« Wings burning... | トップページ | 恋愛特攻隊  ~凍った心が音を立てる~ »

2007.08.01

I'm a caregiver.

ベテランのおばちゃん職員達はよく、僕の仕事振りに対して言う。

「もっと自信を持ちなさい。」

って。

(これでいいのか?ほんとうにこれで大丈夫なのか?)って、自分を疑いながら仕事をしている僕が、そういったベテランおばちゃん達には不安に映るらしい。

「あんたのその自信の無さは、患者さんを不安にさせる。」

おばちゃん職員達の言うとおりだ。だけど僕は、自分を疑う事を止める事が出来ない。自分のやっている事は正しいのか?自分自身を常に疑いながら仕事をしている僕の疑問の原因の一部が、昨日の記事の内容にあるのも事実だけど、それ以前に僕は、この”介護”と言う業界に来る前の、前職・元職で培った精神構造が抜けていないんだと思う。

金属加工で生計を立てていた頃、

レーシングライダーとして、レーシングメカニックとしてレースに関わっていた頃、

アメリカで、大学と掛け持ちで寿司職人助手として働いていた頃、

いつも心に留めていたのは、「自分の仕事に酔うな!」だ。

 

いい製品を作ろうと思っていれば、いい走りをしようと思っていれば、いいマシンを作ろうと思っていれば、いいサービスを提供しようと思っていれば、美味いものを作ろうと思っていれば、

絶対に、自分の仕事に自信を持つ事なんか出来ない。

これでいいのか?もっといいやりかたはないのか?どこか改善できる所は無いのか?どこか悪い所はないのか?そうやって自分を疑い続けていないと、自分の仕事に自信を持ってしまった瞬間から、自分の凋落が始まる。

昨日も書いたけど、僕は今、自分を疑いながら仕事をしている。

これでいいのか?なんてレベルの疑い方では無い。
これって絶対おかしいよ!って位に自己否定しながら働いている。

介護の現場は悲惨だ。

志を持って介護業界にやってきた職員は、満足には程遠いサービスしか提供出来ない現状に絶望し、過酷な労働条件と貧弱な給与体系に、自分を偽って現実に擦り寄っていくか、あっという間に羽を燃え尽きさせて堕ちて行く。

確かに、介護者中心主義の介護なら、2ちゃんで嘲笑われているように、体力さえあれば誰にだって出来る仕事になってしまう。そんな介護なら、俺がやらなくたって誰かがやる。給料の低さで人が集まらなくなっても、自民党は途上国から低賃金労働者を受け入れる事で人材不足を補う道を選んだんだから、介護者中心主義の介護なら、俺がやる必要なんかどこにも無い。

だけど、

この激務で、危険度で、責任の重さで、こんな劣悪待遇で、質の向上を求めながらウンコとオシッコにまみれながら、心理学から始まった、自分がこれまでの人生で学んできた知識と経験を生かして、自虐的になる利用者を無条件に肯定しながら、笑顔で介護できる奴が何処にいるよ?

この仕事に就くまで、自分のイチバンやりたい事を全力でやってきた僕は、自分の人生にとても満足しているので、高校を出てすぐに福祉系専門学校を出て来た連中とかみたいな、世俗的な事柄に対しての欲望がとても希薄だ。とりたてて遊びたいとも思えないし(それ以前に、二輪ロードレースよりも刺激的でカタルシスを得られる遊びなんて何処にも無い)、欲しいアイテムなんて特に無い。
お金”しか”無い超金持ちを実際に何人も見てきた事で、手にした貨幣の量では幸福度の絶対値は計れない事も知っている。大学院に進んだ時の為に貯めていたお金を帰国後そのまま株式投資に回したので、ネット株で小金を稼いでいるオイラは、帰国以来とりたてて資金不足に陥った事も無い。

だから、劣悪待遇に耐えられる許容度は、一般の介護職員よりも高いはずだ。

特定の恋人がいない。っていうのが唯一の弱点だったんだけれど、こんな僕を丸ごと受け入れてくれる、ななか(仮名)のような女性と出会ってしまって、恋に落ちてそのまま教会の鐘鳴らしちゃいそうなオイラ、心のインストゥルメント・パネルには大きく、「All clear」って出てる。

そして何だかんだ言っても結局、僕はこの仕事が好きだ。

システムも慣習も慣行も体質も問題だらけだけど、それを何とかして少しでも改善させたい。って思ってる。

今は地道に下積みを積んで、少しずつステップを上がっていって、独立開業と言う目的地に到達したいと思っている。ある程度自力が付けば、デモや署名活動と言ったソーシャルアクションを起こして、下から制度変革を訴える事だって選択肢の中に入ってくる。

 

レースをライダーとしてやっていた頃、いわゆる「ハマった」と言う状態になる事が何度かあった。
「ハマる」には2種類あって、一つは何をやっても裏目に出る「ハマった」。
この時はヘンに悪あがきなんてしないで、じっと耐えてその時期が過ぎ去るのを待った方がダメージが少なくて済む。
もう一つは、自分の向上がピタっと止まってしまう「ハマった」。
この時は、ひたすらもがいてもがいてもがきまくるのがイチバンいい。そうやってもがきまくっていると、ある時突然、breakthrough(劇的向上)するポイントがやってくる。

今はきっと、もがきまくる時だ。

結局僕は、介護職員なんだ。

今はもがきまくって、ターニングポイントが来た時に、一気にブレイクスルーさせよう。 

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« Wings burning... | トップページ | 恋愛特攻隊  ~凍った心が音を立てる~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/15966161

この記事へのトラックバック一覧です: I'm a caregiver.:

« Wings burning... | トップページ | 恋愛特攻隊  ~凍った心が音を立てる~ »