« 何のキャンペーンだ!? | トップページ | なんじゃこりゃあっ!? »

2007.08.29

ホエールウォッチング

ビンボーな介護職員のmizzieだけど、ロト6で小当たり(\12000ゲット!)したのでそのお金を使って、ななか(仮名)を誘ってホエールウォッチングに行ってきた。

9月も近いし、ホエールウォッチング自体がシーズン終盤でもあるんだけど、高知ってトコは「おらんくの池(土佐湾)にゃ、潮吹く魚が泳ぎよる。」何ていう、モントレー湾みたいなトコ(でも海はシスコ至近のモントレー湾なんかよりも遥かにキレイ♪)なので、船で1時間も走ればフツーに鯨が泳いでる。

高知は僻地で交通の便がとても悪いので、都会から人が押し掛けて・・・ってのはあんまり無いので、出航港が桂浜からの奴は高知市から近いので予約で一杯だったんだけど、高知市から車で1時間のトコにある宇佐港からの便には前日でも空きがあったので予約して、当日朝にななか(仮名)姉から借りた軽自動車に乗って、宇佐しおかぜ公園にあるホエールウォッチング出航地に向かった。
高知を早く出たてオイラ達はしおかぜ公園一番乗り。で、公園内のホエールウォッチング乗船者用待合所で時間を潰す。早めに来てたオイラ達は一号船(最初に出航する)に載る事に。

Img_0647
乗船開始から5分もしないうちに出航。

Img_0648  

 

 


いつもなら、早朝から漁に出てる漁船から鯨発見情報があるんだけど、この日は情報が無かったらしく、沖に出て直接鯨を自力で探す事になる。全長20mくらいの小型船なので、沖に出るとうねりもあるのでかなり揺れるので、小型船には慣れていない、ななか(仮名)は船酔い気味で気分悪げ。

出航から約2時間。いつも鯨が泳いでる海域では見つからなかったので、足摺沖まで足を伸ばす事になり、船酔い中のななか(仮名)は船長からの、「この海域にはいないみたいだから足摺沖まで鯨探しに行きます」の声に嫌そうな顔してる。

足摺沖でも鯨は見つからず、船長は必死になって見張り台から双眼鏡で鯨を探す。僕も(今日はダメなのかな?)とか思ってたその時、

「イルカの群れがおる!今から行くぜよ!」と、マイク片手に船長が大声を上げた!
そして全速力で疾走する事約2分。マイルカの群れとコンタクト成功

Img_0661
 

Img_0656_2 

 

 

 

水族館とかで飼われてるのじゃなくて、ドルフィンセンターとかで飼いならされてるのとかでもない、正真正銘のワイルド・マイルカ。
でもイルカって賢いし、観光のホエールウォッチング船が捕食者や迫害者で無い事が判ってるみたいで、すぐ側まで寄ってくる。

Img_0654Img_0659 Img_0668_2

Img_0664_2Img_0669 Img_0655

 

 

 

 


自分達から2mも離れていないくらいの至近まで来て泳ぐマイルカ達に、さっきまで船酔いでぐったりだったななか(仮名)も、まるでべホマでも唱えられたみたいに一気にHPが完全回復。瞳をキラキラさせて、目の前でジャンプしたりするイルカ達を見ている。
見ている間じゅうずっと2匹ペアで寄り添って泳いでるイルカがいて、見ている間中ずっと寄り添ってたオイラとななか(仮名)は(まるで僕等みたい)ってお互い思っていたのでした。(^^)

この日は宇佐から3隻、桂浜からは2隻の船がウォッチングに出てたんだけど、どの船も鯨を発見する事は出来なかったようで、僕等の船の「マイルカの群れ発見!」の無線に、5隻全てが僕等の船のいる所にやってきた。

Img_0670

Img_0672

 

 

 

 
船の後をついて泳ぐイルカもいて、それはそれで中々に可愛らしい。

Img_0679Img_0680

 

 

 

 
生で、間近で見る野生のイルカ達、めっちゃくちゃに可愛かったです♪
あと、「高知の海ってこんなにキレイだったのね!」って再確認しちゃいました。

小一時間ほどイルカ観察を堪能した後、足摺岬沖まで来てたから帰港に時間が掛かるので宇佐港に戻る事になった。桂浜(浦戸漁港)から来てた船は新造船だから速力が速いんだけど、宇佐よりもさらに遠い所に帰らなければならないので、既に全速力で桂浜に向かっている。僕等は船長の計らいで沖合いを遠回りして、さらに鯨を探しながら巡航速度で走る。でも結局鯨は見つからず(トビウオが飛んでるトコなら見ました)、予定よりも90分ほど遅く、宇佐漁港に帰港。
船から降りた直後は、5時間半も船に乗ってたから足元がフラフラしてるんだけど、さらに帰りも海にうねりが出ててかなり揺れたので、僕もななか(仮名)も軽い船酔いで気分悪かったんだけど、野生のイルカの群れに至近で遭遇出来た事でシアワセ感いっぱい♪
桟橋を待合所に向かって歩きながら、ななか(仮名)が僕向いて「今日はホントにありがとう!」って言う顔が、(アタシ今、めちゃめちゃウレシイしシアワセですっ!)って顔してて、それはそれはとってもとっても充実したステキな一日になったのでした。

今回は鯨見ることは出来なかったから、またチャンスがあれば来ちゃおうっと♪

 

高知のホエールウォッチングは、黒潮町、宇佐、桂浜、などから出ています。どこもホームページ持ってますから、詳細はそちらにお問い合わせを。

注意!
高知の夏の日差しは超・強烈だし、海の上は海面からの照り返しもあるので日焼け対策は万全に。日焼け止めはモチロン、服は長袖で肌の露出の少ないものを。そして酔い止めは必ず飲んでおくこと。
(サロンパスをおへその上に貼ると酔い止めに効果がありますが、それに加えて酔い止めを飲んでおく事をお勧めします)

 

 

一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 何のキャンペーンだ!? | トップページ | なんじゃこりゃあっ!? »

コメント

高知の海って……ほんっとに綺麗なんですねー!!素晴らしいです。東京の海は……ああ。
こんな景色を観ながらデートした、mizzieさんとななかさんは、幸せですね~♪
今年はUVケアに失敗して、真っ黒に日焼けしているゆららでした……。
バタリ (o_ _)o ~~~ †

投稿: ゆらら | 2007.08.29 08:34

高知も、高知市周辺はそんなにキレイではないのですが、船で30分も沖に行くと、それはそれはとてもキレイな海になって、完璧なネイビーブルーって奴が見られます。
んで、そこではイルカとかクジラとかフツーに泳いでる訳で、昔は捕鯨の盛んな土地だった高知、今ではクジラを観光資源にしてます。

東京or大阪からの始発便で高知空港に着て、空港でレンタカー借りて宇佐しおかぜ公園で10時からの便(要事前予約)に乗って、午後3時くらいまでクジラ見て4時に空港に車返して、最終便で東京or大阪に帰る。ってコース使えば、日帰りでホエールウォッチング出来ちゃいますから。

投稿: mizzie | 2007.08.30 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/16265399

この記事へのトラックバック一覧です: ホエールウォッチング:

« 何のキャンペーンだ!? | トップページ | なんじゃこりゃあっ!? »