« 今年初! | トップページ | 脳内メーカーをやってみた »

2007.07.05

最強の連ドラ

今クールも、実に沢山の連ドラが各局で放送されている。
日曜には、舘ひろし&新垣結衣で『パパとムスメの7日間』、月曜はCX系だから高知ではやんないけど井上真央出演の『ファースト・キス』、火曜も関西テレビ系列の『牛に願いを Love & Farm』とか面白そうだし、連ドラ少ない水曜日でも『警視庁捜査一課9係 Season 2』なんかやってる。木曜の『菊次郎とさき』なんか事前の宣伝なんか結構すごくて、TVは殆ど見ない僕も、これの予告編は何度も見た。金曜だって22時から『山田太郎ものがたり』見て、終わったら『スシ王子!』見てたら週末の夜は終わっちゃう訳で、他にも、ここで紹介した番組以外にも実に沢山のテレビドラマが、衛星放送やCS放送やケーブルテレビまで含めたら、毎日いつでもどこかのチャンネルでテレビドラマが放送されている訳で、そりゃあそう言った類の番組を集中的に見ていたら、「きっこのブログ」を見て政府に怒りを覚える事なんかないだろうし、辺見庸氏の著書を読みながら思索にふける事はおろか、教育テレビを見ながら自分や自分が所属する集団の未来に不安を抱く。なんて事は絶対に起こりえない。

日本では、読むのは漫画雑誌だけ、見るのはバラエティーと連ドラだけ、と言う層が、いつの間にかマジョリティーになっていた。そう言った人達は思考の範囲が物凄く小さくなっていて、自分と、自分の興味がある単純で簡単で即効性のある事柄と、自分自身と、自分のごく親しい少数の他人以外の事には全く興味が無い。

 

 

地球の裏側では、貧困を理由に3秒に一人の割合で子供達が死んでいる。

だからなに?

イラク戦争で使われた大量の劣化ウラン弾頭で、国土の大部分を放射能汚染されたイラクでは、劣化ウラン弾がばらまいた放射性元素の影響で白血病になり、命を落とす子供達の数がここ数年で激増した。

関係ないね。

小泉政権が推し進めた改革で、社会保障費が削られ低所得者層の受けられるサービスが無くなったり削られたりした結果、低所得者層の暮らしが文化的な生活を維持するのが難しくなるくらいに著しく悪化した。

俺、低所得者層なんかじゃないしぃ。

自民党によって強行採決され成立した教育基本法改正案や国民投票法案によって、恐らく近い将来憲法が改正されて、日本は強力な軍隊を保有した軍事国家となる。

別にいいじゃん。俺、戦争になんか行かないし。

国家の決定によって行われる戦争には、国民は国家に尽くす事が義務となる。私財提供。徴兵。労役。個人の自由は雲散霧消し、戦争を前提とした国家では、国民の人権は制限される。

え?それはちょっと困るな。

 

 

何て言ったところでもう全ては遅いのだ。自分がどんなに「俺は戦争なんか嫌いだ。家で音楽でも聴いてる方がずっといいし、どこか遠くの国で殺されたり殺したりしてる時間があれば、大好きなあの娘とう~んとえっちなセックスでもしていた方がずっといい。」何ていくら言ってみた所で、戦争になってしまえばそんな事は一切関係無い。戦争が出来る国。と言う事は、”個人は国家に尽くす事”が義務として課せられる国と言う事だ。そして、安部晋三が目指しているのは、国民一人一人が、国家の為に財産はおろか命までもを差し出す、『自己犠牲に満ちた美しい国』だ。

今、日本は分岐点に差し掛かっている。
今度の参議院選挙は、今後の国家が向かう方向性を決める選挙になるだろう。
自民党と公明党が勝てば、この国は利害の対立する隣国と戦争する事を前提にした、個人の自由が国家権力によって規制される国になる。利害が対立なんかしていなくても、アメリカ(正確には、アメリカの軍需産業)の利益の為に行われる戦争に、属国として共同参戦する事になるだろう。

自民党が過半数割れになっても、自民党が公明党と連立して衆議院で強行採決した法案を追認する現状に変化は無いが、現在計画中の幾つかの個人の自由と権利を制限する法案が、成立が遅れる事になるだろう。

自民党が大幅に議席を減らして、公明党と連立を組んでも過半数を維持出来ない位に負けた場合、国民新党の何人かが自民党に復党するかもしれない。しかし、憲法改正は先送りにせざるを得なくなるだろう。

自民党が圧倒的敗北を喫し、社民党と共産党が躍進するような結果になった場合、政府はこれまでいじめ抜いて来た低所得者層に対して、もう少し配慮した政治を行わざるを得なくなるだろう。しかし、安部政権が退陣に追い込まれる位の大敗北をさせないと、奴等は必ず、この国を戦争の出来る国にしようとする企みを練り続けるだろう。

 

自民党がずっと負け続ける事。

それが起きない限りこの先、不動産以外の資産が100万ドル(約1億2千万円)を超える超金持ち以外の日本人が幸せを享受出来る日なんて絶対にやってこない。

次の参議院選挙で投票率が50%以下だった場合、自民党と公明党が議席の過半数を占め、「憲法改正に国民の合意を得た」と自民党の長老達は鼻高々にアナウンスして、憲法改正に着手し、日本は個人の自由が北朝鮮よりはマシ。って程度に規制された、凶暴な軍事国家になるだろう。

 

そんな日本になるのはイヤだから、
月末の参議院選挙には行こうな!
普段は選挙になんか絶対に行きそうにない、あのお友達も誘ってあげよう♪

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング



ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

|

« 今年初! | トップページ | 脳内メーカーをやってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15640409

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の連ドラ:

» 20011年7月24日アナログTV放送終了予定は段階的になる [デジタルテレビ時代の地上デジタルテレビ戦略]
総務省7月9日発表①総務省は、アンテナ受信におけるチューナーは5000円以下の格安に なるように開発を指示した。 (これは家電販売店やメーカーの販売サイトから購入するようになる)②20011年7月24日アナログTV放送終了予定は各地方や地域の状況...... [続きを読む]

受信: 2007.07.10 21:21

» 参議院選 投票率 [newsナニかあるかな?]
柳沢発言柳沢発言「若い人たちは子どもを2人以上持ちたいという健全な状況にいる」こ... [続きを読む]

受信: 2007.07.31 23:04

« 今年初! | トップページ | 脳内メーカーをやってみた »