« 恋愛特攻隊 ~ハッピーエンディングに進路を取れ!~ | トップページ | 『オリバー・ツイスト』を見て思ったこと »

2007.07.12

一人・反自民キャンペーン

この、mizzie's cafeに古くから来てくれてる人達は気付いていると思うけど、mizzieにとっての七月は、『選挙の月』だ。
で、オイラは人知れずこっそりココで、『一人・反自民キャンペーン』を展開している。

これまでの自民党の悪行を暴き、欺瞞を見破り、謀略を世に晒し、「自民党がこのまま政権にいたら、オイラ達の暮らしがめちゃめちゃにされちゃうよ!!」ってのを、このブログで言い続けてきた。7月に入ってからは反自民ネタの記事を毎日書いている。

7月29日の参議院選挙。その争点は実に多様だ。

年金

格差

介護

教育

改憲

これらの各争点に対し、自民、公明、民主、共産、社民、他各党が、それぞれ独自に主張を展開している。民主党の小沢代表は、「安倍政権は自由競争万能、市場原理、生産効率第一主義の考え方だ・・・(中略)・・・こんな政治が続けば国民の生活は破綻する」と主張し、共産党の志井委員長は、「年金問題の解決には与野党が協力すべきとの立場だ。(中略)共産党は「ストップ貧困」を掲げ、憲法で保障された国民の生存権を守り抜く。消費税の増税は許されない。(中略)9条を守れの一点で多数を結集しよう。」と訴える。社民党の福島党首は「最悪内閣を妥当する。(中略)変えるべきは憲法ではなく、国民を見下した(安倍晋三の)政治だ」と訴える。

野党のこれらの訴えに対して与党である自民党と公明党はどう言っているのかと言うと、公明党の大田代表は「今回の参院選は「未来に責任ある政治」を問う選挙だ。(中略)次の世代によりよき日本を渡す為、未来に責任ある政策かどうかが問われる。」と言うが、自民党と、安倍晋三と一緒になって憲法を変えて未来の若者達を戦場に送り込もうとしている、消費税を上げて未来の子供達の生活を苦しくしようとしている、教育改革と新自由主義で不公平なスタートラインを放置したまま、完全自由のルール無き競争社会を作ろうとしている与党にそんな事を言われても、説得力はゼロどころかマイナスだ。民主、共産、社民が突いてきた論点に対して、何一つ論理的な反論が出来ていないのだから。

で、肝心の自民党。安倍晋三は今回の選挙で、
「・・・教育基本法を改正し、国民投票法も成立し憲法改正の為の新しい国つくりの礎を築いた。(中略)この選挙は今後とも改革を進めることができるかを問う選挙だ。」
と、そうはっきりと言い切った。
国会会期を延長させてまでして、数の力で押し切って強引に可決・成立させたそれらの法案は全て、憲法を変える為の布石だったのだ。新自由主義を強く支持する経団連からの支持厚い、そして自分自身が新自由主義を理想としているとしか思えない安倍総理はきっと、この国を『オリバー・ツイスト』みたいな世界にして、そしてその世界で新しく生まれてくる、貧しい家庭に生まれた子供達を全員、兵隊にして最前線に放り込み、金持ちが永遠に金持ちで居続けられる・貧乏人は金持ちをさらに金持ちにする為に命を捧げなければならない、そんな美しい国にしようとしている事が、容易にこの主張から読み取れる。

『改革か、逆行か』
と言う、シンプルで曖昧な旗印を掲げる安部自民党だが、小泉政権以来ずっと続いてきた一連の改革で、この国の地方と弱者は完膚なきまでに痛めつけられた。庶民の暮らしを悪くして、金持ちがさらに金持ちになる為の改革なんて、もういらない。

 

日本人は親切だから、選挙度に自民党に騙され続けて、でも次の選挙になると騙された事なんか無かったかのように振る舞い、耳障りのいい自民党の主張を信じて自民党に投票する。そして選挙が終わればそれはバックラッシュになると言う喜劇を演じる。

今回も自民党の候補達は、「真の格差是正は政権内から言ってこそ達成される」と主張しているが、選挙が終われば党是に従って衆議院で可決した法律を追認するだけの議席を占める駒に成り果てるのだ。
自民党議員は僕が政治に興味を持った12歳の頃から24年間ずっと、一貫して庶民の暮らしを苦しくするような政策ばかり行ってきた。選挙の度に自民党候補者は、「政権内からの異論・反論こそ真に力を持ちえる!」と主張し、当選すれば党是に盲従してきた。24年間(そして多分もっと長い間)もだ。

 

もう騙されてはいけない。

金持ち達支配層が言う所の「愚かな大衆のブタ」である僕達もそろそろいいかげんに、奴等に鉄槌を振り下ろすべき時だ。

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング



ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪
ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 恋愛特攻隊 ~ハッピーエンディングに進路を取れ!~ | トップページ | 『オリバー・ツイスト』を見て思ったこと »

コメント

はじめまして。

T.S.mizzieさんの反自民の先にあるものは?
そして、政治、政治家のあるべき姿はどんな姿ですか?

参考迄に、私の思うところを述べた記事をトラバさせていただきました。

ところで、郵政米営化という書籍を読んだ事は在りますか?

投稿: へのへの419 | 2007.07.12 21:53

へのへの419さん>
僕の反自民は全て、これまで自民党がやってきた・これからやろうとしている政策に「No!」を突きつける為の反自民です。また政治と政治家のあるべき姿とは、国民の代表に相応しく、全ての国民の奉仕者として、平等に・公平に、”全ての”国民の幸福を追求するのが政治家の姿だと思います。また僕が目指す理想の政策は、野党各党のHPに行って公約を詳細に検討すれば、容易に想像は出来ると思います。

郵政民営化がアメリカ資本の利益最大化と言う哲学に基づいて行われた事は、ネットで収集出来るレベルの情報でも充分に推測出来ることですから、「郵政米営化」に関しては読んではいません。民営化の必要など無かった郵政省を民営化させたのは、郵便貯金が持つ数百兆のお金が欲しかったアメリカの投資ファンドが政治的に圧力を掛けた。と言うのは少し考えればへのへの419さんにも容易に理解出来た筈です。

投稿: mizzie | 2007.07.13 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15731260

この記事へのトラックバック一覧です: 一人・反自民キャンペーン:

» 【2007年参議院選特集】日本国民はおとなし過ぎる。このままでは政治家のオモウツボ。 [BeeQueen]
以前、巨大掲示板で、あるカキコミを目にした。 「国家公務員になれた者は勝組、民間企業就職者は負け組」 どうやらカキコミをした方は国家公務員のようで、 民間企業就職者を馬鹿にしている内容であった。 社会保険庁のお粗末な仕事。 そのお粗... [続きを読む]

受信: 2007.07.12 20:27

» 参議院選挙を前にして [へのへのもへじの徒然日記]
今回は国民新党に注目している。小泉−安倍と続いている内閣によって、独立国となるべ [続きを読む]

受信: 2007.07.12 22:02

» 総理、ここは正面突破だ! [君、国のために]
 参議院選挙の選挙戦が開始された。今回自民党は不利なものである。しかし、自民党に [続きを読む]

受信: 2007.07.13 02:07

« 恋愛特攻隊 ~ハッピーエンディングに進路を取れ!~ | トップページ | 『オリバー・ツイスト』を見て思ったこと »