優待を貰うには。株主優待にお勧めの証券会社。JAL、ANAなど狙い目の株主優待銘柄の紹介。株主総会とは。株主優待ライフをエンジョイしよう。 [続きを読む]

受信: 2007.06.14 23:44

« コムスン、全事業を系列子会社に譲渡  | トップページ | 物欲の館 »