« 札幌、なんでも高いよ・・・。 | トップページ | エピローグ »

2007.10.04

札幌市内観光

(昨日からの続き)

北海道旅行最終日は、札幌市内観光へと出掛けたmizzie & ななか(仮名)。先ず最初に、行きたかった場所で一番遠くにあった、羊ヶ丘展望台へ。羊ヶ丘展望台までは、地下鉄とバスを乗り継いで約1時間(乗り継ぎ待ち時間は除く)。

Img_0915  

羊・・・には可愛いチャペルもあって、結婚カウントダウンな二人は「札幌いいね~。」何て言い合いながら、展望台周辺を歩き回る。

 
 

Img_0913Img_0914 

 

 

 
わあ!牧場みたい!!」って言ってたら、ホントに羊を放牧してました。
だから『羊ヶ丘展望台』なのね。
羊ヶ丘展望台は、もちろん景色もキレイなんだけど、ココは何と言っても、あの「Boys be ambitious!(少年よ、大志を抱け!)」のクラーク博士の像がある事で有名なトコ。観光客の皆さんも、像をバックに記念撮影してらっしゃいます。んでオイラ達も記念撮影。

Img_0906Img_0908Img_0912 

 

 

 

 

   

 
調子に乗って、像と同じポーズで記念撮影するオイラに触発されたのか、ななか(仮名)も「アタシも撮って!」って言って、クラーク博士像の横で同じポーズで記念撮影。オイラはさらに調子に乗って、
 

Img_0909  

中指立てて、
「Boys be Sid Vicious!!(少年よ、パンクを抱け!!)」
なんて写真撮っちゃうのでした。(^^)

 

 

 

んで、そんな感じで小一時間ほどココで過ごし、市バスが着たのでそれに乗って地下鉄福住駅へと戻る。次の目的地は中島公園。

Img_0916 「乗り物ダイスキ!」なオイラ、札幌には地下鉄、市電、バスが一日乗り放題のDay passがあるので、それ使って地下鉄は豊水すすきの駅で降りてから、わざわざ歩いてすすきのから市電に乗って中島公園通で降りる。そこからはまた徒歩で中島公園に。

 

中島公園は結構大きな、そして緑の多い公園。
池では鳥達が遊んでいる。

Img_0917
  Img_0919 

 

 

 

 
国の重要文化財でもある豊平館。
この外観のマリンブルーは、ラピスラズリを原料にして作られている。
ラピスは”幸運を招くジェムストーン”の中では最強とされ、だから財布にラピスラズリの原石を入れているmizzie & ななか(仮名)、「この青はラピス削って作ってるんだって。」「すごいね。」なんて関心しきり。

中島公園で30分くらい過ごし、この後行こうと思ってた所は、全てが二人にとってのウォーキングディスタンス範囲内。んで二人で手繋いでテクテク歩いて行く。まずは大通り公園。

Img_0921  

札幌テレビ塔を背景に記念撮影。

 

 

 

 

次に北海道庁旧本庁舎
 

Img_0927 Img_0924

 

 

 

クラーク博士像のポーズがちょっと気に入っているオイラ。

北海道庁を後にしたmizzie & ななか(仮名)、今度は札幌市時計台に向かう事にした。この札幌市時計台、我が高知市の”はりまや橋”と共に、『日本の2大がっかり名所』なんて言われてもいるので、「はりまや橋とどっちががっかり日本一か比べようよ!」何て言いながら、ちょっとねじくれた期待に胸膨らませて時計台へと向かう。

Img_0929

Img_0930Img_0931 

 

 

 

 

 

 
「えー、ゼンゼンがっかりなんかじゃないよぉ。」
「はりまや橋なんかよりもずっといいじゃん。」

二人の期待は見事に裏切られ、それなりにちゃんとしてました札幌市時計台。二人は最初、「実物は高さ5mくらしかなかったらどうする?」なんて言い合ってたんですけど、実物はもっとずっと大きくて、ゼンゼンがっかりなんかじゃなくて、修学旅行らしき高校生達に混じって、僕等も記念撮影してました。

高知市民mizzie & ななか(仮名)公認、日本最大のがっかり名所は『なりまや橋』です。

 

ココまで来た時点で時間はちょうどお昼過ぎ。「札幌来てるんだからラーメン?」なんて言ってたんだけど、地図を見たら二条市場がそんなに遠くない位置にある。って事で、ソコまでテクテク歩いて行って、また寿司を食べる事に。

Img_0932Img_0935

 
 

 

 

握り寿司のランチセットと、ちらし寿司。どちらも味はまあまあ。
東名阪感覚だったら相当に美味しく感じちゃうんだろうけど、魚がチョー美味しい上に安い、高知で生まれ育ってるmizzie & ななか(仮名)の感覚だと、観光客目当ての札幌・小樽の寿司は、「美味しいんだけどこの味でこの値段はボッタクリ。」ってキビシイ評価が下されちゃう。

実際、高知で地元っ子相手に商売してるお店なら、このレベルの味ならこの3~4割引きの値段で出してくる。さらにこのレベルの魚は町の魚屋でもフツーに売ってるから、魚屋とかで買ってきて自宅で食べるならこの半額以下だ。

ななか:「でも、お寿司はやっぱり寿司職人さんに握ってもらわないとね。」

僕:「オイラ、元寿司シェフなんですけど・・・。」

ななか:「mizzieが握るの?」

僕:「ななか(仮名)が望むなら握るし巻くし。太巻きはメンドウだし納豆巻きは僕が納豆大嫌いだからヤだけど。」

Img_0936 
高知感覚だと若干高価だとは言え、それなりに美味しいお寿司でお腹を満たして店を出る。二条市場はあちこちでカニとかイクラとかウニとかを卸値(?)で売ってて、(県外発送もしてくれます)市場はそれなりに活気があって見て周る分には退屈しない。

 

んで14時くらいに、少し早めに札幌市内を後にして、千歳空港へと向かう。個人的にエア・ドゥに乗りたかったオイラは、帰りに全日空のエア・ドゥコードシェア便を指定してたんだけど、そいつが機材にトラブルが見つかり点検の為遅延になってて、乗り継ぎ時間の関係でエア・ドゥを指定すると高知行き最終便に間に合わない。って事で、窓口で他の便に振り替えてもらう事にした。

「15:30の便と16:30の便が御座いますが。」

「機材は何?」

「16:30の便がテクノジャンボと言って・・・

「ダッシュ400ね。15:30のは?」

「777型機です。」

「トリプルセブンね。んじゃそっちにする。」

 

往路で767-300と747-400には乗ってたので、帰りは777-300に乗る事にした飛行機オタクmizzie。羽田に予定よりも早く着くので、お土産に”舟和のいも羊羹”が買える。

Img_0937
めちゃめちゃに楽しんだ3日間。
搭乗待合室から外の風景をぼんやり眺める。

さらば北海道。
また機会作って遊びに来るよ!

 

 

北海道ー東京も飛行機だとあっという間。
トリプルセブンの翼の向こう、かすかに富士山が見える。

Img_0939  

 

 

 

そして羽田に着いた僕達は、VISAカードメンバー用ラウンジで荷物を預けてから、お土産用の”舟和のいも羊羹”を買い、その後は高知行き便の搭乗時間までゆったりソファーで寛いで過ごす。そして時間になってから、搭乗ゲートへと向かったのでした。

  

アンタ年収300万以下の下流社会構成人員な介護職員のクセに、何でゴールドカードメンバー用ラウンジなんかで寛いでるのよ?
って思ったアナタは
クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 札幌、なんでも高いよ・・・。 | トップページ | エピローグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/16635929

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市内観光:

« 札幌、なんでも高いよ・・・。 | トップページ | エピローグ »