« 回復 | トップページ | お引越し »

2007.12.16

約束の地

清水の舞台から飛び降りる、って言うかナイアガラ瀑布に飛び降りる。ってくらいのイキオイで新築一戸建てを高知市中心地に購入しちゃったオイラだけど、毎月の支払額が\55000(市場短期金利が下がったお陰で、さらに支払額が下がった)のボーナス払い無し35年ローンで買えちゃうって位に値切りまくったので、新居は躯体工事が終わっただけで艤装工事をしていないのを、現状渡しの艤装は自分でやる。って条件の契約だった。で、ここ数日はずっと、電気の配線とかガスの開栓とかカーペット&カーテンの発注とか、そういった”住めるようにする為の準備”でバタバタとしている。

とりあえず、最低限の照明と電気とガスと水道は使えるようになったので、そしてダイニングテーブルとイス、タンスと冷蔵庫は入ったので、ゴハンを新居で食べたり、夜遅くなっちゃったらそのまま新居で寝たり、とかはしてる。

まだカーテンとかが付いていないので、寝室は外から丸見えなので使ってはいなくて、ロフトを仮寝室として使ってるんだけど、そうして新居で寝てる時に、隣で寝ているななか姫の横顔を見ていると、自分がとても穏やかな、柔らかな心地好い想いに満たされているのが判る。
今の僕は、本当にとてもとても満たされていると、幸福だと、幸福に満たされていると思う。

 

僕の人生は、まるで旅のようだ。って思う事が、30を過ぎてから何度もあった。レース一筋の20代を過ごし、しかし突然の事故でそれを失い、レースメカニックとしてサーキットに復帰して、親友と組んで鈴鹿選手権でタイトルを獲り、その後は渡米。しかし夢破れて帰国。でも抽選永住権に当選すると言う幸運を得て再渡米。永住外国人として、働きながら大学に通い、色んな事をそこで学んだ。サンフランシスコで暮らしていた頃、地下鉄駅の映画の看板に書かれた「God lead me.」の文字を見て、(これは俺の事だ)って思ったくらいだ。僕はまるで何か大きな見えない力に導かれるように、色んな街に行き、色んな人に会い、色んな事を知り、学んだ。それはまるで、一つの大きなロードムービーの様でもあった。

その僕が、様々な事情が重なって帰国する事を決め、そして今に至っているんだけど、それは本当に、とてもとても長い、あての無い旅をしているようだった。

 

僕は一体、何を求めて彷徨っていたんだろう?
昔々、まだライダーとして現役だった頃、エリア選手権で初優勝した時、表彰台の頂点に立ってシャンパンを振りながら、ずっと目標にしていた表彰台の頂点にいるのに、自分の心にある欠落感が埋められていない事に気付いて、自分が求めているのはこれじゃあないんだ。って漠然と感じた事を覚えている。僕が心の底から求めているものは、サーキットでは得られないと言う事実に、気付いてしまったのはその時だ。
その翌年、テスト走行中のクラッシュでレースを失った僕は、その後もその自分の中にある欠落感を埋めてくれる何かを手に入れる為、それを探し続ける人生を送っていたように思う。レースメカニックとして選手権でタイトルを獲っても、
僕にはそれを見つけた、手に入れた。っていう感覚は無かった。

僕は自分で言うのもなんだけど、誰にも出来ない事が出来る代わりに、皆の出来る事が出来ないっていう、かなりの変わり者だ。そして皆に出来る事が出来ないと言う事は、この世界最強のPeer pressureを持つ極東の島国では、とてもとても生き難い事でもある。そしてそんな僕にとって、その人の個性をあるがままに受け入れる文化を持った、アメリカ合衆国と言う国は、とても快適に生きられる場所ではあった。それなのに、僕は自分の中にある欠落感が埋められたと言う感覚を、あの国でさえ得る事は出来なかった。

そうして結局自分が一番心の底から求めていた物を得る事が出来ないまま帰国した僕だけど、欠落感を抱えたまま生きていた、日本的共同体では相当に異質な存在である僕を、そのまま丸ごと受け入れてくれる人にある日僕は出会い、そして僕は恋に落ちた。

自分の全てを非難も否定もせずにそのまま受け入れてくれる人がいて、そして僕はその人の事がダイスキで、そしてその僕がダイスキな人は、僕の事をダイスキでいてくれる。
その、僕のダイスキな人が、ななか姫が、今、僕の横で寝息を立てている。その寝顔を見ていると、自分が心の底で求め続けて、しかし決して得られなかったそれを、自分が今手にしている事をしっかりと実感する。僕の心にあった欠落感が、埋まっているのを感じる。

やっと辿り着いたよ。

この場所が、僕にとっての約束の地だ。

 

 

いつもノロケばっかりでゴメンね。(^^ゞ
だけど、応援クリックをお願いします。

人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。


|

« 回復 | トップページ | お引越し »

コメント

こんばんは。
何故か、辿りつきました。
リンクさせて頂いて良いですか?
また、来ます。

投稿: やらね葉 | 2007.12.16 23:31

新居引越しおめでとうございます。
一戸建てで毎月のローンが55000円、ボーナス払いなしとは信じられない!
私は東京都江戸川区に住んでますが(川渡るとデイズニーランド)この辺では賃貸アパート、1Kぐらいの値段です。羨ましい。

SFOの事でお聞きしたいのですが、気候は一年中冷房なしで過ごせる環境でしょうか?
数年前に冷房を受け付けない体になり、旅行で行った真夏のSFOの気温が日本の秋ぐらいで過ごせたので、自分の思っているような気候なら定期的な訪問を考えてます。

投稿: BERANA | 2007.12.17 22:25

やらね葉さん>
いらっしゃいませ。mizzie's cafeに、ようこそ!
ここはほぼ毎日更新してますから、機会があればいつでも遊びに来て下さいね。

BERANAさん>
高知は地価が低い。と言うのもありますが、東京の地価、賃貸価格は狂ってるとしか思えない時もあります。1Kで¥55000はあんまりですよね。

シスコは、8月よりも10月が暑いくらいで、フツーの家庭にはエアコンがありません。エアコンがあるのは銀行とかデパートとかくらいです。ただシスコはお金持ちの街なので、物価も家賃も何もかもが高いです。
でも気候だけにフォーカスすれば、冬暖かく夏涼しいサンフランシスコは、

ぱ~らだ~いす♪

です。(^^)
ただ、内陸部になるサンホセの方は、5月~10月は少し暑いです。
さらに、ベイエリア周辺は花粉が物凄いので、花粉が飛ぶ時期は花粉症の方は近付かない方が身の為です。シスコ市内なんか道に花粉が積もるくらいですから。

投稿: mizzie | 2007.12.18 22:49

情報ありがとうございました。
エアコンなしの生活は魅力的です。
花粉が飛ぶのは予想外ですが、私はひどい花粉症なのでよく検討してみます。

投稿: BERANA | 2007.12.19 17:53

BERANAさん>
花粉症の方が、花粉の飛ぶ時期である3月~にシスコのダウンタウン辺りを歩くと、冗談抜きに死ねます。ってくらいに花粉が凄いです。

投稿: mizzie | 2007.12.20 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/17379243

この記事へのトラックバック一覧です: 約束の地:

« 回復 | トップページ | お引越し »