« ブロガーの力でメディアを変えよう | トップページ | 極端な状態は元に戻る? »

2007.10.10

カンファレンス(担当者会議)

僕は10月末にカンファレンス(担当者会議)を控えている。全ての職員が最低一名の患者を専任で担当する制度を採用している僕の職場では、新人もベテランも正看護師もヘルパー2級も、担当患者が最低一名いる。

僕は入社した時からずっと、2名の準植物状態に限りなく近い位置にいる患者を担当している。10月末にあるのはその患者さん達のカンファレンスだ。

カンファレンスは基本的に、立案されたケアプランの評価を行い、必要ならば見直しを行う。僕が担当している二人の場合、カルテを確認し過去の記録とケアの目標を照らしあわせ、それが上手くいっているのかいないのか、いないのならば何がいけないのか、なにが必要なのか、なんて事を検討し新規にプランを立案して提案する。理学療法科と栄養科に連絡して、リハビリ評価と体重から推測した栄養状態の推移を見守り、担当の栄養士、理学療法士からのコメントを聞く。そして最後に担当医師の所見が述べられてお終い。ってのが一般的なパターンだ。

僕が勤め始めた時点で既に、寝たきりとなっていた二人で、医師の所見でも「現在は安定していますが、今後は緩やかに様々な機能が失われていくものと思われます。」と言われていて、確かに、僕が勤め始めたその日から物凄くゆっくりとした進度ではあるが、その機能を後退させ続けている。
6ヶ月前、一年前と比較したら、確実にその機能が失われている事実をカンファレンスの度にそれを確認させられる。

手の掛かる患者さんなんだけど、自分の担当する患者さんなので他の患者さんよりもディープにコミットしていくから、それなりに愛着もある患者さんんだ。そんな患者さんがそうして、物凄くゆっくりと弱っていくのを見ていくのはそれなりに辛いものがある。

準植物状態になってしまったその人は、これから、ゆっくりと時間を掛けて少しずつ死んでゆく。あの方達にとっての残された人生は、甘くも酸っぱくも苦くも辛くも無い。

Just hellだ。

 

カンファレンスの度に僕は、

自分達が絶対に勝てない敵を相手に、絶望的な退却戦を闘っている事を確認させられる。

 

 

 

p>て事で、一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« ブロガーの力でメディアを変えよう | トップページ | 極端な状態は元に戻る? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/16662346

この記事へのトラックバック一覧です: カンファレンス(担当者会議):

« ブロガーの力でメディアを変えよう | トップページ | 極端な状態は元に戻る? »