« 恥を知れ! | トップページ | しあわせのかたち »

2007.09.25

この仕事やばいよ

「あ、痛たたた!」

 

朝、日勤業務が始まってすぐの時間帯に、同僚が腰に手を当ててそう言った。すぐ側にいたベテランの正看護師がギックリ腰の可能性が高いと判断し、その職員はそのまま空いていた車椅子に乗って、本館にある整形外科へと連れて行かれた。

 

ー 30分後 ー

 

「って訳で○×さん、☆@さんギックリ腰で今日から5日間病欠になるから・・・」

病棟師長が、ケアワーカーリーダーだった○×さんを捕まえて、職員の勤務割りについて相談している。腰を押さえていた☆@さんは整形でギックリ腰と診断され、痛み止め注射で一時的に症状を抑えたものの、治療には安静静養が必要とされ、5日間の自宅療養となった。

 

ー さらに1時間後 ー

 

ワーカーA:「mizzieくん、今日は☆@さんの代わりに遅出やって行くんだって?」

僕:「そうですけど何か?」

ワーカーB:「mizzie君、準早出なのに遅出して帰るの?」

僕:「病欠職員のリプレイスメントだから超勤手当でますから。また稼いで帰りますよ。」

ワーカーA:「全く、最近はケガ人だらけね。」

ワーカーC:「この仕事やばいよ。☆@さんギックリ腰、△○さんと#×さんヘルニア、*@さんも五十肩、ケガ人だらけじゃん。」

ワーカーA、B、:「(小声で)そんな事判ってるわよ。」

ワーカーC:「肝炎にMRSAにって感染症のリスク抱えてさ、フツーに仕事してるだけで特別な事なんか何もしてない職員が次々とオーバーワークで壊れて言ってさ、それでこの低賃金でしょ?ゼッタイにやばいってこの仕事。」

 

職場の同僚達の会話を聞き流しながら僕は、自分に120%の負荷を掛けてもこなせないような過酷な業務に追われながら、自分の体が自分でも気付かないうちに壊れている状態まで、職員を仕事に没頭させてしまう・ワーカーホリックを乱造するこの『高齢者介護』と言うものには、魅力と罠が表裏一体で存在しているのだろうと考えていた。

確かに、高齢者介護はやりがいのある仕事だ。
仕事に没頭していると、ビリビリくるような充実感に満たされる瞬間が何度も訪れるのは事実だ。僕もそれを否定するつもりはない。

しかし、そこに罠がある。

そのやりがいとか充実感を追い求めていると知らないうちに、自分はケアワーカーホリックになっている。そしてワーカーホリックは身体感覚を果てしなく麻痺させていく。まるで魔法の様に。
魔法は、いつか解ける時がくる。そしてその時、生身の体は景気回復で人材が流失し、常時人手不足で8人分の仕事を5人で回しているその苛烈な業務の負荷に耐え切れない。

見舞いに訪れた家族は言う。

「ここの職員さんはいつも元気やねぇ。頼りにしてますよ。」

いつも元気なのは当然だ。働き過ぎないと仕事が回らないのだ。そして溌剌と仕事をしていないと、利用者達まで暗くなってしまう。皆、勤務中も勤務後も、ジジババ達を明るくさせるように、暗くならないように、それなりに気を使って振舞っている。常に明るく溌剌としているように・ジジババ達が笑顔でいられるように、自分で自分に課しているのだ。
そして日本の景気がどん底の頃に介護保険制度が生まれて、発足当初は仕事にあぶれた連中が次々とやってきたのかもしれないが、今は景気も幾許かは回復して、介護よりも楽に沢山稼げる仕事はいくらでもある。仕事がキツく、給料が安い介護業界に、わざわざ選んで入ってこようなんていう若い物好きはそういない。

そうして、人員が補充されないまま人手不足な現場を回す為に、生き残った職員はこき使われて、体が壊れた所で使い捨てられていく。

ワーカーCがポツリと言った、「この仕事やばいよ。」は、実に意味深い一言ではあった。

 

僕の職場は夜勤×5に、皆勤手当と超勤手当3時間がついて、やっと給料が20万を超える(手取りは16万ちょい)ってくらいの薄給だが、高知の介護施設でウチよりも稼げるトコはそうない。

介護は、壊れるまでコキ使われて、壊れたら使い捨てられる、典型的な被搾取業種だ。

 

マイったなぁ・・・。

 

 

て事で、一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 恥を知れ! | トップページ | しあわせのかたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/16517902

この記事へのトラックバック一覧です: この仕事やばいよ:

» 介護 [介護の日常]
介護についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2007.09.25 18:13

« 恥を知れ! | トップページ | しあわせのかたち »