« 僕が共同住宅を選ばなかった理由 | トップページ | 転職 »

2007.11.30

3億円のつかいかた

ココログの『トラックバック野郎』、今週のトピックが、「宝くじ3億円当選!あなたならどう使う?」だったので、ちょっとオイラも考えてみた。

このブログをずっと読んできてくれてる人なら、僕がもし3億円得たとしたら、「今なら迷わず新居の資金でしょ?」って思うだろう。もしローンが通っていなければ、僕も迷う事無くそれを最初に持ってくるだろう。でも、もしローンが通っているならそうはしない。ただでさえ金利が低いのに、住宅ローン控除で払った所得税の殆どが帰ってくる制度があるのだ。それが使えるうちは、金利分のお金を余計に払う事になったとしても、ローン控除を受けて節税してた方がトクだ。だから3億円を得たとしても、ローンが認められていればそっちには手は付けない。

じゃあどうするのか?

とりあえず、最低でも5000万円くらいは子供の教育資金として元本保証の金融商品(ユーロ建て債権とか)に投資(ただ”貯金”では無い所がオイラでしょ?)する。残ったお金で、やってみたかったけどやらなかった・できなかった事の中で、現実的に実現可能な事をやるのだ。

まず、「スターアライアンス世界一周」を使って、世界一周旅行だ。オイラが行きたい国の一つ、パレスチナはななか姫を連れて行くにはアブな過ぎて無理なのだが、もう一つの行きたい国、キューバにはスターアライアンス加盟航空会社では、エア・カナダが便を持っているので、キューバにだって行ける。「スターアライアンス世界一周」、STAR1なら合計39000マイルも乗られるのに、全席ファーストクラスでも運賃はANA成田ーサンフランシスコ便ファーストクラス運賃と大差無い。中継地でのホテルコストとかお土産代とかを含めても、二人で1000万円もあればかなり豪華な旅行が出来るだろう。

宝くじで高額当選を当てると、色んな所から寄付の申し込みが来るらしい。そしてオイラだって福祉業界に身を置いている人間だから、幾つかの慈善団体には寄付をしたいとも思う。ただ、慈善事業だと言えばどこだっていいという訳ではなく、それなりの活動実績もあって、その運営理念に共感できて、っていう団体にしか寄付したくない。いくら慈善団体だとしても、キリスト教原理主義者が運営母体の団体になんか寄付はしたくないのだ。その僕が、寄付をしたいと思う団体は4つ。

あしなが育英会

ペシャワール会

国境無き医師団

(名前は忘れちゃったけど)チェルノブイリの子供達を支援している何とかと言う団体

この4団体には、それぞれ1000万円ずつくらいは寄付したい。

ここまでで、使ったお金は約1億円。残りの2億円だけど、フツーの感覚だったら「欲しかったアレ」を買ったり、「したかったアレ」をやったり、何て使い方をするんだろうけれど、レーサーとして全日本選手権に参戦し、米国永住権を得てサンフランシスコで暮らしていた事もある僕には、取り立ててやりたい事も欲しい物も無い。物欲・所有欲がおっそろしくミニマイズされているのだ。

さあ困った。残った2億円をどう使おう?

とりあえず、ななか姫の為に1000万円くらい使ってみよう。エステにドレスにコスメにアクセに、1000万も使えばかなりの事は出来るだろうし、生まれが庶民なmizzie & ななか姫、ボロは着てても心は錦だから、外見を飾って・・・なんて事をする必要は特に無い。身なりに関しては、自分達を見て不快に思う人がいなければそれでいいのだ。それに動物愛護の観点からも、リアルの皮革製品とかファーを使用した服とかを所有する事は、どう考えても僕の矜持が許さない。

なんて政治的にカタい話は置いといて、僕の為にも1000万円くらいは使ってみよう。ちりあえず、新しいPCを買いたい。でもこれだって、30万円もあれば最新型の最上級機が買えちゃう。あと、自転車も新しいのが欲しい。こっちはちょっとチューンして、いいパーツを組み込んだ50万円くらいのやつ。バイクとクルマも買っちゃおう。バイクはレーサーレプリカが欲しいけど、それだと僕しか乗れないから、600くらいのネイキッドかツアラーにして、ななか姫とタンデムツーリング♪クルマは、ドライブとか遠出する時はレンタカー借りちゃうから、普段はゲタ代わりに使える軽が一台あればいい。としたら、クルマ&バイクで250万もあれば充分だ。ここまで使ってもまだ500万以上残るから、残ったお金で服買ったりオーディオセット買ったりしたい。あと、ヒゲの永久脱毛もしたい。

残った1億8千万、8千万くらいで親孝行でもしてみよう。実家を建て直してあげて、車を買い換えてあげて、温泉旅行でもプレゼントして、残ったお金は安定型の投資信託にでもつぎ込んで、悠々自適のリタイヤ生活進呈だ。

 

最後の1億円の使い道。

この一億円を元手にして、会社を設立する。
ヴェステスか三菱辺りで風力発電プラントを買って、ウインドファームを作って売電事業をやるのだ。地球環境保護の為、循環型エネルギーで温室効果ガス排出削減に貢献する環境ビジネスをやる。日本は売電単価が確か、1kw辺り\7くらいだったと思うけど、2000kwクラスの風力発電機を10基くらい接地して、平均稼働率が40%だとしたら、年間で7000万円くらいは稼ぎ出してくれる計算になる。金融機関からウィンドファーム建設資金の融資を受けたとして、利率3%なら建設資金20億円でもペイ出来る。残った一億円は会社の設立資金と経営が安定するまでの運転資金だ。

その会社を設立した場合の、会社名も既に考えてある。

『NPO法人 地球防衛軍』だ。

経営が軌道に乗れば、市民ファンドとしての出資金を募り、集めた資金でウィンドファームを世界中に建設する。循環型エネルギーを使って発電し、地球環境保護を社是とするので、『地球防衛軍』こそが社名として相応しい。

 

 

宝くじで3億円当たったら。

自分の為に、家族の為に、そして地球の為に使ってみる。
これこそ、「高額当選のつかいかた」なんじゃないのかな?

 

な~んて事を言っておいて、本当に当たったら自分とななか姫の事だけに使ってしまいそうな気も、ちょっとだけするのでした。(^^ゞ

 

 

 

今回の記事を興味深いと思って下さった方は、応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 僕が共同住宅を選ばなかった理由 | トップページ | 転職 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/17220202

この記事へのトラックバック一覧です: 3億円のつかいかた:

« 僕が共同住宅を選ばなかった理由 | トップページ | 転職 »