« 日本のこれから | トップページ | ななか(仮名)を両親に会わせてみた »

2007.09.04

偏見

今日もオイラは大残業だった。

早出出勤で7時には職場にいたのに、終業のタイムカードを押したのは17時10分だ。僕だけでなくこの日日勤だった全員が、夜勤帯までズレ込んだ日勤帯の業務を終わらせるべくテンテコ舞いしていた。我が職場ではこの数週間程、こんな状態が続いていて、9時終業の夜勤明け職員が10時半過ぎまで残業していたり、公休日の職員が突然電話で呼び出されたりして出勤したりしていて、僕も8月は合計5日間もらっていた有給休暇の内、2日を返上して日勤の仕事をしていた。

8月中旬からこの状態が続いている我が職場だが、それにははっきりとした原因がある。

6月から新たに入ってきた新人が、勤務日の朝になって体調不良を原因に仕事を休む事が頻発しているのだ。直前での休暇通知は、2回や3回どころの話ではなくて、8月半ばから僕がこの職員を見たのが2回無いくらい。だと言えば、どれくらい頻繁に休んでいるのかが想像が出来るだろう。

このd新人さんが我が職場のやってくる事になって、その方の経歴とかなんかを聞かされたオイラは最初、それなりに期待もしていた。今はその期待を完璧に裏切られ、僕以外の職員の殆どが、「やっぱりね。」と言って諦めたような、見下げたような態度で事態の推移を見守っている。僕以外の殆どの、特に高齢なベテラン組はその新人さんのポテンシャルには疑問符を持っていて、僕はそれは典型的な偏見だと思っていたし、その新人さんが、その旧時代的日本人が根強く保持している偏見を打ち破ってくれる事を期待していたのだが、この結果には残念でならない。

その新人さんは在日フィリピン2世の、外国人登録証を持った介護福祉士さんだったのだ。

外国人登録証を持った外国籍の労働者が、市民待遇の出生国国籍を持った市民とやりあう為には、市民から認めてもらう為には、それこそ目から火花が出るくらいに働きまくらないといけない。僕はアメリカでそうやってきたし、働きながら、暮らしながら、「俺は、日本の国旗を背負ってこの街で生きている!」って言う強烈な自覚と自信と誇りを持って働いていた。それはとてもとても疲れるんだけれど、自分が何か他人から顰蹙を買うような事をすれば、それはそのまま「やっぱり日本人は・・・」って言われかねないので、いい加減な事は出来ない、って意識は常にあった。

マイノリティーとして根拠無き差別を受けている人達って言うのは、その差別を跳ね除ける為に、自分達の価値を見せ付ける為に、めちゃくちゃに働く。在日フィリピーナの介護職員がそうやって頑張っている話を耳にする事もあったし、この恥ずかしい極東の島国で、理由無き偏見や差別に会っている彼女達なら、並み居る日本人達が尻込みするくらいの価値を見せ付けてくれるかもしれない。僕は、そんな淡い期待を抱いてもいた。

そしてその僕の淡い期待は、完膚なきまでに打ち破られる事になった。

元々体があまり強くなかった彼女だが、その華奢な体つきゆえに?深刻な腰痛を訴えて出勤直前に「今日は休ませて下さい・・・。」と連絡する事が頻発した。8月末にはほぼ毎日休むようになり、9月一杯で退職する事になったらしいのだが、9月の勤務は決まった後だったので、「とにかくあと20日だけ頑張って来なさい。」と言われ、本人もそれで納得したらしいのだが、9月に入って、まだ一日も出勤してきていない。

この現状におばちゃん連中は想像通り、「あの人達には日本人みたいな責任感は無いから・・・」的な事を言っていて、僕は聞いていてとても悲しくなる。
確かに、まだ若い彼女には少しチャラい所があったのは事実だ。

だけど、

彼女はフィリピンで過ごした時間よりも日本で過ごした時間の方が長い。タガログ語(?)が母国語で漢字は書けないけど日本語は会話なら問題なくこなす。
国籍が違うだけで中身は日本人と何も変わらない。

そんな彼女だけど、ただ単に、外国籍だと言うだけで偏見を持って見られている。
僕は彼女がその偏見を跳ね返してくれる事を期待していたんだけど、そうはならなかったようで、それは僕個人的にはとても残念だ。

そして一番悲しいのは、今後、我が職場は外国籍の介護職員を雇う事に対して、これまで以上に慎重になるであろう事が容易に推測出来てしまう事だ。

 

 

って事で、一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 日本のこれから | トップページ | ななか(仮名)を両親に会わせてみた »

コメント

ああ……とても残念なことですねぇ……。
「外国人に高齢者介護が出来るの??」
という偏見を、是非とも跳ね返してほしかったです。
それなのに、そんなだらしのないことになってしまうなんて。
腰痛が原因なのかなぁ……何か悩みとか、他になかったのかな。
わしも、健康上の理由で退職した経験があるので、介護職に就いたら、そんなことをしないように気をつけたいと思います。
「NHK学園のヒトはダメねっ」
と言われないように……。
そんなわけで、これからトレーニングに出かけるわしなのでした♪

投稿: ゆらら | 2007.09.04 07:58

ゆららさん>
これは僕の個人的見解ですが、その子の責任感の無さは、個人的素質が影響していると、国籍は関係無いと思えます。
腰痛体操は以前書いたした雑誌のコラムに出てますから、mizzie、激しくリコメンドしちゃいます♪

投稿: mizzie | 2007.09.06 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/16331690

この記事へのトラックバック一覧です: 偏見:

» 介護福祉士 [介護福祉士の国家試験!介護福祉士とは]
 介護福祉士(かいごふくしし、英Care Worker)は、昭和62年(1987)に法整備により新しく誕生した社会福祉の国家資格。社会福祉士及び介護福祉士法の規定に基づいた資格で、身体的、精神的な障害により日常生活行動、たとえば、入浴、食事、排泄などの行動に支障のある人に...... [続きを読む]

受信: 2007.09.04 14:27

« 日本のこれから | トップページ | ななか(仮名)を両親に会わせてみた »