« 3億円のつかいかた | トップページ | クリスマスらしいデートをしてみた。(はあと♪) »

2007.12.01

転職

「mizzie君と入浴介助するの初めてやね。」

「そうですね。そういえば、○×さんとはまだ夜勤も一緒にした事ないですよね。」

「じゃあ、アタシはmizzie君とは一度も夜勤した事ないまま辞める事になるんだ。」

「え!?○×さん辞めちゃうんですか?」

「あら知らなかったの?アタシ、今月末で退職よ。☆♪に出来たグループホームで働く事になったの。家からも近いし正社員だから賞与もあるし。jmizzie君も、結婚したんだから、こんなトコでいつまでも”使い捨てワーカー”なんてやってちゃダメよ。それにmizzie君は絶対に特養とか老健とかの施設向きよ。病院向きじゃないわ。」

 

今年の春頃、我が職場にやってきた○×さん、その働き者っぷりには一目置いていたのだが、11月いっぱいで退職、同業他社への転職となった。我が職場、介護職者の職場としては、高知でもかなり給料のいいほうに入るのだが、その仕事の忙しさは、高知のこの業界ではそれなりに知られているらしく、キツさの割には待遇が悪い。となるようで、ワーカーの定着率はすこぶる悪い。で、○×さんも給料は若干下がるが通勤時間が短くなって、仕事がラクになって、正社員待遇で雇用してもらえる職場に転職する事となった。

僕の職場では、ワーカーは基本的に契約社員待遇だ。介護福祉士資格を持つ何人かは正社員待遇(しかし正社員待遇になると、ただでさえ忙しいのにさらに、色んな責任を課せられる)だが、後は介護福祉士だろうがヘルパー1級だろうが2級だろうが3級だろうが関係なく、契約社員待遇だ。昇給も賞与も退職金ももちろん無い。

で、自分が”流動的労働市場の商品”として搾取されている現状に不満を感じた人は、いい条件の職場が見つかればどんどんそちらに変っていく様で、気が付けば、僕よりも前からいる人は全体の3分の1くらいになっていた。僕は「通勤徒歩2分」と言う現状がとても魅力的な条件であるので、まだしばらくはココに留まるつもりだが、契約社員として永遠に年収230万ってのは世帯主のする仕事ではないので、僕もゆくゆくは転職先を探す事になるだろう。今は引越しとか介護福祉士試験準備とかで忙しいのでそれどころではないのだが。

僕が勤め始めた頃は、介護の仕事を始めたばかりの頃は、男性職員もそれなりの数いたのに、気が付けば我が職場の男性職員は僕を含めて2名しかいない。後は皆、とっとと退職して介護からは足を洗ってしまっている。先の見える優秀な職員はどんどん辞めて行って、残ったのはおばちゃんパートばかりになってしまった介護の現場。職場をこんな風にしてしまったのは一体誰なんだ?

 

 

今回の記事を興味深いと思って下さった方は、応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 3億円のつかいかた | トップページ | クリスマスらしいデートをしてみた。(はあと♪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/17158448

この記事へのトラックバック一覧です: 転職:

» 作業療法士 国家試験 [作業療法士 国家試験]
作業療法士国家試験の受験資格は、作業療法士養成学校又は、養成施設で3年以上作業療法の知識や技術を修得する事が必要です。 [続きを読む]

受信: 2007.12.02 22:53

« 3億円のつかいかた | トップページ | クリスマスらしいデートをしてみた。(はあと♪) »