« 撤退 | トップページ | ものを書き、公表すると言う事 »

2008.02.10

ノロウィルス!!

公休明け。いつもの日勤時よりも少しだけ早めに出勤すると、朝はいつもバタバタ大騒動してる食堂に誰もいなくて、そしていつもは食堂で食事している○×さんが、詰所で朝食を摂っていた。○×さんを横目に休憩室に入り、自分の荷物と弁当をロッカーに置いてから、机に置かれた申し送り簿を読むと、僕が夜勤明けだった日の夜、★△さんが嘔吐、検査結果が『ノロウィルス(+)』だった為、そのまま隔離され、★△さんのいた病室(4人部屋)は入室時は感染予防手順に従った手順を経てからでないと、入室禁止となっていた。

僕がこの仕事に就いてから、今年で3年目。冬になるとノロウィルスは毎年あちこちの老人施設で感染が報告され、我が職場も感染予防に関してはかなり徹底されていて、その徹底ぶりもあり、過去2年間はノロウィルスが発症した事は無いし、キャリア8年のベテラン職員さんも、我が職場ではノロウィル感染者の経験は無いと言っていた。その我が職場で突然、ノロウィルス感染者が出たのだ。師長は即座に医療安全対策室に報告し、感染予防マニュアルとその為に必要な物品(使い捨ての予防衣他)を資材部に発注した。

ノロウィルスは、健康な者にとってはそれほど危険なウィルスでは無いが、体力、免疫力、抵抗力の低下した高齢者にとって、時として死に至る事もある、重篤な症状を見せる事はそれほど珍しい事では無い、はっきり言ってかなり危険な感染症だ。そしてノロウィルスは、ウィルスの生命力が恐ろしく高く、さらに飛沫感染なので感染力もとても高い、施設や病院にとっては恐るべき感染症だ。

そんな恐ろしい感染症でもあるノロウィルスだけど、感染者を出した直後に感染者を隔離し、感染者が出た病室への入室も大幅に規制、入室時には防疫手順を物凄く厳重にした事もあって、他の感染者も見られず、そして最初の感染者も順調に回復していたので、(このまま押さえ込めるかな?)と思いながらその日の仕事を終えて帰宅した。ノロの感染力の強さは半端じゃないので、帰宅したオイラはその足で制服を次亜塩素酸ナトリウムで殺菌消毒し、自身は念入りにシャワーを浴びて全身の汚れを洗い落とした。

ノロウィルスはアルコールに対して耐性があるらしく、手指用消毒アルコール(ウェルパスなど)は殺菌には効果が無い。とされていて、もちろん逆性石鹸も無力なので、菌を殺すには次亜塩素酸ナトリウムを使って不活性化させるか、85℃以上で死滅するので加熱殺菌するしかない。人体に付着した場合は、次亜塩素酸ナトリウムも加熱殺菌も出来ないので、念入りに洗って落とす以外に方法が無いのだ。そうやって自分が菌を家庭内に持ち込む事の無いように念入りに処置をして、ななか姫にその事を離して「嘔吐とか下痢があったらすぐに僕に報告して。」と言って、夕食を食べて眠りについた。

 

 

翌日。いつも通り出勤し、しかし全ての患者さんは自室から出る事が制限されていて、食堂は許可が出るまで使用禁止。全員自室にて朝食。しかし朝食時は何も問題なく、朝の排泄介助・オムツ交換時もいつも通り。隔離されている★△さんも順調に回復していて、僕が(こりゃ、完全に感染を押さえ込めたな)と思っていたその矢先、★△さんが入っていた4人部屋にシーツ交換で入室した僕は、★△さんの斜め前にいた@#さんが、寝たままで嘔吐しているのを発見した!

「!!」

すぐ、吐瀉物を確認し、また@#さんの容態観察、吐瀉物が気道を塞ぐ危険性を減らせる為、側臥位にしてからナースに報告。ノロウィルス感染者の吐瀉物処理手順に従い、処理キット(次亜塩素酸ナトリウム溶液、ディスポ手袋、マスク、予防衣、ビニール袋、ペーパータオル)と着替え、交換するシーツ類を準備して再び入室、吐瀉物処理と更衣、シーツ類交換を行う。
ノロウィルスは、感染から発症までの潜伏期間が24~48時間だ。最初の感染者が出てからはまだ40時間程度しか経っていなかったので、最初の感染者の嘔吐物から感染したのか、最初に感染者と同じ経路で感染し、そのまま潜伏していたのだと思われる。この方が嘔吐した直後に別の患者さんの嘔吐も発見され、感染は一気に拡大しそうな雰囲気を呈しはじめた。

さて、明日はオイラ夜勤なんだけど、無事に切り抜けられるのかな?

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 撤退 | トップページ | ものを書き、公表すると言う事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/40041065

この記事へのトラックバック一覧です: ノロウィルス!!:

« 撤退 | トップページ | ものを書き、公表すると言う事 »