« 富の再分配 | トップページ | 何のキャンペーンだ!? »

2007.08.27

年金改革の裏の裏

日本と言う国は官僚によって支配された専制君主国家みたいなものだ。官僚になって行政府の主要ポストに就けば、国民から薄く・広く集めた金を自分達の好きなように使って、退官する時には介護職者の生涯獲得賃金よりも高額の退職金を得て、どこか関連企業や自分達が作った特殊法人に天下りして、そうやって退職後も税金をネコババして私腹を肥やして、もしそれがバレそうになっても、この国はお人好しで忘れっぽい国民性の国だから適当に誤魔化して隠しておけばいい。
こんなおいしい職業は無い。
仕事は前任者がやった事をなぞっておけばOKだし、何か失敗をしても、どんなに受益者たる国民に損害を与えるような失政をしても、決して責任を取る必要なんかないんだから。

「国民の皆さんの老後を保証します!」と言って、ほぼ全ての国民から集めた年金、本当は総額150兆円弱の積み立てがあるはずなんだけど、その150兆円は社会保険庁や厚生労働省や色んなトコの官僚達が自分達の天下り先を確保する為に作った特殊法人に投資され、さらに自民党の政治家達が自分達の支持者に利益誘導する為に使い込まれて、150兆円の中の一体どれだけの金額が不良債権化しているのか、日本医師会総合政策研究所の試算では、約60兆円が不良債権化しているとしさらに、別の識者の調査では、特殊法人全体で約35兆円の債務超過があるという推計を発表している。さらに、小泉政権下で「経済は回復しています!」と主張する為の株価操作として市場に投入された資金も年金が原資となっているらしいのだが、そうやって年金として集めた金で株を買って、その累積損失は既に6兆円を超えている。

殆ど全ての国民が年金制度が破綻している事には気付いていて、でも真実を知るのが怖いから目を逸らして耳を塞いでいるんだけど、それをいつまでも放っておく事も出来ないから仕方なく厚生労働省が出してきた年金制度改革案では、現行の年収の13.58%である厚生年金保険料を、毎年0.3%ずつ引き上げて行き、2022年度に20%にして固定して、基礎年金の国庫負担率を3分の2から2分の1に引き上げて、厚生年金の給付水準を現役世代の平均所得の59.4%から54.7%に引き下げ、約150兆円ある筈の年金積立金は、今後95年掛けて取り崩す。となっていた。これに日本経団連の奥田前会長が「厚生年金保険料の半分は企業負担分だから、全従業員の年収総額の10%も年金に払うのはイヤだ!基礎年金は消費税増税で賄え!」と言ってきて、財務省も現行の給付水準を維持すると2025年には50兆円の財源不足に陥ると訴え、総務省は給付水準を下げて支給年齢を上げろと言ってきた。だから政府は保険料の引き上げを18.35%で抑え、年金給付水準も50%に抑えて、老年者控除他色んな控除を廃止して、2007年以降の消費税引き上げを行うと言う方針を打ち出した。

まるで値引き交渉だ。そしてそこには、年金の拠出者であり受益者である、国民への配慮はどこにも無い。

そうやって国民不在の不毛な議論を、官僚達は僕等の知らないところで勝手に繰り広げて、そうして何をやっているのかと言えば自分達の保身と利益確保と責任逃れだ。

僕等のじーちゃんばーちゃんが、父さん母さんが、そして僕達自身が、せっせと働いて払った年金を勝手に使って焦げ付かせて、その総額が天文学的数字になっているんだから、そしてそれは僕等みたいに自分からその問題にアプローチして行く国民にはバレているんだから、これ以上問題を先送りしても傷口が広がるだけでそれが表に出た時には官僚以外の全員が被害を被る事になる。だから一刻も早く隠れた不良債権を全部暴き出して、それらの処理を行わないといけない筈なのだ。

だけど、この国のキャリア官僚達は誰もそれをしない。
年金積立金の処理を一気に進めようとすれば、特殊法人の不良債権問題が一気に露呈してしまう。60年も時間を掛けて、政治に無関心な国民を作り上げて自分達が好き勝手に税金や年金を使えるような美しい国を作ったのに、自分達の払った年金が官僚の天下り先確保の為に作られた特殊法人によって焦げ付いている・払った年金が消えている。何て事を公表したら、政治無関心な国民もさすがに黙ってはいないだろうし、そうなると自分達が失政の責任を問われて責任を取らされてしまう。
それで、年金改革案に年金積立金を年金不足の財源として、95年掛けて取り崩すと言う案を盛り込んだ。95年と言うとんでもない長期間を掛けて取り崩すと言うのは、一気に取り崩すと不良債権化した特殊法人につぎ込んだ年金が一斉に表面化して、自分達が責任を取らされるからだ。銀行の不良債権問題と同じだ。政府の出してきた年金改革案は、政権の経済失政を隠すと共に、大多数の国民の財産を焦げ付かせて、それを隠そうとしているのだ。

これが、厚生労働省が、政府自民党が、安倍政権が出してきた年金制度改革法案の中身だ。あいつらは「老後の安心を保障します!」とか耳障りのいい事を言うだけでその中身については何にも言わないけれど、その中身は自民党政治家と政府官僚の私腹を肥やし、彼等の失政を隠すシステムになっている。国民が政治に無関心でいると、真実に目を閉じて・現実に耳を塞いでいると、あいつらは好き勝手やって僕等の生活と未来をめちゃめちゃにしてしまう。

 

あなた、これでもまだ政治に無関心でいられる?

 

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 富の再分配 | トップページ | 何のキャンペーンだ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/16162902

この記事へのトラックバック一覧です: 年金改革の裏の裏:

« 富の再分配 | トップページ | 何のキャンペーンだ!? »