« 大阪で考えた事 Vol.2 | トップページ | 義を見てせざるは勇無き也 »

2007.12.05

大阪で考えた事 Vol.3

(昨日からの続き)
近鉄布施駅で大阪の住宅情報誌と求人情報を入手し、電車の中でそれらを読みながら考えた。

「都会暮らしと田舎暮らし、どっちがお得?そのメリットとデメリットは?」

求人情報誌では京阪神地区は確かに、殆ど全ての業種で高知よりも2割くらい高い給与が設定されている。ただ単に所得と言う事だけを考えたら、それは絶対に東名阪のような都会がお得だ。

だけど、東名阪に暮らす人達の仲で一体何人が、僕のような通勤環境にいるのだろう?地方より2割以上の高給を得る彼等の所得の何%が、交通費として消えて行くのだろう?例え定期を使ったとしても、電車代だって決して安くは無いし、昨今の原油高の影響でガソリン等の燃油コストもとんでもない事になっている。燃費の悪い3ナンバー排気量3000cc以上の車に乗ってる環境デストロイヤーな方々は、それ相応の負担を強いられている筈だ。最も、我が兄のように通勤10kmでも自転車通勤にしてしまう。と言う手段もあるのだし、道路整備が行き届いた都会なら、自転車通勤にすれば交通費はゼロなのだが。

貧乏権、じゃねーよこのバカ日本語ソフト!! 県民平均所得では毎年沖縄県と最下位を争い、インフラ整備が日本のワースト3に入るってくらいに不便で貧乏な高知県に暮らす僕から見れば、インフラが整備され、文化面も充実し、そして非熟練労働でも年収400万くらい稼げる仕事がそれなりにある、東名阪は羨ましくもあるのだが、高知で暮らす僕の視点から見て、急病の時でもすぐに先進高度医療が受けられると言う点以外では、都会暮らしもそれほど楽ではない。

都会は確かにインフラが充実している。道路、学校・図書館等公共施設、上下水道、電気、ガス、電話に、高速インターネットにケーブルテレビ、優雅に生きていく為に必要なものは全てある。
コンビニだって街の至る所にあるし、お金で買える物なら大抵の物が入手可能、地方にはやってこないようなアーティストだって、東名阪ならライブをやる。ミュージカルだって映画だって落語だって、娯楽関係はその殆ど全てをライブで楽しめる。地方出身者がそれらを楽しもうと思えば、その為に休みを取って出掛けていかなければならないし、都市生活者の様に、仕事帰りに・・・なんてとても出来ない。

では、田舎暮らしで充実しているものは一体なんだろう?
まず思い浮かぶのは、美味しい水と空気と食べ物だ。確かに、我が高知は空気と水と食べ物は美味しくて安い。空気なんかタダだ。東名阪の水道水も80年代と比較すればマシにはなったが、それは上水道の浄化施設が良くなったからで、水が不味く無くなった分、その高度な浄化装置の維持管理に掛かるコストはほぼ全て、水道料金に上乗せされている。
食べ物なんか都市部のそれは、高知で暮らす者から見れば「悲惨」って言いたくなるくらいだ。野菜だって高知県産園芸作物は都市部では高級食材扱いだけど、それらが地場産品である高知なら、輸入野菜との価格差はあまりない。でも東名阪に暮らす人で食材を全て国内産品で賄える人は、それなりの高額所得者くらいだろうし、中・低所得者層で、国内産品を使える人はそんなに多くは無いと思う。食品の産地偽装は「当然あるもの」な日本では、安い国産食材は殆ど全てが、産地偽装だと思って間違い無いと思う。
食品業界では、「四万十」は生鮮食品ラベルに書くと中国産や北朝鮮産品の、売り上げが伸びるおまじないなのだ。

 

ハウジングに関しては、便利さ以外では都市部の方が圧倒的に損だ。

高知は賃貸の家賃はとても高くて、同じ間取りなら東大阪と大差ないくらいなんだけど、それでも新しく出来たアパートとかだと、阪神地区のそれは高知のそれよりも40%ほど高かったし、コンドとか戸建てとかだと、高知の100%増しかそれ以上だ。新築物件ならインテリアは全国共通なので、余程凝った作りにしない限り地方も都会も仕様もコストも全く同じ。ただ地価が高いので物件全体の価格も固定資産税も都市部の方が圧倒的に高くなる。高知の5割増しの所得を得ても、支出が多い分でそのアドヴァンテージは全てチャラだ。

確かに、都会暮らしは刺激に満ちていてエキサイティングで楽しい。しかしそれは、誘惑と危険の多さにも繋がる。逆に田舎暮らしは比較的安全で誘惑も無いから余計な事にお金を使う危険性は減る。子供を上品な私立学校に行かせる経済力の無い庶民にとって、都会は子供を育てる場所ではないのだ。

 

結論として、都会暮らしには都会暮らしの、強力なメリットがあるが、同時にそこには都会暮らしにしかないリスクもある。そしてそれは田舎暮らしでも同じだ。イイトコもあればダメなトコもある。チョー金持ちなら、田舎に別宅を構えたり、都会の会員制ホテル(東京ベイコートクラブとか)で休暇を過ごしたりして、田舎と都会のイイトコ取りをすればいいのだろうが、そのコストを負担する事など夢のまた夢。って庶民は、どちらか自分にとって快適に生きられる方を選ぶしかない。都会暮らしはラクじゃないし、田舎暮らしだってキツいのだ。

 

 

今回の記事を興味深いと思って下さった方は、応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 大阪で考えた事 Vol.2 | トップページ | 義を見てせざるは勇無き也 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/17204246

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で考えた事 Vol.3:

« 大阪で考えた事 Vol.2 | トップページ | 義を見てせざるは勇無き也 »