« To Kochi | トップページ | 今年初! »

2007.07.03

久間防衛大臣の暴言

安倍内閣の閣僚は、首相の安倍晋三を筆頭にとんでもない発言を平気でする大馬鹿者ぞろいだが、その安部内閣がまたやってくれた。

防衛大臣の久間章生が、なんとか大学での講演で「アメリカの原爆投下はしょうがなかった。」なんてとんでもない暴言を吐いた。

「女性は産む機械」何て時代錯誤発言で世界中の日本人達に恥かしい思いをさせた、ヘナぎ沢厚生労働大臣の失言の時は、世界中で配信されるまで数日掛かったが、今回は、世界中が核廃絶に向かっているのにその世界唯一の被害者である日本の、しかも国防大臣の、原爆容認発言なんだから、BBC始め各国のメディアは即座にこぞって、「アメリカの原爆投下は戦争終結には必要不可欠だったと、日本の現職閣僚が認めた。」と報じている。

 

情けない。実に情けない。

アメリカ政府が軍事的には全く不必要だった原子爆弾の投下を、実験目的と、軍事的示威行動として行ったと言うのは、アメリカの歴史学者、Ronald Takaki氏による検証でも実証されている。氏の著書(『HIROSHIMA』 ISBN 0-316-83124-7)によれば、マッカーサー将軍は戦後、原爆投下に関しては「Completely unnecessary.(全くの無駄)」と発言しているくらいなのだ。

本来なら、国民の代表者である政治家として、非戦闘員である一般市民が密集して暮らす市街地に原爆を投下し、その戦果と威力を確認すると言う、非人道的な『原爆の実戦使用実験』を行ったアメリカを批判し、同盟国の閣僚として、その軍事偏重主義を諌めるのが正しい姿であるはずなのに、久間防衛大臣は、「アメリカを恨む気は無い。」とまで言っているのだ。
この久間章生大臣の発言は即座に、共産党、社民党を始めとする野党各党から一斉に非難を浴びたし、広島・長崎の被爆者達からも、怒りの声が噴出している。しかし、安倍首相はその久間大臣を擁護し、彼の発言には問題は無い。とまで言い切っている。

これはつまり、安倍内閣は原爆使用は場合によっては許されると認めた事になるし、実際に(しかも自分達に対して)使用したアメリカに対しても、「原爆を落としてくれたお陰で戦争が終わったよ。どうもありがとう。」と言っているようなものだ。

その一連の動きに対し、世論の反感が予想以上に大きかった為、久間防衛大臣は「発言に問題は無い。」と公言した数時間後に、大慌てで「発言を撤回する。」と言い出し、安倍総理も「久間大臣の発言に対し、厳重注意とした。」と発表したが、これは参議院選挙前だから急遽行われた選挙対策であり、安倍内閣の本心が「原爆使用は許される」である事は明白だ。 

しかしこれでは、広島と長崎で生きたまま焼き殺された20数万人の被爆者達は、とてもじゃないが浮かばれない。

 

ヘナぎ沢大臣の失言に続き、久間大臣のお陰でまた僕等日本人は、自分達の国の恥を世界中にさらす事になったのだが、国民は一体、どこまで国家の行動に責任を持つのだろう?

「女性は産む機械」と言ったヘナぎ沢厚生労働大臣も、「アメリカの原爆投下は仕方が無い」と言った久間防衛大臣も、二人の発言を「問題無い。」と言って擁護する安倍晋三総理大臣も、皆、民主的な選挙を経て”国民から”選ばれた政治家なのだ。
僕は選挙権を得てから今日まで、一度たりとも自民党議員に投票した事は無いのだが、彼等は有効投票数の中で最大の支持を得た、つまり国民から選び出された政治家達なのだ。

国民が選んだ政治家の失言や暴言、失政や暴政の責任は、それをした政治家では無く、それをした政治家を選んだ国民にある。国会議員は選挙によって国民から選ばれるのだ。その行動や発言の全責任は、全て投票者と投票棄権者にある。

 

あなたがどこか海外に行くとする。

往路の飛行機中で、現地のレストランで、滞在先のホテルのロビーで、色んな国の人から言われるかもしれない。「お前の国の政治家はヒドいな。」って。それは同時に、「お前の国はヒドいな。」って言われているのと同じ意味だ。

でも仕方が無い。

そんなクズみたいな政治家を選んだのは、僕達国民なんだから。

 

日本に来た外国人観光客に、また自分が観光客として異国を訪れた時に、自分が日本人である事を堂々と胸を張って言えるような日本にする為に、

次の参議員選挙には必ず行って、自民党以外の最もマシな誰かに投票してこような!!

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング



ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

|

« To Kochi | トップページ | 今年初! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15623191

この記事へのトラックバック一覧です: 久間防衛大臣の暴言:

« To Kochi | トップページ | 今年初! »